水疱瘡には要注意!予防接種してもかかるけど、予防接種しといたほうがいいわけ

水疱瘡には要注意!予防接種してもかかるけど、予防接種しといたほうがいいわけ

体中にプツプツが出来て周りに移るから登校登園不可!と聞くと水疱瘡はなんて恐ろしい病気!と思いがちですが、小さいうちにかかってしまえば実はそれほど恐ろしい病気ではありません。

ただ、私はやっぱり気を付けたほうがいいと思う病気です。水疱瘡はここが怖い!

スポンサーリンク
  スポンサーリンク
 

水疱瘡とは?

「水痘・帯状疱疹ウイルス」という名のウイルスが引き起こすので、水痘=プツプツが出来る病気ですね。非常に有名ですし、ほとんどの方がなっている病気だと思います。

飛沫感染・空気感染・接触感染すると言われており、非常に感染力が高いです。

 

発症は、感染後約2週間。感染してからずっと身体の中で潜んでどんどん増殖しているのです・・・それが2週間後に皮膚に出てきてあのような発疹を大量に出します。恐ろしいですね・・・。

ただ子供のうちにかかってしまえば軽度ですむことが多いです。10歳までの子供に多くみられますが、ほとんど幼稚園くらいで感染してしまうかと思います。小さいうちに感染しておけば大したことがないということが多いようですね。うちも子供たち二人とも2歳の時に感染してますが、発熱もなく、発疹だけで終了しました。

大人になってからかかってしまうと重症になってしまうケースもあります!大人になってからの水疱瘡はものすごくつらいらしいですし、一度かかれば抗体が出来て二度とかからなくなると言われているので、小さいうちにかかるといいと言われています。

特に妊婦さんは胎児に影響を及ぼしてしまうと言われているので要注意ですよ!

 

 

いつになったら学校(園)へ行っていいの?

発疹が潰れてグジュグジュになっている段階で接触してしまうと、血液から感染します。

全ての発疹がかさぶたになってから登校登園可能となっています。時間はかかりますが、しばらく自宅待機です。

じゃあどれくらいでかさぶたになるの?というと、約1週間とは言われていますが、長いと10日ほどかかる場合もあります。

きちんと小児科で経過観察をしてもらい、許可が出てから登校登園するのが一番いいでしょう!

 

 

症状は?

これは私の息子が2歳の時に感染した時に撮っていた写真です。

プツプツが多く、不快に思われる方もいると思うので見たい方だけクリックしてご覧ください。

 

 

※閲覧注意

【水疱瘡の写真】

 

 

赤い発疹が体中に出来ます。本当に体中です。そしてかゆいので子供はかいてしまいます。爪は短くしておきましょう!

水疱瘡の薬として、発疹やかさぶたにする時間を短縮する飲み薬や、痒み止めの塗り薬が処方されます。

飲み薬をきちんと飲み、塗り薬を塗っていれば、治りが早いと言われています。

発熱は年齢が小さいうちはそれほどないみたいです。年齢を増すごとに高熱になるみたいなので、要注意です。

 

 

2014年から任意ではなく、定期接種として予防接種が受けられます!

1歳を過ぎてから予防接種が受けられるようになります。

予防接種って意味あるの?と最近よく聞かれるのですが、逆に意味がないと思いますか?

確かに予防接種していても、水疱瘡には感染します。

しかし、軽症で済むのです。これ以上の喜びはありませんよ…!

中にはプツプツが数個出ただけですんだという子もたくさんいます。

私がなぜこれほどまで、軽度ですんだほうがいいと言うかというと・・・

水疱瘡は痕に残ってしまうからです!!

これは本当に大変ですよ!

なんでこんなに私が必死に予防をおススメするかというと、うちの子、水疱瘡の痕がおそらく一生残ってしまうと思うからです。

以下の写真をご覧ください。(クリックで拡大します)

DSCF8436

上の写真は水疱瘡になりたての時の写真です。そして下がその5年後の写真。

うちの子は薬が嫌いなので薬を全く飲まなかったんですね。しかも、予防接種もしていなかたので、プツプツがけっこうひどかったです。

やはり痒みを伴うので顔のプツプツをかいてしまったところ、潰れて痕になってしまいました。一生もんです。

身体ならまだ隠せたものの、顔ですから隠せません。

写真だとわかりづらいですが、実際に会うとけっこうわかります。ホクロより大きな痕ですから。

写真館できちんとした写真を撮っても必ずこの痕が目立ちます。

うちは男の子なのでまだいいかもしれませんが、女の子だったら一大事ですよ!!!

実は私の従姉妹も水疱瘡の痕があるのですが、なんと鼻にあります。すごく嫌がっていますが、もう何十年と消えていないので病院で何らかの処置を行わない限りは自然に消えることはないと思います。ものすごく嫌がっています、この痕。

私が伝えたいのはここなんです!とにかく予防して軽かったらいいじゃないか!痕に残るのは一生もん!

ぜひ、まだ予防接種してないわーという方がいたら予防接種考えてみてくださいね!

 

 

最後のまとめ

以前、お薬を飲まない記事でも書きましたが、水疱瘡の時にうちの子は薬を飲みませんでした。

先生に泣きつくと「水疱瘡はほっといても治る病気だから時間はかかるけどゆっくり治療していきましょう」と言われました。結局完治するのに10日かかりました。

しかし中には重症化する子もいて、毎年10名くらいは合併症などで亡くなっているそうです。

そうならないためにも予防接種をしておいたほうがいいと思いますよ!なんでも予防できるならやってしまいましょう!

昔は任意だったので、今の子いいなぁと思います(;´∀`)ぜひ定期接種のうちに終わらせちゃいましょう!

Share Button

関連記事

ピックアップ記事

吸入補助器

喘息の吸入って直接口で吸わない方がいい!?吸入補助器(スペーサー)は大人にもおススメ!

昔に比べて、最近は喘息の子が多くなっているそうです。というのも、昔よりも各段に空気が悪くなっているため。また、家の中でゲームをする子が増え、…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る