子供が虫に刺されちゃった!ハチや蚊に刺された時の対処法をご紹介!虫よけスプレーや虫よけリングも

子供が虫に刺されちゃった!ハチや蚊に刺された時の対処法をご紹介!

元気に外で遊んでいたら虫に刺されてしまった!ということはありませんか?

大丈夫でしょ~と放置していたら大変なことになることも!虫刺されには正しい対処をしてあげましょう。

スポンサーリンク

蚊に刺された時の対処法

昨年、デング熱が流行りましたが…蚊は昔は病気を運ぶ虫としてかなり注意されていました。

今は刺されても感染病にかかるということは少なくなりましたね。

蚊にさされた時、ぷっくりと腫れて痒くなります。これは蚊の唾液に対するアレルギー反応のためです。

正しい蚊に刺された時の対処法です。

1.流水で毒を流し冷やす

2.虫刺されの薬を塗る

3.かかないように絆創膏やガーゼを貼る

4.様子を見て、あまりにも腫れがひどい場合は病院へ

蚊の場合は家でも基本的な対処は可能です。痒いからといってかくのが一番よくありません!

すぐに洗って、薬を塗るようにしてあげるとお子さんもある程度楽になると思います。

冷やすのは、血管を細くし蚊の唾液が行きわたるのを防ぐためです。温めてはいけません!必ず冷やしましょう!

 

また、薬を塗るのは腫れているところ全体ではなく、中心の虫に刺されたところだけでいいです。ポチッとなっているところですね。

腫れているところに薬を塗ってもあまり効果はありません。それよりも冷やしてあげることが大切です。

薬は抗ヒスタミン剤が入っているものが蚊にさされた場合には効きます。が、子供に塗るのは心配な時は病院で相談した方が一番いいと思います。

 

ハチに刺された時の対処法

ハチの毒はアナフィラキシーを引き起こします。とても怖いので、要注意!

1.針が残っていたら、針を抜く

2.冷水で毒を流しよく冷やす

3.毒を吸い取る

4.虫刺されの薬を塗る

5.かかないように絆創膏やガーゼを貼る

6.ショック症状(目安15分)を引き起こした場合はすぐに救急車!

まず、針を抜きましょう、針は出来るだけとげ抜きを使ってください。

針を抜いたら、冷水で冷やします。毒が広がらないように!

毒を吸い取るのは、出来れば専用の機器があったほうがいいですが、なければ指で患部を押さえて絞り出すようにしましょう。口で毒を出すのはNGですよ!よくドラマとか漫画でやってるやつは間違った対処ほうですからね!

それから薬を塗って、絆創膏を貼りましょう。ハチの場合はステロイドが入ったものが有効ですが、これも心配な場合は病院へ行きましょう!

 

ハチの場合は、ショック症状が非常に怖いのでもう怪しいと思ったらすぐに救急車を!!!15分ほどで症状が出て来るそうです。

ちなみにちょうど昨日息子が刺されました。

IMG_0934

ものすごくわかりづらいですが、腫れているんですよね~。

学校で刺されて先生が電話をくれました。一晩経っても元気だったので大丈夫そうですが、家でもお風呂上りに冷やしてから薬を塗る等、対処してあげるといいと思います。

 

その他虫に刺された時の対処法

ムカデや蜘蛛に刺された場合も同様です。

基本的には流水で毒を洗い流して冷やしてから、薬を塗ります。

炎症が起きている場合、ステロイドの入った薬がいいでしょう。

あまりにもひどい場合は病院に連れて行きましょう。

 

虫に刺されないために対策を!

まぁ虫に刺されなきゃいいわけで。

レジャーに行くときは虫よけ対策を万全にしていきましょう!虫よけスプレーはかなり大切ですよ!!

虫よけスプレーの中には「DEET(ディート)」という有害な物質を含んでいるものがありますが、これが入っていると注意事項に「スプレーは一日○○回までにしてください」と書いてあります。

これ、子供が舐めたら本当に危険なのでそう書いてあるんです。

できればディート不使用で天然素材のものを使った方がいいですよ!

 

最後のママバターは実は日焼け止めです。

日焼け止めですが、虫が嫌いなアロマが入っているので虫よけにもなるという一石二鳥の商品です。

日焼けも心配は場合は子供に優しい成分なので、ぜひ使ってみてくださいね!

【関連記事】子供の日焼けに注意!肌質を見てしっかりとケアしてあげましょう!紫外線は怖いよ~

 

最後のまとめ

最近は虫よけリングや虫よけパッチなどもありますね。スプレーよりも安全性が高いので結構おススメです。無添加の虫よけだけじゃ心配!という方は併用すると完璧な布陣になること間違いなし!

 

 

最後のまとめ

私は子供の頃からよく虫に刺されやすい子供でした。

ハチに刺されたこともありますし、蚊にもなぜか家族で一番刺されますし、ひどいのはブヨですね。ブヨはひどかったです。

蚊はいつも寝てる間に刺されて、しかもなぜか唇を刺されるので、朝起きたらたらこ唇になっていました。

ブヨの奴に関しては、もう足がいつもパンパンに腫れて歩けないくらいになります。

しかし、いつも私だけ…蚊が部屋に入り込むと必ず私の血を吸いにやってくるので、私といれば子供たちは安心です(笑)

蚊は血が美味しい人をわかっているとのことなので、私の血はかなり美味しいんですね~!!

子供が虫に刺されると、ついつい掻いてしまいますがそれはNG。

冷やしてあげたり、それでもあまり改善しない場合は、病院に連れて行ってあげましょうね。

私はブヨで歩けなくなったら病院に行っています…病院の薬を塗るとぬぐに治るからすごい効果ですよ!

 

追記:虫に刺されたよ!

むしさされ

虫に刺されて病院に行きました。GWだったので、まだ虫よけスプレーいらんがなと油断してたらまんまと刺されましたよね。刺されたというか、最初は噛み切られたような痕があり、そこから出血していました。何だろう?と思ったらどんどん腫れて痛くなってきたんですよね。

旦那さんの実家に帰っていたこともあり、旦那さんの家族が心配して病院に連れて行ってくれました。私は虫に刺されやすい体質なのに完全に油断していて、義理の家族に迷惑をかけたので反省しました。

おそらくアブに噛まれたんじゃないかと思うんですけど、実際は謎です。

しかし、病院で言われたのが「ツツガムシっていう虫だったら死ぬんだよね」という衝撃発言!ビックリした。私北海道なので虫で死ぬって実はあんまり聞かないんですよね。でも本州ではありえるんですね。虫刺され舐めてましたすみません。

ちなみに上記の「まとめ」でもお話してますが、やはり刺されたのは私だけで子供たちは無事でした!ホント、私虫寄せ体質だから、私の周りにいればみんな安全…(笑)

ということで、山道に行くときは、必ず虫よけスプレーや虫よけアイテムを身につけましょう!!これは本当に大事ですよ!死にたくないなら尚更ね!

Share Button

関連記事

ピックアップ記事

i013

子供の水筒はステンレス?プラスチック?水筒選びで失敗したくない!

子供の水筒って何を使っていますか? 私の家ではいろいろ試したのですが、失敗した物もあり学びながらやっと落ち着きました。今回は私が使ってみて…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る