朝ごはんを食べない子供が急増!?朝ごはんが必要な理由と、食べさせるためのコツ

朝ごはんを食べない子供が急増!?朝ごはんが必要な理由と、食べさせるためのコツ

朝ごはんを食べない子供が増えていると、小学校から指摘されました。

私もそうですが、起きてすぐにご飯を食べるのは正直厳しいです。まだ胃が起きてないから。

しかし、朝ごはんを抜いて学校に行くことは「良くない」という研究結果も出ています。

さて、朝ごはんを抜くことはどのように「良くない」のでしょうか?

スポンサーリンク

朝ごはんは大切な栄養源!一日の一番初めの食事は大切!

朝ごはんは一日の食事の中で最も大切です。大げさかもしれませんが、朝食はご馳走にして、夕飯は質素なものでもいいんです。

それくらい朝ごはんは大切です。

では、なぜ朝ごはんは大切と言われているのでしょうか?

 

集中力や体温低下など、体の機能が変わってくるから

幼稚園や小学生のお子さんにとって、午前中の授業はとても大切です。

午後より午前中のほうが長く幼稚園や小学校にいるんですから。

そんな時間にパワー不足だと、授業に集中することが出来ません。

朝ごはんを食べる子と食べない子では、1~2割も身体の機能が違ってくると言われています。

それは、集中力に限らず、朝ごはんを食べないことで体温が低下してしまったり、脳の働きが鈍くなったり、貧血になったり、揚句には中途半端な時間にお腹が減って力が出なくなってしまうんです。

こうなると、きちんと朝ごはんをとる子と、とらない子では、勉強にも差が出てきてしまうものです。

朝ごはんはきちんと食べることが基本!一日の始まりに、一日の力を与えてあげましょう!

 

パンとご飯ならどっちがいいの?

usd-67411_1280パンとご飯ではどちらを食べるといいのでしょうか?

それはもちろん「ご飯」です。

というのも、白米の方が血糖値の上昇が少ないからです。あまり血糖値が上がりすぎていると逆に脳に良くないという研究結果が出ています。

パンは特に血糖値が上がりやすく、発達に良くないそうです。

 

・・・ですが、「朝はパンしか食べない」という子も多いはずです。我が家の子供たちもそうなんです。私と旦那さんは白米大好きなのに、子供たちはパンが好き・・・

朝から白いご飯食べられないよ~~~と言う子は無理して食べることもないと思います。

バランスの良い食事が大切なので、パンでも工夫すればいいと思います。

例えば、我が家はホットサンドが好きなのでホットサンドの中に野菜を入れてしまったり、スープや前の日のおかずを一緒に出すと食べます。

パンも市販のものではなく、ホームベーカリーがある方は作るのもいいですね!

私はホームベーカリーで「余りものの冷ごはんを使ったパン」というものを作るのですが、なかなか美味しいです。

食べないよりは食べるほうが断然いいので、お子さんが食べられそうなものを工夫して食べさせてあげてください。

 

【関連記事】朝はホットサンドで楽しちゃおう♪子供が大好きホットサンド!

 

朝ごはんを食べない子供への対処法!

breakfast-848313_1280朝ごはん、頑張っても食べてくれない・・・という子は以下の点を改善することで食べるようになるかもしれません!一度試してみる価値あり!?

 

1.早寝早起きを心がける

早寝早起きは生きる上での全ての基本です。

 

・夜、ずっと遅くまで起きていて寝不足で胃の調子が悪い

・遅く起きたから、起きたばかりでご飯が食べられない

 

朝ごはんが食べられない一番多い理由なのではないでしょうか?

正しい生活をする上で、睡眠というものは本当に大切です。寝不足だと気持ち悪くなることもありますし、寝起きですぐにご飯を食べろというのも無理な話。

きちんと早めに寝て、早く起きることが出来れば、朝食の時間までにはお腹が減っていて朝からモリモリ食べることが出来るのではないでしょうか?

早寝早起きはとても大切です!

 

2.前の日の夕飯の時間は早めに!夕飯後は余計なものは食べさせないこと!

夕飯は家族みんなで食べる」というお考えの方もいると思います。それは本当に正しくて、食育にもいいですし、家族のコミュニケーションもとれますし、家族団らんで食事をすることは素晴らしいことです。

ですが、「お父さんに帰りが遅いけど、帰ってくるのを待って21時や22時にご飯を食べる」というのは果たして正しいと言えるのでしょうか?

実は最近、そういった家庭が増えてきているそうです。

家族でご飯を食べられるのは遅い時間なのはわかります。が、子供にとっては決していいとは言えません。

遅くまで起きていると、脳の発達にも良くないですし、何より遅い時間に食べると胃に食べ物が残ってしまって朝ごはんが食べられるわけがありません。

共働きだから、どうしてもご飯の準備が遅くなってしまうんです・・・というのもわかります!

わかりますが、夕飯は早めにとらせることが大切です。

 

また、寝るのが遅いとどうしてもお腹が空いて、寝る前に何かを食べるとうこともあります。

それもまた、子供の発育にはよくありませんね。夜遅くに食べ物を食べると、やはり太りますし、胃の消化にも非常に良くないです。

 

私の家では父が帰ってくるのが遅かったので、いつも夕飯時には父はいませんでした。18時前にはご飯だったので我が家は。

でも日曜日だけ父がいて、日曜日の家族団らんの時間が非常に楽しみであり、大切でした。

お仕事なんだから毎日家族団らんするのは諦めて、お休みの日にしっかりと家族みんなでご飯を食べればいいと思います。

 

共働きでご飯を作るのが遅い方は、朝早起きしてやるしかないかもしれませんね。私の従姉妹もフルタイムで働いていますが、朝4時に起きて全て家事を終わらせてから家を出るそうです。

夕飯も全てお皿に盛った状態でラップをして、帰って来てすぐにレンジで温めて食べられる状態にしていくそうです。

それを聞いた時、すごい!と思いました。大変だと思いますが、やろうと思えばやれなくもないのかなぁと思います。

毎日が無理なら、週に1、2回でもいいのでチャレンジしてみるといいと思います。

 

3.甘い物の摂取が多い

甘い物を食べすぎると胃が満腹感を得てしまい、食べ物を食べることが出来なくなります。

毎日甘い物を食べすぎていませんか?

朝から朝食まで時間があるからと甘い物を食べさせていませんか?

甘い物は、朝食の後でというのを心がけて、まずはご飯をきちんと食べさせましょう。

 

4.便秘

これはもう出すしかありません!

便がたまっていると、胃の消化が悪くなり、お腹も空かなくなります。

便秘の場合はきちんとご飯た食べられるようにまず出すことを心がけましょう!

朝一番で、冷たい水を飲むと腸が動くと言われています。

また、下記のページで便秘にいい食べ物を紹介しているので参考にしてみてください。

 

【関連記事】子供の便秘の原因はなに?子供の便秘にいい食べ物!便秘解消方法を知ろう!

 

5.ストレス

学校に行きたくない・・・というストレスで朝ごはんを食べられない子も増えているようです。

ちなみに私はストレスで朝はよく吐いていました。全然ご飯も食べられなかったですし、当時の私はストレスが非常に多い子供だったんだと思います。

ストレスの場合は、正直1人で解決するのは難しいと思います。

本人や学校、必要であれば専門機関に相談することをおススメいたします。

ストレスの溜め過ぎは他の機能にも影響を及ぼすので早めに解決してあげましょう。

 

以上が朝ごはんが食べられない場合の対処法です。

上記は全部大丈夫!でも食べられない…という子は、胃弱体質だったりするかもしれませんね。

それはもう体質なので仕方がないです。きちんと食べられる量を見極めて、何でもいいので「朝はきちんと食べる」という習慣をつけてあげるのが一番です。

朝ご飯は大切だということを子供にもきちんと伝えましょう。

 

最後のまとめ

息子の小学校では「朝はちくわ一本でもいいから食べさせてください」と言われています。

それくらい朝ごはんは重要ですし、今、朝ごはんを食べない子が増えているんです。

ちくわ一本はちょっと少ないですが、それくらい「何でもいいから朝ごはんを食べてきてほしい」という先生の願いです。

私は朝ごはんを食べられないようなら遅刻させます。そんな事にはなったことがないですけどね。それくらい、私も朝ごはんを重要視しています。

人間、お腹が空いていると集中出来ないものです。子供なら尚更ですよね。

子供が朝ごはん食べたくないって言ってるから、食べさせなくてもいい

というのは、間違った考えですよ。

何が何でも子供に朝ご飯を食べさせる!これがとても重要です。

基本的にきちんと3食食べている子と、そうでない子では能力にも差が出るそうです。

きちんと朝ごはんを食べさせて、力をつけて、一日頑張ってもらえるように工夫していきましょうね!

Share Button

関連記事

ピックアップ記事

子どもの咳で学校を休ませる?休ませない?ただの咳だからって言わないで!

子どもの咳で学校を休ませる?休ませない?ただの咳だからって言わないで!

子どもの咳って、けっこう長引くし大変なんですよね。特に喘息を患っている子は大変さが良くわかります。 ただの咳だし熱はないし・・・学校に…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る