病院はいきつけ一ヵ所だけではなく、複数行けるようにしておこう!いきつけのみじゃなく他の病院を勧める理由

病院はいきつけ一ヵ所だけではなく、複数行けるようにしておこう!いきつけのみじゃなく他の病院を勧める理由

お子さんが病気になったとき行きつけの病院はありますか?

病院が少ない場合は仕方がないですが、できれば何ヵ所か行けるようにしておいたほうがいいと私は思っています。

その理由とは?
スポンサーリンク
  スポンサーリンク
 



 

先生によって得意、不得意がある

tie-216992_1280小児科と言っても、その中で得意、不得意な分野が先生にはあります。

大人の病院は内科、皮膚科、耳鼻科・・・と専門分野に分かれていますが、小児科ってオールマイティーに全部見てくれたりもします。

やっぱり先生にも得意不得意の分野があるので、わからなければ「この病院に行って」と言われてしまう事も・・・

何度もたらい回しにされないように、「これはこの先生に診てもらおう」「これはあの病院がいい」という判断が出来れば時間の短縮にもなりますし、無駄なお金もかかりません。

何ヵ所か病院を知っておくことは大切なことです。

また、大人の病院では絶対に子供を見てくれないところもあります。気管支科や泌尿器科など、大人しか診ません!というところもあるので、そういった病院も把握しておくといいかもしれませんね。

 

病院によって検査できないもの、検査できるものが違う

大きな病院では検査に必要な機器が揃っているので大体検査できますが、小さな病院では検査できないところもあります。

例えば血液検査では、小さな病院で調べられる項目には限りがあります。血液検査に限らず、なんの検査でもです。

私は検査が目的の場合、大きな病院に最初から行ってしまうこともあります。何ヵ所も行くよりは、時間の短縮になるのでそれはそれでいいかなと思っています。

結局、どれがこの病院で調べられるかというのは私たちにはわからないので、病院で「○○病院に行ってください」と言われることもありますが、「あ、なんかやばい!」という症状の時には最初から大きい病院に行くのも一つの手段ですよね。

小さな病院でもそれぞれ置いてある機器が違うので、その病院でどれくらいの症状なら調べられるかがわかればスムーズに病院に行くことができますね!

 

入院施設がある大きな病院を知っておくこと

通っている小児科が大きな病院の中に入っていて、入院施設もきちんとしているのであれば問題ないと思います。

しかし、今通っている小児科が普通の小さな小児科で入院施設がない場合、何かあった時にどうしますか?

大抵の小児科は、紹介状を書いてくれます。

ですが、その紹介先の大きな病院が合わないという場合も想定されます。

ただ病院だけ大きくて、本当は評判が悪い病院だったら?

大きな病院でも評判が悪い病院はいくらでもありますよ。

そういう時のために、周りの口コミを聞いておく、自ら受診してみる等で大きな病院の雰囲気を掴んでおいた方がいいです。

私の知り合いの子も小さな小児科で「入院」と言われました。どこがいいかと聞かれたので、どこでもいいと言ったところ、行った先の先生が最悪だったそうです。

あまり親身になってくれず、看護師さんだけは優しく接してくれたそうですが、それでももう二度と行きたくないという対応だったとのことです。

そういった失敗をしないために、大きな病院の小児科も一度言って雰囲気を確かめるのも良いかもしれませんね。

と言っても、大きな病院って一般の受診をする先生と、病棟の先生って違ったりもしますが(;´∀`)

それでも看護師さんや病院の雰囲気を知っておくのにはいいと思います。

 

私の体験談

health-621353_1280

うちの子はしょっちゅう入院しますし、しょっちゅう謎の熱を出すので病院はいろいろ行きました。

まず、基本は行きつけの小さな小児科に行きます。

この小児科の選び方も非常に大切なんです。

基本的に、お母さんが安心できるところを選んでください。それが第一条件。

この先生だと任せられる!と思う人のところにいくことが大切。

 

私も初めは引っ越してきてどの小児科に行けばいいのかわからないので、近所の小児科に行っていました。

でもそこは大人気で時間がものすごくかかるんです。土曜日なんて3時間待ちは当たり前。しかも座る場所がないくらい病気の子供たちがたくさんいるので、逆に小児科で病気をもらってきてしまうこともありました。

先生はとても優しく、穏やかな先生でしたが、診るのが丁寧すぎて時間がかかっているんです。

しかし検査はそれほどしないので、咳がひどいと言っても抗生物質ではなく、普通の風邪薬しか出してもらえず悪化したことが何度もありました。

 

混んでるのが嫌だから、内科小児科に行こう!と思ったこともありました。

内科小児科って大人の人も見て、子供も見てくれるところです。おじいちゃんおばあちゃんが多かったです。

そこは子供の数は少ないし、大人が多いので回転は早い。

早いけど、全然検査せずにすぐに「風邪だね」と言われ薬を出されるだけ。

結局他の病院に行って検査をしたところ「副鼻腔炎(蓄膿症)」だったということがありました。副鼻腔炎ってレントゲンを撮らないとわからないんですよね~。そういうことがあったのでそこは行くのをやめました。

 

そして今は私の希望とピッタリの病院と出会う事が出来ました。

回転が速く、それでいて手抜きはせず検査をしっかりしてくれます。そして先生の知識がすごい。きちんとわからないことは説明してくれるし、見極める力がすごい。

咳で寝れないと薬が飲めないので点滴をしてくれたり、連続で行っていると保険が効かないからと血液検査代を病院で負担してくれたりもします。

今のところ毎月皆勤賞でお世話になっているので、バッチリ顔も名前も憶えてもらっていますね…ホント熱出し過ぎうちの子…

 

また大きな行きつけの病院もあり、入院するならここ!と決めています。

大きな病院のため、手続きに時間がかかるので普段はあまり行きませんが、どうしても検査してほしいという時には大きな病院に行ったりもします。施設が整っているので割とどんな検査でもしてもらえるので。

いきつけの小児科で「入院だわ~」と言われた時も、この病院にしてくださいと言えばすべて連絡して手続きしてくれますし、何より大きな病院にもデータがあるので名前を言えば手続きがスムーズです。

 

このように、複数の病院に行くことで、どの病院が合っているのか比べることができますし、安心にも繋がりますよね。

 

最後のまとめ

結局何が言いたいかというと、いろいろ行っておくと病院事情がわかるよ!ということです。

行きつけをコロコロ替えろと言うわけではなく、

・入院する時に手続きがスムーズにいくように

・自分たちに合った病院に出会えるように

・いきつけの病院がお休みの時に他の病院に行けるように

という意味です。

いざという時に焦るのは嫌ですからね・・・昔「入院」と判断されるまで病院をたらい回しにされたことがありました。そんな経験から、きちんと病院事情を知っておくことは大切だと感じたのです。

もし住んでいる街に病院がいくつかあるのであれば、その中でいいと思う病院を見つけてみてください。

「近いからここでいいや」ではなく、きちんと選んだほうがいいですよ!

先生も人間ですから、合う合わないは絶対ありますから!

まぁ身体を壊さないことが一番ですけどね(;´∀`)

 

基本的には行きつけの病院があるのが一番です。先生の書き留めた受診履歴があるので。

ただ、検査や手続きをスムーズにしたり、雰囲気を知っておくために、それぞれの病院の良いところ、悪いところを把握しておくのは一つの手段だと思います。

症状が軽い時に行ってみるのもいいと思います。

Share Button

関連記事

ピックアップ記事

baby-390555_1280

子供がノロ・ロタになっちゃった!二次感染を防ぐ対処法!(基礎知識編)

Grrママです。 さて、ノロやロタの時の対処法について書いていきたいと思います。 我が家の息子たち、とても体が弱く、ノロやロタには毎…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る