子供が「問題児」であるあなたへ。私の気持ちの切り替え方。

 

お子さんが、保育園や幼稚園または学校で問題児扱いをされたことはありますか?

 

ないのであれば、あなたのお子さんはきっと集団生活が出来る子なんでしょうね!

 

集団に馴染むというのも立派なその子の能力です。

 

将来的にも役立つ素晴らしい能力だと思います。

 

しかし、集団の中には必ずしも「集団行動が得意ではない」子がいるんです。

 

そんな子は「問題児」とされてしまいます。

 

我が家の息子もまさにそれです。「問題児」

 

今日は今まで散々子供が「問題児」扱いされた私がどう気持ちの切り替えをしたか、

 

子供に諭していったかを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク


どういう子が問題児になるの?

 

問題児とは

 

集団生活の中で目立ってしまう子のことを言います。

 

具体的な例をあげると、

 

・友達への暴力

 

・体が忙しい(落ち着きがない)

 

・周りと同じことができない

 

・周りに馴染めなく、いつも一人でいる

 

・人の話が聞けない

 

等・・・

 

様々な要因ですが、とにかく集団生活が苦手な子のことを指します。

 

中には大人しいだけとか、

 

コミュニケーションがうまくとれないだけ・・・

 

と言う子もいますが、

 

学級崩壊を起こしかねないような子もいると思います。

 

私が思うに「自分の手に負えない子を大人が問題児にする」んだと思います。

 

親のせいだ、先生のせいだ、ということでもありませんが、

 

自分の都合で「問題児」にしてしまっていることもあるのは事実だと思います。

 

そういう扱いをされてしまった場合、

 

親としてどうしていけばいいのでしょうか。

 

我が家の場合

gorira001

 

問題児と言われた長男。

 

うちの長男は、生後6ヶ月にして掴まり立ちをし、

 

生後10ヶ月で歩き出しました。

 

その行動を見ていた私は「あ、この子はいろいろなものに興味があるんだな」と思いました。

 

と、いうのも、掴まり立ちも歩き出したのも、

 

「自分が欲しいと思う物を取るため」に始めた行動でした。

 

机の上が気になったり、

 

少し離れた高いところにある物を取りたいがために、

 

立ったり歩いたりしていたんですね。

 

ものすごく好奇心旺盛で感受性も豊かで、

 

非常に苦労しました。

 

スーパーへ行くと、あちこちにピュー!ですから。

 

とにかく大人しくなんてしてくれません。

 

カートに乗せても脱走します。

 

私が子育てサロンや幼稚園の一日体験に連れて行っても、

 

いつも自分のやりたいことばかりして遊びます。

 

周りの子が先生と一緒に踊ったり、

 

絵本を大人しく聞いている中、

 

うちの息子だけは一人でうろちょろ走り回ってましたからね。

 

自分のやりたいことばかり集中して、

 

みんなと同じことには全く興味がない。

 

その時に「どうして他のみんなと同じことが出来ないんだろう」そう思ってしまいました。

 

 

そんな心配な長男でしたが、

 

やはり幼稚園に入ってもかなり大変だったようです。

 

毎日のように幼稚園から連絡がありました。

 

お友達が大好きで後ろから抱き着いてしまった時に首に抱き着いてしまい、結果首を絞めてしまったこと

 

お友達と遊びたくて、つい強く腕を引っ張ってしまったこと

 

毎日いろいろな連絡がありました。

 

その都度泣きました。

 

正直、子育てに自信がなくなっていました。

 

面談もいつも最後で、

 

最後だから長々と1時間・・・(本当は1人15分です)

 

先生は悪くないんですよ。

 

一生懸命子供を見てくれています。

 

でも何十人も見る中でやっぱり目立っていたんでしょうね。

 

実際参観日に言っても恥ずかしかったです。

 

本当に目立ってましたよ。

 

具体的に説明をするのは難しいですが、

 

落ち着きがないので、まぁ目立っていました。

 

幼稚園の最後の方は、

 

もう他のお母さん方もうちの子がそういう子なのはわかっていたので

 

私も笑って「ははは、うちの子ってばまたやってる~」くらになっていたのですが、

 

小学校に入学して、また一からやり直し!

 

周りのお母さんの目が痛いです。

 

小学校に入っても先生から毎日電話が来ていた時期はありましたしね。

 

落ち込みました。

 

面談の時に「今まで障害について調べられたことはありますか?」と聞かれた時は本当にきつかったです。

 

それに関しては何度も論議を重ねて来たのに、

 

やはりそうきたかと思いました。

 

障害があるのではないかという事について

 

最初に言いますが、障害がある子を非難してるつもりではないですからね!あしからず!

 

ただ、そう言う目で子供が見られているという親の素直な気持ちです。

 

うちの子が疑われていたのは「多動」です。

 

「ADHD」ですね。

 

小さい頃から落ち着きがなかったんですよ本当に。

 

自分の好きなことへの集中力は半端なかったですしね。

 

でもそれ以外は注意散漫。何度も車に轢かれそうになっています。(危ない!)

 

幼稚園の頃からその都度その話は出ていましたが、我が家としては「検査しない」という方針だったので今では定かではありません。(旦那の方針です)

 

結局ADHDの検査をしました。その記録はこちら

ADHDの検査に行きました。ADHDは確定するまで大変だった。ADHD検査日記

 

私の母が特殊学級の教師をしているので

 

学生の頃からそういう人がいるということは私も理解していました。

 

学生の頃クラスでちょっとそういう気がある子は大抵嫌われていたのですが、

 

私はそういう子に対しても普通に接していました。

 

別に障害があるから何なの?ですよ私にしたら。

 

いや、本当に。

 

だから何?としか思ってなかった。

 

同じ人間じゃんって思ってた。

 

同じ人間で今同じクラスで一緒に勉強してるのに、

 

何でそんな仲間外れとかバカみたいなことするのって思ってましたからね。

 

むしろいじめとかする人間のほうがおかしいと思っていましたから私。

 

だけど、やっぱり自分の子供のこととなると心配になってしまうんですよね。

 

この子の将来はどうなってしまうんだろうって。

 

この子が生きづらい人生になってしまうのではないかと。

 

そういう心配はずっとあって、私の中でも葛藤がありました。

 

でも検査をしないと決めたからには、今では気にしてはいけないんです。

 

なので私は障害があろうとなかろうと、子供に普通に接するだけです。

 

私の気持ちの切り替え方

gorira003

 

散々問題児問題児と言われ、

 

私も集団で目立つなぁと思ううちの子ですが、

 

どうしても「ダメな子」とは思えないのです。

 

自分の子供のことだろ!ちゃんと教育しろ!と言われても仕方がないのですが、

 

私はちゃんと人に対する礼儀やマナーは教えているつもりです。

 

怒られるのって多分そういうのとは別の問題なんですよね。

 

集団で目立つと言うのも、

 

私が言って直るものじゃないと思います。

 

私すごく小さい頃から言ってきましたから。

 

言って直るならとっくに直ってますからね。

 

それは確かに環境もあるかもしれませんが、

 

子供の性格によるものも大きいと思ってるんですよね。

 

人それぞれ「問題児」と言われる原因はいろいろあると思いますが、

 

とにかくうちは落ち着きがないということが非常に問題視されています。

 

落ち着きがない、だから人と同じことをしていても目立つ。

 

だけどね、すごく優しいんですようちの子。(自慢か!)

 

いつも幼稚園でも泣いてる子の側にそっと寄り添っていたそうです。

 

今でも買い物に行くと荷物を持ってくれますし、

 

みんなにドアを開けて待っていてあげたりします。

 

優しいのは優しいんです。

 

だからそんな息子を見ていて思うんです。

 

「今は問題児かもしれない。だけど、10年後この子はめちゃくちゃいい男になる!」

 

と。

 

本気です(真顔)

 

問題児問題児と言われているお子さんでも絶対にいいところありますよね?

 

お子さんの良いところはどこですか?

 

絶対にあるはずですから!

 

私は、息子を信じています。

 

10年後の息子の姿を想像したら、

 

お母さんの荷物を持って一緒に買い物に行ってくれるとても優しいイケメン男子高生になっていました。(オイッ!)

 

そう思ったら、「今問題児と言われようと、私は息子を信じているからいいや」と思うようになりました。

 

もちろん、悪いことをしたらきちんと怒りますし、話し合いもします。

 

他人に迷惑はかけてはいけない。

 

でも根本的なところは信じているんです。

 

本当にうちの子優しすぎてモテモテになってバレンタインとか女の子が押しかけてきたらどうしよう・・・とか心配してます(笑)

 

それくらいのおおらかな気持ちでいることも大切だと思います。

 

人と違う・・・なんて当たり前なんですよ。

 

好きなことも嫌いなものもみんな同じならつまらないじゃないですか。

 

だから今そうやって悩んでいる人にかけてあげたい言葉は「10年後の姿を想像してごらん?」です。

 

高校生にもなって今と同じことしてるはずないじゃないですか!

 

絶対落ち着きますから!

 

私の小学生の時もクラスに「問題児」がいました。

 

もう、暴れん坊だし、先生に何度怒られても言う事を聞かないんです。

 

私は超真面目人間だったのでそういう子を見ると意味がわかりませんでした。

 

「なんで怒られるのわかっててやるんだろう」ですよ。

 

でもその子が中学校に上がった瞬間、すごく落ち着きましたからね。

 

しかも、めちゃくちゃいい男になってモテモテでしたからね。

 

私は悟った。「男は変わる」

 

そんな経験からも、絶対に今の状態がずっと続くわけじゃないと思っているので、まずは自分が落ち着くこと。

 

そして子供を信じてあげること。

 

そこが私の気持ちの切り替え方です!

 

始めは悩んでたけど、今は全然大丈夫です!

 

むしろ高校生の息子と買い物いくのが楽しみでなりません!

 

(行ってくれないかもしれないけど無理矢理連れて行こう)

 

だから、同じく悩んでいる人は子供を信じることが一番です。

 

それで悩みも吹っ飛ぶから!

 

子供への諭し方

gorira002

 

問題行動を起こす度に電話が来るわけですが!

 

そんな時、子供にどう教えたらいいのか悩みますよね。

 

まぁ頭ごなしに責めるのは良くないとわかっていても、

 

口が勝手に動いてしまうこともありますよ。

 

そんな時は私も落ち着いてから話します。

 

私の場合・・・

 

電話を切るといつもドキドキしています。

 

またやってしまったのか・・・そう思います。

 

でもそういう時こそなぜか冷静なんですよね。

 

普段はちょっとしたことでも怒ってしまうというのに。

 

まず、子供を正座させます。

 

きちんと話し合う準備をします。

 

向き合って、きちんと目を見て話していきます。

 

その時私は、「どうしてやってはいけないかわかるかい?」と聞きます。

 

何でそれをやったの?とは聞きません。聞きたいけど。

 

でも大抵テンションが上がったりして調子に乗って周りが見えなくなることもあるんですよね。

 

多分なぜそれをやってしまったのか自分でもわかっていないことが多いと思います。

 

それを責めても仕方がないのでグッと我慢します。

 

ただただひたすら、これをやることでどうなってしまうかということを教えます。

 

そういう行動をすることで自分や周りにどういう影響を及ぼすのか。

 

多分周りが見えれば、自分で考えることも出来ると思うので。

 

時には私の過去の経験なども話します。

 

同じことをした人の結末とか。

 

最終的には私も熱くなってしまって、

 

涙が出てきてしまうんですけどね。(興奮すると涙が出て来るタイプなので)

 

そうすると、子供も一緒になって泣いて反省します。

 

それで終わりです。

 

あとはずっと怒ってないでいつも通り接してあげます。

 

それが私の子供への諭し方です。

 

諭し方というより、ただのお話みたいになっていますが・・・

 

こういう時こそ声を荒げて怒ることは私はしません。

 

ショックすぎてそういうテンションでもなくなるし。

 

子供がきちんと話を聞く環境を作り、なぜそれをやってはいけないのかを教えてあげる。ただそれだけ。

 

これは私の場合です。

 

皆さんの怒り方もいろいろあると思います。

 

私も人に偉そうに言える立場ではないので「こうしてください」とか「こうしたほうがいいですよ」なんて言いません。

 

ただ、逃げ道がないのは子供も厳しいのかもしれないと思います。

 

怒鳴ってもいいんですよ、それがあなたのやり方なら。

 

でもそれならお父さんはせめて怒らないであげるとか、

 

少しでも逃げ道を作ってあげたほうが子供も安心すると思います。

 

私がそうだったから。体験談でもあります。

 

ちなみに、友達を殴って歯を折ったとか、

 

友達のゲームソフトを盗んだとか、

 

本当に犯罪一歩手前の子はいます。(盗みとかは完全な犯罪ですけどね)

 

授業中に自分の手をカッターで切っている子もいます。

 

そこまでいくと私が言えることは何もありません。

 

学校やら市の子育て支援等に相談してください・・・。

 

私の知り合いの子がまさにそれですよ。

 

普通に見ても「悪い!」と思うことを平気でします。

 

そういう子は親にガンガン殴られたりしています。

 

やっぱりちょっと親にも問題があるのかなと思ってしまったり・・・(ゴニョゴニョ)

 

感情的になったら自分でも止められない気持ちはわかりますが、

 

本当に悪い事をした時は、感情的になるより、

 

その子を想って涙を流してあげたほうが効果的だと思うんですけどね私は。

 

最後のまとめ

 

今までいろいろ書いて来ましたが、

 

障害があると疑われた場合、

 

病院を受診することも検討したほうがいいと思います。

 

私は一応幼稚園教諭の免許も持っていますし、

 

母が特殊学級の教師、幼馴染が小児精神科の医師をやっていて、

 

後ろ盾がかなり強くて周りにたくさん相談してきました。

 

その結果、旦那が受診をしないという判断を下しましたが、

 

それでは悪い方向へ進んでしまう可能性もあります。

 

本当に障害だった場合、その子が生き辛い可能性もあります。

 

人より要領が悪かったり、落ち着きがなかったり・・・

 

あまりにも度がすぎると周りから「またあの子だ」と思われ、

 

扱いもそういう人に対する扱いになっていきます。

 

人間って不思議なもので、少し変わっている人がいると仲間外れにしたり、いじめたりが始まるんですね。

 

子供たちはそういう感情を素直に出してしまうので、子供がつらい思いをするかもしれません。

 

また、自分の今後の子供への対応や先生方の指導方法も変わってきます。

 

本当に障害でそのように行動する子に頭ごなしに怒っても仕方がないんです。

 

だって、頑張ってもうまく出来ないんですから。

 

だから調べることを勧めてくる学校もあるかもしれませんね。子供のことを想って。

 

私の友達も子供が「問題児」と言われ、

 

手に余るので市に相談してくださいとまで言われたらしいです。

 

結局病院でいろいろ調べた結果、

 

友達の子は「IQが非常に高い」ことで周りに興味がありすぎて行動に落ち着きがないという判断を下されました。

 

そういうこともあるんですね。

 

友達はやはり調べてよかったと言っています。

 

子供への接し方がわかったから。

 

私もいろいろ調べて悩みました。

 

初めはやっぱり怖かったです。

 

何度も言いますが、障害があるお子さんを否定しているわけではありません。

 

原因がわからないから不安なだけです。

 

でもうちの旦那が言ったんです。

 

「障害あるからなんなの?この子はこの子でしょ」

 

って。

 

俺たちの子供なのは変わりないよ、と言われました。

 

あ、確かにその通りだと思いました。

 

私は気にしすぎだったんだと。

 

何があっても今私の目の前にいる息子には変わりないじゃないかと。

 

だから、うちは障害を調べないということになったんですけどね。

 

子供が生きづらいかもしれないけど、

 

障害があるとかないとか、そういうことはとりあえず考えないことにしようと。

 

ご自身のお子さんが「問題児」と言われても、それはお子さんやあなたが悪いのではありません。

 

そういう風に産んでしまった自分が悪いなんて自分を責めないでください。

 

なんでこの子は周りと同じことが出来ないのとお子さんを責めないでください。

 

この世に同じ人間なんて一人もいないんですから。いろんな人がいるんですから。

 

なんでなんでって思っているよりも、

 

そういう子が大きくなる時にいい方向へいけるように導いてあげることが一番大切だと思います。

 

ちなみに同じように育てたつもりですが、

 

次男はマイペースで非常に大人しく、集団行動が得意です。

 

面談の時も「特に話すことがありません」と言われるくらいです。

 

どうして兄弟でそうも違うんだと思う時がありますけどね(;´∀`)

 

そういうもんなんですね。

 

子供も一人の人間として性格が形成されているんだなぁと思ってしまいます。

 

不思議なもんだなぁ。

 

同じ悩みを悩んでいるあなた!

 

大丈夫ですから、子供を信じて子育てしていきましょう!

 

周りに相談しながら子供にとって最適な道を探していきましょう!

 

私もいまだに手さぐりな部分はありますが、頑張っていきましょうね!

 

問題児だった息子が小学校高学年になったその後のお話はこちら↓

幼稚園の時に問題児だった子供のその後…親の対応で変わる

 

結局ADHDの検査をしました。その記録はこちら↓

ADHDの検査に行きました。ADHDは確定するまで大変だった。ADHD検査日記

Share Button
スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

1年間チャレンジタッチを使ってみての感想、チャレンジタッチは身になるの?

我が家の長男がちょうど小学校に上がる時に「チャレンジタッチ」の講座が開講すると連絡がありました。 それまで幼稚園児向けのこどもチャレンジを…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る