字の汚い子は必見!子供の字がきれいになる練習方法を公開!字が綺麗になる5つのコツ

字の練習方法

字が汚い…これは大人になってからも非常に恥ずかしい思いをすることとなります。いくらパソコンが普及したからと言っても、字はきれいにこしたことはありません。

字が汚くても、練習すればきれいになるんですよ!字が汚い子の練習方法を紹介します!

スポンサーリンク
 

字をきれいに書くための5つのコツ

字が汚いなぁと思ったら、やっぱり改善していかなくては!

字を綺麗に書くために気を付けるといいコツは5つです!

 


  1. 鉛筆を正しくもつ
  2. 筆圧を強くしすぎない
  3. 書き順を正す
  4. 背筋をまっすぐ伸ばし、姿勢よく書く
  5. 文字の大きさを揃え、ゆっくりと意識して書く

 

1.鉛筆を正しくもつ

鉛筆の持ち方が悪いと、当然字もくねくねとした変な字になってしまいます。大人でも鉛筆の持ち方が悪いと手に力が入らず、字が汚くなりますよね?

鉛筆の持ち方は癖になってしまうので、直すなら子供のうちがいいです。子供には正しい鉛筆の持ち方を教えてあげましょう。

 

2.筆圧を強くしすぎない

筆圧が強いということは、指に力が入りすぎているということです。それでは自然に字が書けません。

綺麗な字とは、流れるように書くのがコツです。

鉛筆の濃さが薄いものを使っていると、自然と力を入れて書く癖が出来てしまいますので、鉛筆の濃さは最低でもHB以上を使いましょう。

筆圧が薄すぎる子の場合は、2B以上がいいと思います。

 

3.書き順を正す

書き順が違うだけで、字が乱れるのは知っていましたか?

綺麗な字を書くには、正しい書き順で書くことが必須なんです!むしろ、綺麗な字を書くために書き順があると言っても過言ではない・・・

学校でうるさく書き順の指導をするのはそのためなんですね。

 

4.背筋をまっすぐ伸ばし、姿勢よく書く

これも当たり前のことですが、姿勢が悪いのに字が美しくかけるはずがありません。姿勢は伸ばして、正しい姿勢で文字を書くようにしましょう。

 

5.文字の大きさを揃え、ゆっくりと意識して書く

いわゆる「殴り書き」をして字が綺麗なはずありません!字はゆっくりと書かないと綺麗にはならないのです。

意識をすることで、字はいくらでも綺麗になります。キレイな字をかくために、文字の大きさは揃え、ゆっくりと一文字一文字丁寧に書いていきましょう。

 

・・・だからと言って、ゆっくり書きすぎて時間がかかって、テストで最後のほう書けなかったー!となるのも困るのでほどほどに!

頭の良い子ほど字が汚いらしいですよ。いろんなこと考えてるから字を書くスピードが追い付かないんだとか。

それを言われると汚くてもあまりうるさく言い過ぎなくてもいいかなぁと思いつつ、字が汚くて受験で×ばっかりでも意味がないと思っている。

基礎となる文字がキレイだと、急いで書いた時も「読めない!」というくらいひどい字にはならないと思うので、あまりにも字が汚い場合は文字の基礎が綺麗になるように練習しましょう!

 

字の大きさがバラバラな子の練習方法!

IMG_344文字の大きさがバラバラだと、文字が非常に汚く見えます。

ちょうどいいところに息子の昔書いた作文があったので写真にとってみました。

ひょえ~きったねぇ~(笑)

ホント、汚いです。字汚いんです。私もどうしようかと思ってるんです。

字の大きさがバラバラですよね!いきなり大きくなったり、いきなりゴミのように小さくなったり・・・こんなにバラバラではどう頑張っても綺麗には見えません。

 

この汚い字でも、文字の大きさをそろえることで、ある程度キレイに見えるんですよ!

さて、ではどのように練習すればいいのかというと、我が家で練習の際に使っているものがあります!それはこちら!

 

IMG_3512

じゃ~~~~ん

 

これは一体・・・と思うかもしれませんが、文字を練習する台紙です。

これを使って文字の大きさを揃えていきます。

 

IMG_3501

このように、枠の中の線からはみ出さないように文字を書いていくことで、文字の大きさを書くという意識付けをさせます。

この枠線を使ってどのようになるか試してみました。(※クリックで拡大)

IMG_3449

文字の汚さは変わらなかった!(笑)

でも大きさはなんとなくそろっているので、前の作文のように文字が大きくなったり小さくなったりというのは防げます。

またこれを使うと、文字を綺麗に書こうと何となく意識します。まぁうちの子はホント汚いんですけど…(;´∀`)

ただ、いつもより書くスピードはゆっくりになって、「気を付ける」ことはします。

そのため、文字はいつもより少しはキレイに見えると思います。これは効果ありますよ!

 

文字練習台紙の作り方

それでは作り方をご紹介します。まず、用意するものです。

IMG_3447

・厚紙
・テープ

厚紙はなんでもいいですが、私は使い終わったティッシュ箱で作りました。

薄すぎるとすぐにくしゃくしゃになりますし、厚すぎても使いづらいのでティッシュの箱くらいの厚紙だとちょうどいいです。

テープはカラフルなものを用意しましたが、普通のセロハンテープでOKです。

 

1.厚紙の真ん中を切りぬく

IMG_3453IMG_3457

今回私は1.5cm幅で切り抜くことにしました。というのも、作文用紙の一行の幅がそれくらいだったから。

これはお子さんの使っているものに合わせて変えていってください。

線を軽く引いたら、その線にそって切り抜きます。

※危ないので、必ず大人が行ってください!

 

2.一文字の大きさの線を引く

IMG_3466

この線が一文字の縦の大きさの目安の線になります。

私は1cmにしましたが、ここもお好きな大きさにしてください。

あまり大きすぎると、文字が大きくなったり、文字の間隔が開きすぎるのほどほどに!

あと、線も左右両方に引きましたが、そんな必要ないです。右利き左利きの子がいると思うので子供の書きやすい方だけで大丈夫です!

 

3.完成!

IMG_3475IMG_3488

テープは子供が紙で指を切らないように保護するために使います。

まぁ厚紙なので指を切ったりする心配はあまりないんですけどね。

めんどくさい人は上記の2の線引いて終わりでOKです。

私は家にあったテープを使ってハデハデにしてみました。

これで文字の大きさの間隔がわかるので、大きさをそろえる練習にはもってこいです!ぜひ使ってみてください!

 

 

最後のまとめ

以前働いていた会社で、めちゃくちゃ字の綺麗な男性がいました。私、男の人の字好きなんですよね。汚い字はなんか可愛いって思うし、綺麗だと「おお!」って感動する。その男性はめちゃくちゃ綺麗で例にもれず感動しました。

あまりにも綺麗なので「どうしてこんなに字が綺麗なんですか?ペン習字とか習ってたんですか?」と聞いてみました。

するとその人は「何も習ってないですよ。学生の時に自分で書いたノートを見て、すごく汚いと思って、それから綺麗に書こうと意識していたら改善されたんです」と言っていました。

すげーーーーー!!!

すごくないですか?”字”ってやっぱり、自分の意思でどうにでもなるんですよ。

気を付けて練習していればどんどん綺麗になっていくんです!!

子供なんか特にですよ!まだまだのびしろがある子供だと、今から練習していれば綺麗な字になりますよ!子供の可能性は無限大ですからね!

字が綺麗だと、就職の履歴書でも優位ですしね。字が汚いと感じたら今から字を綺麗に書く練習をしよう!練習あるのみです!

Share Button

関連記事

ピックアップ記事

女性のミカタやすらぎ編

生理前にイライラ・鬱っぽくなる人は女性のミカタやすらぎ編で改善!PMSココロ用サプリ

多くの女性が経験する月経前症候群(PMS)。30代の出産経験のある女性が一番症状が重いとされています。 生理前になるとイライラがひどく…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る