月経前症候群(PMS)って何?生理前の食欲増加・眠気・肌荒れへの対策とは?

i108

女性なら誰しも経験する、生理前のカラダの変化。女性は月に4回性格が変わると言われているほど、ホルモンバランスが崩れやすいんです。

特に出産を経験した30代の女性はひどい月経前症候群(PMS)で悩むことも…。

そんな月経前症候群(PMS)の対策をご紹介!しっかりと対策を行い、毎月笑顔で過ごしましょう!

スポンサーリンク
 

月経前症候群(PMS)とは?

月経前症候群とは、生理の前に起こる様々な体の不調のことを指します。

女性に8割以上がこの月経前症候群(PMS)に悩んでいると言われており、ほとんどの女性が一度は経験するものです。

年代としては20代~30代が多く、閉経まで症状が見られる人も多いです。ちょうど子育てを頑張っているお母さん方に多いですね。なんだかイライラして子供にあたってしまう、やる気がでなくて家事をしたくない・・・なんていうのも月経前症候群(PMS)かもしれませんよ。

症状が出始めるのは、生理の2週間前~3日前と人によってバラバラですが、長い人は月の半分もこの月経前症候群で悩んでいます。

月経前症候群で起こる不調をまとめてみました!自分はどんな症状があるかチェックしてみよう!

 

PMSの症状

PMSの症状

乳房が張って痛い

頭痛

腰痛

腹痛

関節痛

筋肉痛

顔や足のむくみ

ニキビなどの吹き出物が増える

じんましんが出る

便秘

動悸が激しくなる

身体がほてる

吐き気

疲労感

手足のしびれ

めまい

不眠

 

PMSの症状

イライラする

気分が落ち込む

不安になる

常に緊張感がある

集中できない

やる気がでない

眠くなる

不眠になる

ネガティブになる

記憶力が悪くなる

涙もろくなる

神経質になる

躁鬱が激しい

 

月経前症候群(PMS)の症状は1つではありません。複数出ることもあります。

私はカラダの症状が6つ、ココロの症状も6つほどチェックがつきました。多分思い当たる症状は誰しもあると思いますがいかがでしたでしょうか?

毎回必ず同じ症状が出ると言う人もいますし、毎回違うという人もいます。それはその時のホルモンバランスによって異なります。

何にせよ、毎回このような症状が出るのはつらいですよね。

では一体、月経前症候群(PMS)の原因とは何なのでしょうか?

 

月経前症候群(PMS)の原因って何なの?

月経前症候群の原因とは、実はハッキリとは解明されていません。

しかし女性ホルモンに関わりがあるのは事実。ホルモンバランスが崩れたことや、ビタミン・ミネラルが欠乏して起こっているのではないかと言われています。

 

ではホルモンバランスが崩れるって、一体どういうことなのか説明します。

女性ホルモンは主に、2つのホルモンによってコントロールされています。それが、エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)と言われているものです。

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)
エストロゲンは女性らしい体を作るためのホルモン。子宮が妊娠に備えて厚くなるのもこのエストロゲンのおかげです。このエストロゲンが増えることで、女性は非常にお肌や体調が良くなると言われています。
プロゲステロン(黄体ホルモン)
プロゲステロンは妊娠維持を手助けする働きがあり、食欲増加や乳腺の発達を促す作用があります。生理前の症状は主にこのプロゲステロンが多く分泌されるために起こると言われています。

 

女性らしくなるなんて、エストロゲン(卵胞ホルモン)が多いほうがいいじゃない!と思われるかもしれませんがそうではなく・・・

実はエストロゲン(卵胞ホルモン)が多く分泌されすぎると、子宮がんのリスクが高まると言われています。

逆にプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されると、子宮筋腫のリスクが高まると言われています。

どっちもどっちなんですね。バランスよく分泌されることが大切なのです。

 

この2つのホルモンバランスが排卵後から急激に変化することで引き起こされるのが月経前症候群(PMS)ではないかと言われています。

女性ホルモンの問題というだけあって非常にデリケートで、100%月経前症候群(PMS)を治せるよ!という薬は今のところありません。

 

出産経験があると月経前症候群(PMS)がひどくなる?

出産経験がある30代の女性が一番、月経前症候群(PMS)がひどくなると言われています。それはなぜか?

・・・説明したいのはやまやまなのですが、それはまだ謎に包まれていて解明されていません。出産経験ない女性は乳ガンや子宮ガンになりやすいとも言われていますし、出産している人としていない人では、ホルモンバランスの分泌の仕方が違うようですね。

しかしながら、出産経験がある30代の女性が一番、月経前症候群(PMS)のは事実!30代がエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌がピークとなり、女性としての成熟が一番いい時期なんですよね。

そのためか、30代の女性は月経前症候群(PMS)で体調を崩しやすいです。

出産経験のない人は乳房の張り、下腹部痛、頭痛などの身体の変化で悩むことが多いようですが、出産経験のある女性はイライラや不安など心の変化が大きいようですね。もちろん、身体の変化もあるようなので、それを考えると生理前はそういった症状を緩和させたいという気持ちが強くなっても仕方がないような気がします。

 

月経前症候群(PMS)になりやすい人ってどんな人?

なぜか毎月ひどい月経前症候群(PMS)に悩んでいる人もいれば、一度も月経前症候群(PMS)になったことがない人がいるんです。本当に不思議なのですが、なぜ月経前症候群(PMS)になったことのない女性がいるのでしょうか?

それは様々な要因が考えられますが、主に月経前症候群(PMS)になりやすいと言われる人は以下のような人物です。

・ストレスをためやすい人
・几帳面な人
・神経質な人
・完璧主義者な人
・自己評価が低い人
・体力がない人
・環境が急に変わってしまった人
・コーヒーなどのカフェインが好きな人
・脂っこいものばかり好む人
・タバコを吸う人
・お酒を飲む人
・運動を全くしない人
・自律神経が乱れている人
・寝不足気味な人

性格がなぜ関係あるの?と思われがちですが、ストレスを溜めやすいところにあるんでしょうね。本当にストレスでホルモンバランスは簡単に崩れますからね。

私もストレスで半年生理が止まったことがあります。ストレスって本当に怖いんですよ。

おおらかな性格の人だと月経前症候群になったことがないという人もいるかもしれませんね。

つわりもそうなのでしょうかね?私の周りのつわりがない人はおおらかな性格な人が多いです。

この辺はよくわかっていないことが多いのですが、性格も多いに関係あるということだけは言えるようです。

 

月経前症候群(PMS)対策!

それでは実際の対策方法をご紹介します。月経前症候群(PMS)で悩んでいる人は、以下を実行することで症状が軽くなると言われているので、ぜひ実行してみてください。

・サプリメントを飲む
・運動をする
・食事に気を付ける
・ピルを服用する
・漢方を服用する
・ストレスを解消する
・睡眠をとる

 

サプリメントを飲む

月経前症候群(PMS)に有効な成分のサプリをとることは非常に有効な手段の1つです。

食事でなかなかとれない栄養もサプリで補っていくことで体調管理をしていこうというのは、厚生省でも推奨していることです。

現在では月経前症候群(PMS)に有効な成分を配合している女性専用のサプリもいくつか出ているので、月経前症候群(PMS)に悩んでいる人は試しに飲んでみるといいでしょう。

 

運動をする

適度な運動をすることで月経前症候群(PMS)の改善に繋がります。

実際に、運動を始めてから月経前症候群(PMS)が軽くなったという人もいます。

運動を行う事で、代謝がよくなり、腰痛や頭痛などの症状にも非常に効果があります。またスッキリとした気分になるため精神的にも安定が見込めます。

毎日デスクワークで運動している暇なんてない!という人は、朝や帰りに一駅早く降りて歩いたり、お休みの日だけでもいいのでお散歩にいったりと、無理のない範囲で運動を行っていきましょう。

 

食事に気を付ける

酒やたばこ、脂っこいもの、甘い物、カフェインが好きな人は月経前症候群(PMS)になりやすいと言われています。

実際私も、外食を続けていた時にひどい月経前症候群で悩まされました。

さっぱりとしたものを心がけ、生理前は脂っこいものや甘い物を避けるようにしましょう。

月経前症候群(PMS)の時に摂るといいとされる食品は以下になります。

・豆腐や納豆などの豆類(大豆イソフラボンは女性ホルモンを整えてくれます)
・緑黄色野菜(ビタミンやマグネシウムが豊富なので美肌効果や情緒不安定を抑えてくれます)
・ナッツやアボガド(ビタミンEが豊富、ビタミンEでPMSが改善される効果が期待できます)
・牛乳や煮干し(カルシウムはホルモンに働きかけるので女性ホルモンの分泌を正してくれます)

脂っこいものや甘い物の食べすぎは絶対にNGです!お酒も我慢!

ちょっと多く摂りすぎたな・・・と言う時はなるべく翌日から気を付けていきましょう。

ダイエットメニューのようなヘルシーな食事を摂ることで月経前症候群(PMS)の改善が見込めますので、ダイエットしてるつもりではないけどヘルシーな食事を心がけましょう。

生理前はお腹が空いて暴飲暴食してしまう人も多いかと思いますが、お腹が空いた時はヘルシーな食事を数回にわけて摂り、脂っこいものは避けましょう。

 

ピルを服用する

ピルは排卵を抑制する作用があるものなので、生理前のホルモンバランスの変化がなくなります。そのため、月経前症候群(PMS)がかなり軽減します。

しかし、ピルには副作用もあるので、かならず医師に処方してもらい、医師の指示により正しい容量を飲むようにしましょう。ピルは続けるのがなかなか難しいものなので、毎日続けられる人だけ処方してもらったほうがいいと思います。

 

漢方を服用する

月経前症候群(PMS)自体に効果があるというものはありませんが、月経前症候群(PMS)のそれぞれの症状に効果がある漢方はたくさんあります。

例えば精神的なイライラを落ち着かせるための漢方だったり、頭痛がある人向けの漢方だったり・・・

漢方は薬よりも安全なものなので、安心して飲むことができますし、様々な種類があるので、多くの症状の出る月経前症候群(PMS)にとても向いています。

ピルなどの薬が心配な人は漢方を処方してもらうのも1つの手段です。

 

ストレスを解消する

ストレスは月経前症候群(PMS)に非常に悪い影響を及ぼします。ストレスがあると月経前症候群(PMS)が重くなるとも言われています。

ストレスの解消は月経前症候群(PMS)を軽減することに役立ちますので、自分なりのストレス発散方法を見出しておくといいでしょう。

アロマをやってみるだとか、音楽を聞いてリラックスするだとか・・・ストレスを発散してリラックスする方法はいくらでもあります。自分にあった方法を選びましょう。

 

睡眠をとる

睡眠不足はホルモンバランスを崩す原因となります。

寝る子は育つといったように、ホルモンというものは夜分泌されています。

寝不足ではホルモンが崩れてしまう事は容易に想像できますね。

ホルモンバランスを整えるために、睡眠はしっかりととりましょう。

 

以上が月経前症候群(PMS)の一般的な対策です。

やはり健康的に生きている人って月経前症候群(PMS)にはならないんでしょうね。基本的な生活習慣を正して、食生活を改善すれば月経前症候群(PMS)は改善するような気がします。

子育て中でそれが難しいお母さんは、サプリなどを服用して月経前症候群(PMS)の対策を行いましょう!

 

月経前症候群(PMS)におススメのサプリは?実際に飲んで体験してみました!

月経前症候群(PMS)があまりにもひどいので、対策としてサプリを服用しています。

それぞれレビューを行っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

女性のミカタ(やすらぎ)

飲みやすいソフトカプセル。味も特に感じないので飲みやすいです。

女性のミカタ(やすらぎ)には、イライラに効果のあるラフマや女性ホルモンを正す大豆イソフラボンなどが入っていますので、イライラ、鬱、集中力低下、ヒステリー、情緒不安定などの精神面の月経前症候群(PMS)のサポートを行ってくれます。30代の出産経験のある方におすすめです。

女性のミカタやすらぎ編
多くの女性が経験する月経前症候群(PMS)。30代の出産経験のある女性が一番症状が重いとされています。 生理前になるとイライラがひどくなったり、鬱々としたり、集中力がなくなっ

女性のミカタ

 

余談:私の月経前症候群(PMS)

私が月経前症候群(PMS)で悩むようになったのは30歳を過ぎてからでした。というか、最近です。

生活習慣が乱れ、ストレスが自分でもわかるくらいひどく、何より8キロ太ってしまうくらいの暴飲暴食を繰り返していた時でした。

胸がパンパンに痛くなるんです。それも夜寝れないくらい!

ワキの下まで痛くて、とにかく胸全体が痛い。

そう、まるで乳腺炎のようでした。今にも母乳が出るんじゃないかと思うくらいパンパン・・・

ネットで調べて「乳腺症」というものがあったのでそれかと思っていました。きっと、一時的なものなのだと・・・

確かに生理がくると徐々に治って来て、生理の終わり頃にはすっかり治まっているんですよね。

きっと1度だけだと思っていたのですが、それが3ヶ月続きました。

しかも、3ヶ月目がものすごくひどくて何もできないくらい痛い!とにかく痛い!

ということで、乳腺外来にお世話になりました。

MRやマンモグラフィーを行った結果・・・

 

なんと・・・

 

私の乳腺が変形してしまっていると医師から告げられました。

 

というのも、母乳をあげていた時の乳腺炎の影響で変形することはあるようなのですが、私は母乳もたいして出なかったのでその線は薄い・・・

とにかく変形してしまっているので、毎回生理のたびに胸が痛くなるよと言われました。年齢を重ねるとひどくなっていく、いわゆる、月経前症候群(PMS)の影響だと。これは閉経まで治りませんとはっきり言われました。

 

毎月この痛みと戦うのか~きついな~と思っていた時、月経前症候群(PMS)に効果のあるサプリと出会いました。

今いろいろ試していますが、かなり改善されています。

月経前症候群(PMS)がひどい人はぜひサプリの服用も検討してみてください。身体が嘘のように楽になりますから。

人よりも胸が痛くなってしまう私がかなり楽になったので、月経前症候群(PMS)の悩みがある女性は特におすすめです。

30代を過ぎたらいっきに来ますので・・・身体のことを考えるとサプリなどで栄養補助していかないとだめですね・・・。私もう若くないんだと感じた衝撃な出来事でした。

Share Button

関連記事

ピックアップ記事

i028

離乳食の始め方を詳しく解説!初期の離乳食から後期までの流れを紹介

離乳食の始め方ってどうすればいいの?最初は何回?時間帯は?と、離乳食を始める時には謎がいっぱい!今回は離乳食の始め方を詳しく解説します。 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る