新しくなった小田原城は子連れでも楽しめる?子連れで行く小田原城の楽しみ

新しくなった小田原城は子連れでも楽しめる?子連れで行く小田原城の楽しみ

先日機会があって、大改修した小田原城へ行ってきました。

もちろん子連れで行ったのですが、意外と子供たちも楽しんでいたので、家族で行くには楽しいかもしれません!

今回は大改修が終わった後の小田原城の魅力をご紹介します!

スポンサーリンク
 

小田原城とは?

室町時代に大森氏が築き、戦国時代には北条氏が治めていたお城として有名です。

小田原城は攻めづらい・・・なんて聞いたことがありますが、敵を翻弄させるような造りになっていたのですね。

ちなみにこのお城はずーーーっと昔からあったものではなく、廃城されたのちに再建されたものです。

小田原を通る時、電車の中からも小田原城が見えるので、市民のシンボルと言っても過言ではないでしょう。

 

新しくなった小田原城に子連れで行って来たよ!

小田原城址って意外と広くていろいろなものがあるんです。

まず、お城に行く前に寄ったのが「こども遊園地」

小田原にはこども遊園地という小さな遊び場があり、そこでいろいろ遊べるんですよ。

ゴーカート。

メダルをもらって、車に入れると走り出します。大体2周半くらい出来ます。

ゴーカートが止まったら終わり。

ゴーカートの管理をしているおじいちゃん、おばあちゃんがゴーカートが止まったところまで取りに行って持ってくるのがなんともシュール。

デパートの屋上に昔あったような乗り物。(自動遊器具というらしいです)

ガタガタ音楽と共に動くやつです。

今でも大きな遊園地とか温泉とかゲーセンでも見かけますが、かなり年期が入っています。

コーヒーカップ。

幼児1人では乗れません。12歳以上の大人が必ず付き添います。(付き添いの大人もチケットが必要)

真ん中のハンドルを回すと超回るので酔いやすい人は注意。

機関車。

2周くらいします。

発車時間は「人がいっぱい乗ったら」というアバウトな感じです。

人が少ない時は貸切できます。

 

以上がこども遊園地のメインの乗り物です。

これまた価格が安い。

 

・ゴーカート、コーヒーカップ、機関車:80円
(80円チケット11枚綴り:800円)
 

・音が鳴る乗り物(自動遊器具):30円

 

安くてビックリ。とりあえず500円もあれば全て遊びつくせます。

安いのにはわけがあって、全ての遊具はかなり老朽化しています。

コーヒーカップとか、周りすぎてホントに気持ち悪くなる…。

 

また人件費もあまりかかってない様子です。

多分、市から派遣されているアルバイトだかのおじいちゃん、おばあちゃんが各乗り物を動かしたり管理してる感じがしますよ。

 

チケットは券売機で売っているので、ご兄弟が多い人や付き添いが必要で一緒に大人も乗るという場合は11枚綴りを買った方がお得かも。

あと音が鳴って動く乗り物(自動遊器具)は30円を入れなくてはダメです。

さすがに10円の両替機は置いてなかったと記憶しているので、乗りたい場合は小銭を持って行った方が良いですよ!

 

さて、こども遊園地で一通り遊んだあとは、小田原城の中へ!

小田原城は観光客がけっこう並んでいてチケットを買うのに少しだけ並びました。

 

というのも、小田原城のチケットを買うのに割引券が使えるからです。

小田原城の外の券売機でも入場券を買う事はできますが、受付の人に割引券を見せると安くなるので・・・

小田原城の中に受付がありますので、入り口で少し待ちます。

 

ちなみに割引券は以下の小田原城のサイトにありますので、見せればいいだけです。

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/odawaracastle/info/discount/

 

小田原城に入って驚いたのが、小田原城の中の内装や展示がキレイになっている!

昔よりも全体的にキレイになっていました。トイレもキレイでした!(←神経質なので重要なポイント)

昔の小田原城は、正直天守閣に登ればいいよね…くらいであまり展示を見なかったのですが、展示も楽しめるスタイルに変わっていました。

これを1年以内で改装したんだから、すごいなぁと思いました。

意外と展示も子どもたち楽しんでましたよ。

展示の内容は見なくても、内装がキレイだし、グルグル回っているのも迷路のようで楽しかったとのことです。

そして天守閣がまた素晴らしい長めです!

小田原の海が一望できます!

残念だったのは、望遠鏡のところに台がなかったこと。

通路が狭いし、危ないから置かないだけかもしれませんが、ご覧のとおり子供には少し大きくてうまく覗けないんです。

こういうの好きなの子供なのになぁ~。子供が見たいって言ったら親はお金出すのにな~。

もう少し子どもが望遠鏡を覗きやすくしてくれればいいのにと思いました。

130cm以上あるお兄ちゃんも背伸びしながら苦戦して見ていました。

 

そして、子供たちが一番喜んだのがこれ!!

なんと!小田原城の外のお土産屋さんの前で衣装を借りられるんです!

お値段も安い~!

 

・子ども:200円

・大人:300円

 

・・・といっても10分程度で返さなければいけないので、写真撮影したら終わりって感じですけどね。

でも「コスプレしたい~!」って子供たちが言ってノリノリでした!

衣装は武士・忍者・お姫様の3つから選べます。

うちの子と姪っ子たちでちょうど全部試していました。

これにはじいちゃんばあちゃんもメロメロに(笑)

大分なりきってる感がすごい(笑)

刀ももちろん貸してもらえて、男の子は大喜び!

もちろん女の子もお姫様になれて大喜び!

 

最後に小田原城歴史見聞館にも行きました。共通チケット買ってたんでね。

江戸時代村みたいな町並みがありました。少しだけ。

こういうの、子供は好きなんですよね。

ちなみに先ほどから写真に写っている女性は私の妹です。

 

「小田原城すぐ行ってすぐ帰ってこよ~」なんて言って、遊んでたらあっという間に午前中が終わっていました…。

意外と遊べた。

 

子連れで行く時のポイント

 

こども遊園地は朝一が空いている

朝9時頃到着したのですが誰も遊んでいなかったのでおススメです。

お昼ごろにはたくさんの人がいて、待ち時間もあったので朝一または子どもが帰る夕方が良いかもしれません。

 

こども遊園地の乗り物は小銭が必要

先ほども前述しましたが、30円で動く遊具があるので、お札だと両替しにいったりめんどうなことに。

スムーズに遊ぶには小銭があると良いでしょう。

 

飲み物は持って行ったほうがいい

売店や自動販売機もあるのですが、家族全員分買っていると大変なことに。

こども遊園地は外で遊ぶもので、長い時間外にいることを考えると、子どもだけでも水筒があるといいと思います。

 

虫よけ対策は必須

こども遊園地の周りは緑が多いのですが、そのために蚊が多く発生しています。

私の母も刺されていました。

刺されやすい人は特に注意したほうがいいと思います!

 

靴はサンダルよりスニーカーを推奨

けっこう坂道や階段を登ったり下がったりするためスニーカーのほうが無難です。

またお城の周りは小さな砂利が敷かれているので、サンダルだとすぐに足の裏にくっついてしまい痛いと騒いでいました。

履きなれたスニーカーで行くことが一番いいと思います。

 

天守閣で帽子が飛ばされないように!

私天守閣で帽子が飛ばされました。

子どもの帽子はきつめにして被るか、手で抑えるか、ゴム付きの帽子を被っていくことがいいと思います。

 

オムツを替えるところはある

何ヵ所かオムツを替えるところを見ました。

でも小田原城の中のトイレが改築されたばかりでとてもキレイでしたよ。

もちろんお城の外にもあったので、小さい赤ちゃんがいても安心です。

 

バリアフリーではないのでベビーカーや車椅子ではいけない

逆に中にエレベーターがあるお城は私は見たことないので、当たり前といえば当たり前のような気もしますが、基本的に階段で移動します。

そのため、ベビーカーを持って来ていた人は外に置きっぱなしにしていました。

特に誰かに持って行かれることはないと思いますが、ベビーカー置き場があるわけではなく、ただみんなお城の前に置いているだけだったので、心配な方は最初から抱っこ紐やおんぶをして来たほうが無難だと思います。

 

暑い日の衣装貸出は避けた方が良い

子どもの着ていた貸衣装ですが、長袖なのでとても暑いようです。

10分くらいしか借りませんが、汗だくになってしまう可能性も。

あまり暑い日には暑すぎて熱中症の可能性も出てきますので、無理して着させるのは避けた方がいいかもしれません。

 

お食事処もあるけど、近くのお店にも食べに行ける

お食事処はありましたが、とても小さかったです。

小田原城のいいところって、少し外にでるとすぐに小田原の街なんですよね。

なので、お城をゆっくり見たいならお食事処やお弁当を作ってくるのもいいと思いますし、街に出てお食事をしてもいいと思います。

 

大阪城より小さいので歩く距離はちょうどいい

これは個人的な感想ですが…

大阪城は現在あるお城の中で一番大きいんですよね。公園も広くて立派ですが、けっこう歩くの大変じゃないですか!?

大阪城を見てる人には物足りなく感じるかもしれませんが、小田原城は大きさも程よく、子連れでも歩きやすいと感じました。

 

最後のまとめ

私は雪国に住んでいるのですが、母の実家が小田原なので小さい頃はよくおじいちゃんが小田原城に連れて行ってくれました。

私は昔から歴史が好きで、小さい頃からお城が好きだったので何となく小田原城の記憶はあります。

小田原城の中の階段が古くてギシギシ言うのが怖くて、おじいちゃんと手を繋いで登っていました。

そんな私の記憶とは一変。

小田原城がかなり新しくなっていました。

内装もキレイで昔と全然違っていて、とても驚きました。

母も「昔と違う!」と驚いていました。

私の子供たちは、私が歴史が好きなのを知っているので「刀見よう!」「鎧見よう!」と私よりはしゃいでいたので、内覧でもかなり楽しめたように思えました。

よく観光地にある記念コインも作って満足気でしたし、お土産を見ているだけでも面白かったです。

総じて、やっぱり小田原城は楽しかったですよ!子どもと一緒でも絶対に楽しめるので、ぜひ機会があれば足を運んでみて下さいね!

Share Button

関連記事

ピックアップ記事

i002

子供がノロ・ロタになっちゃった!二次感染を防ぐ対処法!(準備編)

さてさて、ノロ・ロタの基本的なことがわかったところで、準備編です。 スポンサーリンク  ノロやロタになった時にあると便利なもの …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る