子どもの辞典はどうやって選ぶ?見やすさと子どもに合うものを選ぼう!

子どもの辞典はどうやって選ぶ?見やすさと子どもに合うものを選ぼう!

子どもの辞典はどれも同じじゃない?と思いがちですが、全然違うんです。

私が子供の頃にもあったのかなぁ、こんなの欲しかったなぁ、と思うような素敵な辞典ばかりですよ!!

子どもの辞典はどうやって選べばいいのでしょうか?

スポンサーリンク
 

子どもと一緒に選ぼう

まず初めに、辞典を選ぶ時は出来るだけお子さんと一緒に買いに行きましょう。

辞典は重いからネットで買ってもいいですが、本屋さんにもありますので一度見に行ってからネットで購入することをおススメします。

私も辞典を持って帰るのが大変なので最終的にはネットで購入しましたが、本屋さんに見に行きました。

それぞれの辞典は特徴があるので、お子さんが気に入ったものを購入するのが一番だと思います。

辞典を使うのはお子さんですからね!

 

どの点を考えて購入するか、辞典の選び方

辞典選びに悩んでいる方はどういった点を一番に重視したいかを考えて購入するのがいいでしょう。

 

・辞典の引きやすさ、見やすさ

最近の辞典は子供が辞典を引きやすいように工夫はされていますが、見出しの文字の大きさが分かりづらく文字を引きづらいというものも中にはあります。

お子さんが「これを調べたい」と思った時にパッと調べられるような辞典がいいでしょう。

どんなに工夫されている辞典でも「ゴチャゴチャしていてわからない」ということもあると思います。

情報がきちんと整理してあって、尚且つ文字を探しやすいものがいいでしょう。

 

・辞典の特徴を比べてみる

それぞれの辞典には特徴があります。

掲載されている言葉の数が多いもの、オールカラーのもの、類義語が一緒に並んでいるもの、イラストが多いものetc・・・

それぞれの特徴を比べて買うのも1つの手段だと思います。

全ての辞典が全く同じなら、いろいろなメーカーで売っている意味がありませんからね。

それぞれの会社で工夫して特徴を出しているので、実際にいろいろ見て比べてみましょう。

 

・必要な情報が載っているもの

必要な情報が載っていなければ意味がありません。

どんなに言葉数が多くても、自分が必要としている言葉が載っていなければ意味がないのです。

逆に言葉数が少なくても、自分にとって必要な情報が載っているかもしれない。

そこだけはしっかりと考えたほうが良いかもしれませんね。実際本屋で自分のわからない言葉で引いてみるのもいいかもしれません。

・・・ちなみに大人向けではないので、アダルトな言葉は載ってませんよ~!私は少し残忍な言葉を探してみましたが載っていませんでした。大人は大人の辞典を使おうね!

 

・その他

おじいちゃんおばあちゃんや人からプレゼントされた辞典がある場合はそちらで全然いいと思いますよ!

それはそれで1つの思い出の辞典ですね(^^)

最近購入したものであれば、学校で使う分には問題ないくらいの言葉が載っていますから安心して使いましょう。

 

あと、学校で辞典の斡旋をやっていたり、辞典が決まっているところもあります。

辞典が決まっているならいいですが、斡旋している場合はあくまでも「推奨」しているというだけで絶対にそれを使わなければいけないわけではありません。

しかし、みんな同じものを持っているのに自分だけ別のを持つのも嫌なお子さんもいると思いますので、その点はよく考えてあげてください。

 

また、上のお子さんを持っているお母さんに「どんな辞典使ってる?」と聞くのもいいかもしれませんね。

口コミってけっこう実際に使った感想なので信用できますからね。

もちろん感じ方は個人個人違いますが、参考になると思いますよ!

 

子ども向けの辞典のご紹介

子供向けの辞典をいくつかご紹介!参考にしてみてください。

 

小学新国語辞典 (光村の辞典)

多くの学校で斡旋されているのが、光村教育図書の辞典です。私の子どもの学校でも斡旋されていました。

私が見ていておもしろいと感じたのはイラストですね。「あ、ここでイラストなんだ!」と思うところでイラストがついているのが面白いと感じました。

赤と黒、2色のシンプルな辞典ですが小学校6年間で覚えてほしい重要な単語は赤字で書いてあるなど色分けもしてあります。

割と正統派の辞典なので、学校で使うにはいいかもしれません。

約33,000語収録。

 

旺文社小学国語新辞典

手に取った時に思ったのが「ザ・シンプル」。イラストがあるものの、大人の辞典のようなシンプルな作りです。

しかし中身はすごい。「反対語・同義語・なかま・敬語・表現・熟語・英語」などの、その単語と繋がりのある言葉が書いてあるので1つの単語からいろいろな言葉を学ぶことが出来ます。

将来的に、大人の辞典を購入する時も、この辞典を使っていればすぐに慣れることが出来ると感じました。

学校であまりイラストの無いものを推奨されているのであれば、こちらの辞典がいいかと思います。

約31,000語収録。

 

三省堂 例解小学国語辞典 第六版

まず、辞典のほうでは軽いほうです。低学年のお子さんが使うにはいいでしょう。

また、学校に置いているというところも多いようですね。こちらも正統派の辞典という感じがします。

少しお堅い感じがしますが、その分言葉が丁寧で分かりやすい気がします。

小学校に持って行くには軽いですし、小さなお子さんも扱いやすいシンプルさでいいと思います。

約35,500語収録。

 

新レインボー小学国語辞典 改訂第5版 小型版(オールカラー)

これは非常に特徴が強いです。というのもオールカラーだからです。

全体的に字もポップな感じで、辞典というより本を読んでる気分になります。

子どもなのであまりにお堅いデザインのものだと分かりづらいという方は、こちらのフルカラーのものをおススメいたします。

収録文字数も一番多いので、たくさんの情報がつまっています。その代わり少し重たいので、持ち歩くというよりは家庭で使うといいかもしれませんね。

約37,200語収録。

 

ドラえもん はじめての国語辞典

これは、辞典の入門編です。字が読めるようになる幼稚園から、小学校低学年の子向けです。

6年間使えるかというと、使えないでしょう。

しかし、小学校高学年ではもう大人の辞典を買い与えても良いような気がするので、「辞典って楽しいんだよ!」ということを教えるためにはとてもいい一冊だと思います。

約19,000語収録。

 

我が家で購入した辞典「新レインボー小学国語辞典 改訂第5版 小型版(オールカラー)」のご紹介

我が家で購入したのは新レインボー小学国語辞典 改訂第5版 小型版(オールカラー) でした。

子どもの辞書はどうやって選ぶ?見やすさと子どもに合うものを選ぼう!

辞典の中ではかなりポップなデザインだと思います。

国語辞典と漢字辞典の2冊を購入。

子どもの辞書はどうやって選ぶ?見やすさと子どもに合うものを選ぼう!

なぜ、我が家は新レインボー小学国語辞典を購入したかと言うと、理由はいくつかありますが・・・

・オールカラーだったこと

・言葉とその説明の文字の大きさがかなり違うので、辞典の入門編として読みやすい

・収録語数が多い

・イラストが多い

・しおりの紐が2本だった

ということです。

他の辞典も見たのですが、大人の辞典のようにとてもシンプル。そもそも2色ですからね。

それに比べてカラーだと非常に見やすいのと、フォントの種類、文字の大きさ、文字のスペースが一番見やすく、全体的に文字を探すのにとても最適でかなり好印象でした。

またイラストもカラーのほうが分かりやすいというか、記憶に残りやすいんです。

文字自体は他の辞典と同じく2色程度でまとまっといるにも関わらず、小学生が使うには非常に分かりやすいと感じたためこの辞典を選びました。

息子もとても気に入っています。

難点は重たいこと。学校に毎日持って行くのは大変ですね。

学校には学校の辞典があるため、もっぱら家で使っています。

本を読む感覚で辞典を引けるので入門としては最高の一冊だと思っています。

子どもの辞書はどうやって選ぶ?見やすさと子どもに合うものを選ぼう!

漢字辞典のほうもフルカラーで見やすいんですよね。漢字のなりたちまで丁寧に書いてありますし、「へぇ!この漢字ってこういう風に出来ていたんだ!」というのが大人でも面白いです。

なりたちを覚えると漢字ってけっこう覚えられたりするんですよね。

 

たしかに他の辞典に比べると、子供が集中力を切らしてしまうような作りをされているような気がします。

イラストやカラーはいらない!勉強の妨げになる!という場合は他のシンプルな作りの辞典を使えばいいと思います。

私が今回子供と選んでいて重要視したところは、「辞典を引くのが楽しい!」と子供が感じてくれたところでした。

パッと見、やはり2色だと分かりづらいんですよ。同じ文字の羅列ですから。

文字をこんなに見ることに慣れていないので、辞典を引くことが難しく感じてしまったのですが、この新レインボー小学国語辞典 はすんなりと文字への抵抗なく辞典を引けました。

中学生になったらもう少しきちんとした辞典を買い直すご家庭も多いと思いますが、その前に子供が辞典へ抵抗を持ってしまうことは意味がないと感じました。

そのため、私はこのシリーズを選んだのです。

本当に見やすく作られているので、本屋さんで他の辞典と比べてみると違いがいろいろわかって楽しいと思います。

 

最後のまとめ

最近はみんな電子辞書を使っているようですね。

電子辞書・・・我が家も購入を検討したのですよ。

でもやはり「紙に触れる」という経験は非常に貴重な経験で、スマホやパソコンが流行っている今、余計に本の辞典を買おうと思いました。

ただ、今の辞典って本当に分かりやすい。

私が中学生になってプレゼントされたのは国語辞典、漢字辞典、英語辞典でした。

どれも1色です。黒1色。

まぁ見づらいのなんのってね。

あの頃、今のように見やすく、分かりやすい辞典があったのならもう少し辞典を好きになっていたかもしれないと感じました。

お子さんが辞典を嫌いにならないような辞典選びをしてあげましょう!

Share Button

関連記事

ピックアップ記事

i002

子供がノロ・ロタになっちゃった!二次感染を防ぐ対処法!(準備編)

さてさて、ノロ・ロタの基本的なことがわかったところで、準備編です。 スポンサーリンク  ノロやロタになった時にあると便利なもの …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る