子どもの熱が40度を越えちゃった!子供の熱が高かったら夜間でも救急に行くべき?

子どもの熱が40度を越えちゃった!子供の熱が高かったら夜間でも救急に行くべき?

子どもが熱を出すことはよくありますが、40℃を越える高熱だと心配しますよね。微熱なら元気な子供が、さすがに高熱だとグッタリし始めます。グズグズもひどくなりますし、病院に行くか行かないか悩むところ。

でも熱が出ても焦らないでください!子どもの様子をよく見て、高熱の対処をしましょう。

スポンサーリンク

子どもの熱の原因

熱の原因は様々です。ウイルス感染や細菌感染がほとんどで、いわゆる「風邪」と呼ばれるものですね。

咳や鼻水が出ていれば「風邪だな」と熱が出る理由も納得できますが、喉の風邪というのはなかなかご家庭での判断が難しい時があります。

突然熱が出たけどどうしようとうろたえるのではなく、まず落ち着いて病院に行ったほうがいいです。病院に行けば、その時の症状によってきちんと診察してくれますから。原因不明の熱だと余計に心配になってしまうので、病院に行って熱の原因がわかれば、とりあえずは一安心ですね。

ただ、「先生!熱が下がらないんです!」と毎日のように行くのは少し待ってください。一番初めの診察で原因もわかり、薬も出ているのであれば高熱が出ていても毎日行く必要はありません。

むしろ、体力が弱まっている時に小児科に行くと、他の子の病気をもらって更に症状が悪化してしまうこともあります。焦らずに病院に行く必要があるかを見極めることも大切なのです。

 

子どもが40℃を越えたら病院に連れて行った方が良いの?

40℃を越えたからと言って焦って病院に行く必要はありません。40℃を越えても意識がはっきりしていて、水分がとれるようであれば大丈夫です。

子どもを病院に連れて行くタイミングとしては、

・水分がとれない

・ぐったりして意識がもうろうとしている

・動けないほどの頭痛を訴える

・頭痛により吐いてばかりいる

・起きられない

・寝てばかりいる

・何をしても返事がないくらい衰弱している

・痙攣が続いている

・呼吸困難になっている

上記を目安にしてください。

40℃あって機嫌が悪いのは当たり前。ギャーギャー泣いているようなら元気な証拠です。怖いのは静かな時。とにかくぐったりしている時が本当に恐ろしいです。

子どもの様子をしっかり見て、普段と様子が違う時には必ず受診しましょう。母親の勘は当たります。「やばい!」と思ったらすぐ病院へ!

 

高熱と髄膜炎

髄膜炎にかかってしまうと、後遺症が残ってしまったり最悪の場合死に至ることもあります。体が弱っている時に、血液を通って髄膜へ菌が入り込んでしまうので、それが親としては高熱の時に一番心配なのではないかなと思います。

髄膜炎には「無菌性髄膜炎」と「細菌性髄膜炎」があり、「無菌性髄膜炎」は重症化があまりしないとされていますが、「細菌性髄膜炎」の場合は重症化が懸念されるので、かかりたくないと言うのが本音。

中には「高熱が出るから髄膜炎になってしまう」という人もいますが、それは間違いで「髄膜炎だから高熱になる」と考えたほうが良いしょう。あきらかに様子がおかしかったり、高熱が続くようであれば病院を受診しましょう。

 

一晩くらいなら大丈夫!夜間の救急に行くのはちょっと待って!

昼間に病院を受診した後に、夜になって熱が挙がってくるというのはよくあること。そんな時、どうしていいかわからず救急に行こうか悩む人もいるかもしれません。

ですが、ちょっと待ってください!一晩40℃出たからと言って焦ることはありません。出来る限りの対処をして、受診は次の日にしましょう。

その理由としては、

・夜間の救急に行っても正直あまり大した施術はしてくれない

・救急なので、大きな病気や命に危険がある人が運ばれてくる可能性があり、待ち時間が長い場合がある

この2点です。

 

まず、夜間の場合検査するところが全部しまっているので「検査できないから明日来てね」と言われることが多いです。小さい病院ならやってくれることもあるようですが、大きな夜間病院だとほぼ検査してもらえません。せいぜい解熱剤を出されるか点滴する程度で終わります。

あまりにもグッタリしたり、吐いたりと、様子がおかしいのであればそのまま入院ということもありますが、どちらにしても検査は明日以降と言われる場合がほとんど。結局、夜間の救急に行ったけど対処もしてもらえず何しに行ったんだろうと思う事が多々あります。次の日また病院に朝一で行くなんて二度手間ですよね。

また、救急なので本当に命に危険がある人が運ばれてきます。重症な病気の人も来るかもしれません。上記でも記述しましたが、体力が落ちている時に他の患者さんと接触することで、病気が移り更に悪化してしまうこともあります。そういったデメリットを踏まえた上で、本当に病院に行くべきなのかを考えたほうがいいと思います。

 

高熱が出ている時の対処法

では、高熱が出ている時に家庭で出来る対処方法はどんなものがあるのでしょうか。

・水分補給

・汗を拭いてあげる

・首の後ろを冷やしてあげる

・食べたいものを食べさせてあげる

・全力でゴロゴロすること

 

水分補給

熱が出た時に一番大切なのは水分補給です。水分補給をしなければ、脱水症状熱中症に似た症状となり熱が全く下がりません

熱がなかなか下がらないと言う時、大体水分をとらせていない時が多いような気がします。水分を頑張ってとらせると、熱の下がり方が違いますよ。

水分をとる際には、出来るだけ塩分を含んだものがいいのでOS-1などの経口補水が望ましいですが、OS-1は少し苦手というお子さんであればお茶やスポーツドリンクと一緒にしょっぱい物を一緒にとることをおすすめします。

我が家ではスポーツドリンクと昆布茶を交互に飲ませたりします。韓国のりや塩昆布や梅干しもいいですね。塩分の過剰摂取はよくありませんが、体に水分がない状態が一番恐ろしいので、塩分と共に水分をとるようにしましょう。

 

汗を拭いてあげる

高熱の時は熱さで汗が出てきます。その汗を拭いてあげるだけでも、体温は少し下がると言われています。

高熱が出ている時にお風呂はNGと言われていますので、なかなかお風呂に入れないことも多いでしょう。そんな時は体を拭いてあげて、下着やパジャマもキレイなものに替えるだけでも、スッキリとして熱も多少変化します。

熱が出てからずっと同じ衣類を着ているのではなく、こまめに汗を拭き、着替えさせてあげましょう。

 

首の後ろやワキの下を冷やしてあげる

夏の熱中症対策でも首の後ろやワキの下を冷やすといいと言われていますが、熱がある時も同じこと。子供の体が熱い時は、熱を下げるために首の後ろやワキの下を冷やしてあげることで、太い血管が冷やされ、体温が下がりやすくなります。

もちろん菌が存在する限り熱は出てしまいますが、多少体温を下げてあげることで子供は楽になるため、少しでも熱を下げて体を楽にしてあげましょう。

その時、「冷えピタ」を使う人がいますが、冷えピタは正直あまり効果はありません。高熱の時は焼石に水です。あんな薄っぺらいシートはすぐに熱くなってしまいますよ!出来れば冷やした保冷剤や氷などにタオルを巻いて冷やしてあげたほうが効果的です。

 

食べたいものを食べさせてあげる

熱が出ると、熱を下げるためにエネルギーを使います。そのため、何も食べられなければどんどんエネルギーがなくなり、体力が落ちてしまうのです。

熱が出ているからお菓子はあげない・・・というのではなく、その時食べれるものを食べさせてあげることが大切だと、私の行きつけの小児科の先生も言っていました。

アイスが食べたいと言うのなら、「熱が出てるからダメ!」と言わずに食べさせてあげましょう。

また、薬を飲む時も胃に負担をかけないように、ある程度胃に食べ物を入れておいたほうがいいという理由もあります。とにかくご飯を食べなさいと言っても熱がある時は難しいと思うので、食べれるものを少しずつ食べさせてあげることが一番いいと思います。

 

全力でゴロゴロすること

前述しましたが、熱が出ている時、体はウイルスと戦っている状態です。それってものすごくエネルギーを使うんですよ。

「風邪の時は寝ていなさい」というのは、このためですね。余計な体力を使わずに、お布団で大人しくしていることでエネルギーの消費を減らし、全力で体の中のウイルス退治を行うためです。

家事をやらなくてはいけないから、熱がある子供を遊ばせていることはありませんか?出来れば、お布団の上で大人しくゴロゴロしていることが一番ですよ。子供の病気の時に家事が出来なくても仕方がない事。兄弟や旦那さんのご飯は簡単なものでもいいじゃないですか。子供は熱が出ると不安なのでお母さんに甘えてきます。ここぞとばかりに甘やかして、ついでに看病で疲れているお母さんも一緒にゴロゴロしちゃいましょう!

 

熱が高すぎると解熱剤も効かないけど、何度も解熱剤を使うのはNG!

熱がある時に病院に行くと、解熱剤を出してくれます。座薬なり飲み薬なり。しかし、熱があるからと言って用量・用法を守らずにガンガン飲ませることは絶対にやめてください

というのも、「熱」というのは、体の中でウイルスを退治しようと免疫機能が必死に頑張って戦っている証拠。高熱が出た後は、戦いが終わり次第、熱が下がるだけなんですよ。

高熱の時は特に「解熱剤が効かない!」と思う人もいるかもしれませんが、0.5度下がっていれば効いているんですよ!40℃→39℃になって「効かない!」というのは違います。効いているんです。ただ、体が頑張ってウイルスを退治しようと頑張っているために下がる率が少ないだけなので体が戦っているいる証拠なのです。

解熱剤は薬をもらう時に説明を受けると思いますが、用法としては、

・38.5℃以上

・一日3回まで

・6時間をあける

・子どもが38.5℃をすぎても元気であれば使う必要はない

ということになっています。そのため、「解熱剤を使って1時間経っても熱が下がらないからまた使う!」ということは絶対にやめてください。解熱剤の副作用で最悪の場合死に至るケースもあるようです

「熱が下がったのが1時間だけだった・・・次の解熱剤を使っていい時間まであと3時間もある・・・」と悲しむのではなく、「今この子の体は戦ってるんだ!頑張れ!」と前向きに応援してあげられるくらいの余裕をもったほうがいいですよ。

子どもの熱が高いと寝られなかったり、何も出来なくてお母さんが疲れてしまいます。お母さんが疲れるから解熱剤を飲ます・・・というのはまた違いますよ。高熱でも元気であれば解熱剤を使う必要もないんですから。

とはいえ、グズグズなのは大変なお気持ちもよくわかるので、子どもの状態を見て、用量・用法をしっかりと守って解熱剤を使いましょう。

解熱剤は一時的に熱を下げてくれますが、病気を治してくれる薬ではありませんので、そこは覚えておいてくださいね!

 

風邪薬よりも、結局は子供の治癒力を信じるしかない

子どもの熱が40度を越えちゃった!子供の熱が高かったら夜間でも救急に行くべき?つい先日、うちの子も熱を出しました。40℃越えましたので、体温計の写真を撮りました。うちはわりと喉からの風邪の時は40℃を越えやすいのですが、ほとんど解熱剤を使いませんでした。

40℃を越えた時はさすがにグッタリしていたので2度くらい使いましたが、あとは使ってないので病院でもらった解熱剤が余っています。

結局は、「解熱剤に頼る」のではなく「子どもの治癒力を信じてあげる」ということが一番大切なことなのではないかと私は思います。

熱が出ている=子供の体が菌と戦っているという証拠なので、いつも子供の隣で「がんばれー!体がんばれー!」と応援したりしているだけ。解熱剤は本当に子供がつらく、自分で「飲む」というまではあげない。そう決めています。

私が子供にやることと言えば、水分をいつもよりも多くとらせることです。もう何も食べなくていいから水分をとれ!と飲ませる。水分をとると、治りが早く感じるので(あくまでも私の感覚でいうと)先日40℃を越えた次の日には、もう熱が微熱まで下がっていましたよ!

飲んで寝て大人しくしていることが、熱を下げる一番大切なことかなと思います。

赤ちゃんであれば話せない分心配も多いと思いますが、感情豊かでミルクを飲んでくれるのであればとりあえずは落ち着いて看病していいと思います。とにかく焦って薬を使いすぎるのが良くないと思うので、判断は適切に!

 

最後のまとめ

私は過去に2度、高熱で「ヤバい」と感じたことがありました。その時は、両方とも入院になっています。

一度目は上の子が熱を出した時、激しい頭痛と嘔吐、それから痙攣を起こし、意識がもうろうとしていた時です。とにかくぐったりして、その辺でもすぐに寝てしまう(床で寝たりしてました)くらい体力が落ちてしまっていた時「あ、これはヤバい」と思いました。動けないのでベビーカーに乗せて病院に行きました。そしてそのまま入院。髄膜炎の検査~の流れでしたね。

二度目は下の子が40℃の熱が1週間下がらなかった時。その時は病院の血液検査で白血球の値がとにかく異常なほど上がってしまっており、大きな病気を疑われてすぐに入院になりました。その時もあまりにも熱が下がらないのでドキドキしました。

子育てをしていると、病気は大きな壁だと思います。自分の子どもにはずっと元気でいてほしいと思いますもの。ただ、だからと言ってなんでもかんでも病院に連れて行く必要があるかと言ったらそうではありません。病院に行って長い待ち時間を過ごすよりも、家でゆっくりと療養させてあげることが大切な場合もあります。

その辺をしっかりと見極め、高熱にも焦ることのない冷静なお母さんでいたいものですね。

Share Button

関連記事

ピックアップ記事

ノビーノ21種のやさいを子どもと一緒に食べたレビュー!お菓子感覚の甘いタブレット錠で野菜嫌い解決!?

ノビーノ21種のやさいを子どもと一緒に食べたレビュー!お菓子感覚の甘いタブレット錠で野菜嫌い解決!?

先日、家庭訪問の時に先生に言われました。 「お子さんの野菜嫌いがひどすぎて、よく学校で給食を吐きます」 ええ~~~~!?家でも野…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る