子どもにスマホを持たせる心配・犯罪から子どもを守るにはどうすればいいのか考える

子どもにスマホを持たせる心配・犯罪から子どもを守るにはどうすればいいのか考える

狩野英孝さんが女子高生との淫行疑惑ということで世間が騒いでおります。

実際、今回のような未成年の子どもとのトラブルはよく発生していることで、芸能人だからたまたまニュースになるというだけですよね。ニュースにならない事件ならいくらでも起こっているのです。

こういったことにならないために、スマホやSNSからの子どもの事件への関与についてどうしたら防げるのでしょうか。子を持つ親として考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも、携帯電話の普及によって爆発的に増えた未成年のトラブル

1b6577

携帯電話のない時代には、街でウロウロしている未成年に声をかけるしかなかったので、夜遅くまで遊んでいる未成年以外は今よりも大人との接点はなかったように思えます。

しかし、今は当たり前のようにスマホを持っている時代なので、知らない人との連絡をとりやすく、いくらでも事件に巻き込まれる可能性があります。

出会い系はもちろん、SNSなどで知らない人と連絡をとるうちにその人のことを分かったような気持ちになって親しくなったと思い込む。そうして実際会ってトラブルに巻き込まれるというケースもあるのです。

スマホの普及によって事件が増えたとは言え、与えないわけにもいかないのが現実です。実際連絡をとったりするには便利ですし、みんなが持っている中で自分だけ持っていないというのもかわいそうですし。

高校を卒業するまではスマホを持たせないと徹底すべきなのか、悩むところではあると思います。スマホを与えないという選択肢も1つですが、高校を卒業したらどちらにしても持つと思いますし、子を持つ親であればずっと悩むことではあるかもしれませんね。

 

実際の私の経験

私が高校生の頃はPHS(ピッチ)が普及していたのでPHSを高校生の時に持っていました。また、私はパソコンを与えられたのがとても早く、高校生の時には自分のホームページを開設していたのでパソコンも自分だけのメールアドレスも持っていました。

そんな中でやっぱり私も「出会い系」に手を出しましたよ。ほんと、今では自分でもくだらないと思うのですが、当時はね・・・

中高生の時って一番異性に興味があるのかなぁと。私は別にそこまで男性が好きで遊びまくっていたタイプではないのですが、実際旦那さんとしかお付き合いしたことない真面目な女なんですけどね…。

やっぱり高校生の時の私は、周りが彼氏の話をしているのがうらやましくて彼氏が欲しいと思いました。だから出会い系に手を出しました。

結局、小心者の私は怖くて会わずにメールのやりとりだけで終わったのですが、若い時ってホント何を考えているんだか。こういうの平気で手出しちゃうんですよね。確かに彼女が欲しい人、彼氏が欲しい人が募集をかけて希望が合えばいいんだろうけど、恋愛ってそうじゃないですよね…。

ただの興味本位もあって、若い頃はネットで知り合った人と平気で会おうってなっちゃうんですよね。だから子供たちの気持ちがわからなくもない。というか、わかる。思春期には大人にならないとわからないことをたくさん経験したくなる時。

TwitterやInstagramなど、顔写真を載せている人はますます親近感が増して、会う会わないなんて話に簡単になってしまうかもしれませんね。

 

どうすれば子どものネットでの出会いを防げるか

46e2d

正直、これは一番難しいと思います。私自身、親に内緒でやっていましたから。子どもとは言え、全ての内容を把握することは一番難しいと思います。

また、今はLINEで告白をする時代です。先ほども言いましたが、TwitterやInstagramなどで会った事はないけれどお互い顔を知っている、親には言えないことをネットで呟いでいるので家族よりもSNSの人のほうが自分を理解してくれていると感じた時には、子どもは平気でネットで出会った人と会う事もあるでしょう。

学生同士ならまだ出会いの1つなのかもしれませんが、やはり未成年と大人が出会うとなると話は別です。体の関係を持ってしまったら犯罪になりますし、自分の子どもがネットで知り合った大人とそういう行為をしていることは嫌ですよね。

ネットでの出会いが充実している中で、私たち親が出来ること。それはやはり、

危機感を持たせること

でしょうか。

ネットから発生するストーカー殺人なんていうのもありますし、いかに顔も知らない相手と出会うことが危険なことかを教え、恐怖心を与える…これくらいが親が出来ることかと思います。

「みんなやっているから」という世の中なので、危機感なんて持たせることも難しいかと思いますが、それでも”危ないことは危ないと伝える”ことは非常に大切なことだと思います。

異性との出会いにとても敏感な世代でも、親子のコミュニケーションをしっかりととり、何か会った時に子どもが何でも話してくれるような関係を築くことが出来たなら少しはこちらが心配するようなことも減るかもしれませんね。

 

SNSで子どもをフォローするくらい仲良しになろう

子どもがSNSにハマる理由がわからない…と言う方はいっそのことご自身もSNSも初めてしまえばいいと思いますよ!

TwitterやInstagramは誰でも登録できるサービスなので、子どもを理解するためにも一緒に楽しんでしまえば子どもとの仲も深まるかもしれませんね。

嫌がるかもしれませんが、子どもをフォローしちゃえば交友関係も見えてくるかもしれませんし。

「監視」ではなく、コミュニケーションの1つとしてSNSを楽しんで、子どもへの理解を深めていくことも1つの手段なのかなと思います。

そのうち「親がフォローしている」というのも子どものネタになるかもしれませんよ…!(実際親との面白いSNSのやり取りを本にしている方もいるくらいなので!)

 

最後のまとめ

今回の狩野さんの件は、お相手の女子高生の方の親御さんもどうしたんだろうと思いました。半同棲?してた?みたいな報道がありますが、そうなると子どもが帰ってこないってことですよね?

まぁ高校生にもなると言う事を聞かせるのも大変なのかもしれませんけどね。各ご家庭の事情もあるでしょうし…。特に有名人とお近づきになりたいという気持ちは大きいですものね。

だからこそ、我々大人がしっかりしないといけないんですが、欲求に忠実になってしまうとどうなるかわかりませんので、子どもにもしっかり危機感を持たせましょうね。

援助交際とか簡単にできちゃうみたいですよ…SNSって本当に恐ろしい。

思春期の好奇心に勝てるように、ネットよりもっと楽しい事に出会ってくれれば一番いいなと思ってしまう出来事でした。

Share Button

関連記事

ピックアップ記事

子供の日焼けに注意!肌質を見てしっかりとケアしてあげましょう!紫外線は怖いよ~

子供の日焼けに注意!肌質を見てしっかりとケアしてあげましょう!紫外線は怖いよ~

紫外線の多い季節!ご自身はしっかりと日焼け止めを塗ってケアしていると思いますが、お子さんはいかがですか? 子供は健康的に真っ黒のほうが…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る