妊娠線?出来なかったよ!私が妊娠線が出来なかった理由と予防方法

i012

妊娠線って出来ましたか?私の友だちにも出来た人がいたんですが、痛いらしいですね!皮膚が割れるもんだから、妊娠後期はヒーヒー言ってたよと言ってました・・・恐ろしい・・・(((;゚д゚)))

私はというと、妊娠線が一切できませんでした。お腹は綺麗!痩せたらビキニも着れちゃう。(痩せればね・・・痩せれば・・・)

私が妊娠中に必死に頑張った妊娠線の予防方法と、産後のケアについてお話します。
スポンサーリンク

妊娠線が出来る原因

これはあきらかですね。

・体重が増えるので皮膚が伸びる
・ホルモンバランスが崩れ皮膚が硬くなる

上記の理由からです。

妊娠線は何も妊娠したからと言って出来るとは限りません。「肉割れ」です。つまり肉割れ=妊娠線です。急に太ると皮膚がそれについていけないんですね。なので表皮が割れてしまうんです。そこから肉割れができます。
ちなみに私はお腹には肉割れはないですが、ふくらはぎには肉割れがあります!なんてこった!これは学生の頃からあります。私が正座が好きなばかりに・・・(ノД`)モデルさんのお母さんは子供に正座させないと言いますし、正座には気を付けないといけませんね。

脱線しましたが、この「肉割れ」を作らないためにどうすればいいのかということです。私はふくらはぎには出来たといいましたが、お腹のケアはしっかりしていたので出来ていないのです。きちんとケアをすれば防げるので、妊娠が発覚したらまず妊娠線を予防するためのアイテムを購入して備えましょう!

 

妊娠線が出来る人、出来ない人

はっきり言って、私は妊娠線が出来づらい人に分類されると思います。なぜなら私は、マッサージ師さんに「全身おっぱい」と言われたくらい皮膚が柔らかいからです。皮膚が柔らかい=伸び率がいいので妊娠線が出来づらいんですね。

しかし、私の母や友人はバリバリ出来てました。妊娠線は一度出来たら治らないものなので、そのまま白い細かい線がお腹に残ってしまいます。私の母はもう産後27年経ちますがいまだに妊娠線がすごいですもんね。まぁ母の場合双子がお腹に入っていたので他の人よりは負担も大きかったと思いますが、母に「妊娠線何とかしようと思わなかったの?クリーム塗らなかったの?」と聞いたら「当時はそこまで気にしてなかったし、そんな情報なかった」と言われました。なるほど、じゃあ今はネットが普及してこうして妊娠線が出来ないように予防しましょう!って言ってるサイトもあって、今の人はとても恵まれてるんだなと思いました。

また脱線しましたが、せっかく情報を手に入れられる時代になったので、予防を頑張っていきましょう!ちなみに私の母も友人も共通することは「皮膚が硬い」ことです。特にうちの母はかなりの筋肉質で皮膚がめちゃくちゃ硬いです。皮膚が硬いとどうしても伸び率が悪いのでどんどん表皮が割れてきてしまうんですね。そうならないためにも保湿をしっかりし、皮膚を柔らかくしていくことが大切なんです。

妊娠線が出来やすい人:皮膚が硬い人
妊娠線が出来づらい人:皮膚が柔らかい人

自分のお腹や二の腕の皮膚を引っ張ってみましょう。伸び率が良ければ皮膚が柔らかい人ですが、全然伸びない人は人一倍ケアをしっかりと行っていきましょう。

 

妊娠線を予防しよう!妊娠線予防クリーム

さあ、妊娠線を予防していくために塗るクリームを選びましょう。ちなみに私のお話をすると、最初は「ナチュラルマーククリーム 470g」を使っていました。私が妊娠していた当時、雑誌でも取り上げられていたクリームです。

470gということで量もありますし、たっぷり使えるのですが、何と言ってもコストパフォーマンスがね・・・
470gのこのサイズで約8000円。妊娠してつわりもひどくて仕事を辞めた私には正直きつかったです。塗ってみて、とてもしっとりする感じがあり、いいものだとは思いましたよ。思ったけど、続けられるかというと私には難しかったです。
この量で3ヶ月くらいはもちました。でもこれで3ヶ月もったところで、妊娠期間と、産後のケアまで考えたら2~3回購入しないといけませんもんね。3回買っても2万4千円・・・(o゚ω゚)チーン
→追記:現在は120gという少量でも販売しているみたいなので、価格が気になる人はまず小さいサイズから買うのもいいでしょう!

それでも長男の時は「ナチュラルマーククリーム」と「ニベア」を併用して使ってなんとか乗り切りました。
そして、次男の時に使っていたクリームはこちら。

これは元々母が使っていたものです。匂いがとても好きで私も使うようになりました。妊娠中っていろんな匂いが気になるので、キツイ匂いが嫌いな人はちょっとこれは合わないかもしれません。
なんと言ってもコスパがいい。500mlも入っててこの値段。うーん、というか久しぶりに見て驚いたのですが、昔より値段が下がっている∑(゚ω゚ノ)ノ 私が買ってた時は3000円くらいだったんですよー。安くなったものだ・・・。ただ、これは特に妊娠線予防のために作られた商品ではありません。普段使い出来るボディクリームです。
私は一度目の妊娠で妊娠線が出来づらい体質であることがわかっていたので、コスパのいいこのクリームを選んだんです。たっぷり塗って保湿していました。

もし皮膚が硬く、妊娠線が出来やすいと感じているならオイルを使ってみるのもいいと思います。私の友だちはオイルを使っていました。薬局でも売っている「ベビーオイル」を塗ってマッサージしている子もいました。オイルの浸透性も注目されているので、ぜひ検討してみてください。

上記は最近話題の妊娠用のオイルで、私の友人も使っていてとてもいいよ!と言っていました。ただ、100mlと量はそこまで多くありません。オイルなので伸びますが、コスパ重視の人にはどうかなと思います。

まぁ妊娠線を本気で予防したい人はお金をかけること!という意見もありますけどね。

別に誰に見せるわけでもないからいいという友達もいますが、もしどうしても妊娠線を作りたくないのであればやはり良い物を選ぶことが得策ですね。

 

妊娠線用クリームを使う時期

これは早ければ早いほどいいです。早く保湿し、皮膚を柔らかくすればするほど皮膚の伸びもよくなりますから。よくお腹が大きくなってきたからそろそろ塗ろうかな~って人がいますが、それでは遅いです。保湿をしっかりとすることにより皮膚がどんどん柔らかくなってくるのに、お腹が大きくなってきてからつけてもすぐに皮膚が柔らかくなるわけではありません。こういうのは日々の積み重ねなんですよ。

私の場合は妊娠が発覚してからすぐにクリームを購入し塗っていました。母のお腹の妊娠線を見ていたので恐ろしくて仕方がなかったんです。「妊娠したらお母さんみたいになるの!?」って子供の頃から思っていましたからね。あんなにボコボコのお腹になるのだけは避けたかった。なので、すぐにクリームを塗って毎回予防しています。本当の勝負はもう始まっているんですよ!

よく妊娠中は葉酸を飲むといいと聞きますが、葉酸が身体に溜まるのは3ヶ月後といいますよね?本当は妊娠前から飲んでいた方がいいんです。それと同じでクリームも塗り続けることで皮膚の硬さが変わってきます。どうしても妊娠線を避けたいと思っているなら、ぜひ妊娠発覚してから、むしろ妊娠を考えている時期から使っていくといいと思います。

 

産後にもぜひ使ってね

IMG_4063

産後って子供が産まれて忙しくて全然クリームを塗ったりなんて出来ないのですが、ぜひ産後にもケアを続けてほしいです。
なぜなら、産後はすぐにお腹の大きさって戻らないですよね?徐々に時間をかけて体型も戻ってくるのです。そんな時期にクリームを使うのをやめてしまったらどうなると思いますか?皮膚が硬くなり、負担がかかった部分が一気に妊娠線が出来てしまいますよ。

また、妊娠線が出来てしまった場合も、クリームを塗り続けて皮膚を柔らかくしてあげることで、少しずつ妊娠線が目立たなくなってくるんです。全てが消えることはないです。ただ、薄くはなります。やっぱり保湿って大事ってことですね。お肌がどんどん変わってくるんですから!

私は特に胸にも塗ることをおススメします。産後の授乳で胸も大きくなるんですよね。胸も容赦なく肉割れしますから。赤ちゃんが吸うので気になる方は横のほうだけでもいいので塗ってケアしてあげるといいと思います。

産後が忙しくて大変なのはわかりますが、少しでもいいから自分のケアもしっかりしてあげると後々の為になりますよ。芸能人なんて身体のために毎日ケアしてるんですから。妊娠線が出来ないようにも必死ですしね芸能人。クリームの香りで癒されることもあると思うので、余裕があればぜひケアしてくださいね!

 

私の妊娠線の無いお腹を見せちゃうよ

見たくない!という方は回れ右でお願いします!

妊娠線

これが、2人出産した後の私のお腹です。妊娠線ないでしょう?

ちなみにこれ2年くらい前の写真ですかね。ダイエットした時の写真あったので、「あ、そういえば」と思い出して今こうして載せてみてる。ダイエットしてないと大体ぽっちゃりです。

友だちは「妊娠線できたからもう一生お腹見せれない・・・」と嘆いている子が多いですが、私は妊娠線出来てないので、ダイエットすればお腹見せれます。ってくらいお腹キレイです。

妊娠線を残さないためには、「皮膚を柔らかくすること!」ですよ!妊娠線の残らないキレイなお腹にするために、ケアを頑張りましょう~!

 

最後のまとめ

妊娠線が出来るから出来ないかは、体質も大きいところです。いくらクリームをつけて予防しても、どうしても皮膚が柔らかくならない人もいます。私の友だちも頑張っていたのにダメだったと嘆いていました。皮膚が硬いのは体質だから仕方がないとはいえ、努力が報われなかったことは悲しいですよね。

でも、その努力を無駄だったと思わないでください。その「綺麗でいたい」という気持ちが大切なんだと私は思います。お腹なんて見えないですよ本当に。温泉に行ったってそんな人の身体をじろじろ見る人なんていませんし。見られるとしたら家族くらいなものでしょう。

妊娠線は私の勲章!と私の母は言います。その通りだと思いますよ。私がそこにいたから出来たんですものね。その妊娠線を見てどうしても感謝せずにはいられません。

あまり神経質になりすぎるのも良くないと思うので、妊娠線が出来たら出来たで気持ちを切り替えてどーんと構えていきましょう!昔はこんなクリームなんてなかったんだから妊娠線できまくりだったと思いますし、80歳のおばあちゃんになってしまえばお腹の肉もたるんでシワなんだか妊娠線なんだかよくわからなくなりますから。世の中の女性みんなそうなりますから。

気にし過ぎは良くないけど、今出来る限りのことをしてみよう!というのが私が伝えたかったことです。おおらかな気持ちで、自分のリラックスタイムくらいの気持ちでケアをしていくのが一番いいと思います!妊娠中のお母さん、頑張れ!

Share Button

関連記事

ピックアップ記事

女性のミカタやすらぎ編

生理前にイライラ・鬱っぽくなる人は女性のミカタやすらぎ編で改善!PMSココロ用サプリ

多くの女性が経験する月経前症候群(PMS)。30代の出産経験のある女性が一番症状が重いとされています。 生理前になるとイライラがひどく…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る