ADHDの子に最適なカバンとは?子どものカバン選びはその子に合わせたものを選ぼう!

ADHDの子に最適なカバンとは?子どものカバン選びはその子に合わせたものを選ぼう!

子どものカバン選び、どうしてますか?

学校で指定のものがあったとしても、習い事や何かのイベントの時にはカバンが必要ですよね。

また、学校へ持って行くカバンが自由という場合でも、子どものカバンは慎重に選んだほうがいいですよ。

自分の子にはどのようなカバンが合っているのか、一度考えてみましょう。
スポンサーリンク

おおざっぱ?慎重派?子どもの性格に合わせたカバンを選ぼう

子どものカバン選びも大変ですよね。デザインだけで選んでしまうと「あれ?意外と入らない・・・」ということもありますし、逆に機能性で選んで可愛くないから子どもが嫌がったり…。カバンも結構値段がするものなので「これいい!」と思っても予算オーバーだったり。

なかなか希望に合うカバン選びは大変だと思います。

学校で使うにしろ、習い事で使うにしろ、子どものカバンは以下の点を考えて購入しましょう。

・学校や習い事で必要な分の荷物が入るか(学校では特にA4サイズのプリントが入るか)

・子どもが整理整頓が得意ならポケットが多めのものを選んであげる

・子どもが整理整頓が苦手ならポケットが少ないものを選んであげる

・軽さ

・デザイン

・価格

・機能性(防水、2WAYなどの切替可など)

もちろん全てが完璧なものにはなかなか出会えないと思います。

最低限、使う時にきちんと荷物が入るものを選ぶようにすれば、あとは消去法で妥協していくことも大切です。

 

また、一番大切なことは、「子どもが気に入るかどうか」です。だって、子どもが使うんですもの!

いくら機能性がよくても、価格がよくても、子どもが「気に入って楽しく持って行く」ことが出来なければ意味がありません。ご自身でも気に入らないものを持ち歩くのは嫌じゃないですか?ピンクのフリフリが好きな人に迷彩柄のカバンを渡してもストレスが溜まるだけ。女子は特にこだわりが強いかも…。

子どもが楽しく持ち歩けるカバンであれば、多少機能性が優れなくても、自分でなんとか工夫して持ち歩くと思います。ポーチを買ってあげたり、ポケットを縫ってあげたりも出来ますしね。

特に小学生であればこだわりも出てくる時期だと思いますので、出来れば親が勝手に買うのではなく、子どもと一緒に選んであげて、その際にいろいろとアドバイスをしてあげると良いのではないでしょうか。

 

ADHDの子には小分けにするようなリュックは絶対にダメ

我が家の息子もADHDなのでよくわかるのですが、ADHDの子の特徴として

・忘れっぽい

・片付けが苦手

という点が見られます。

もちろん人それぞれ症状は違うのですが、大体ADHDの子は自分の好きなこと以外は得意ではありません。

片付けが得意な子ならいいのですが、ADHDの子は大抵片付けが苦手な子が多い傾向にあります。

そのため、「ポケットのたくさんついている、小分けに出来るようなカバン」はなるべく避けましょう。

というのも、「どこに何が入っているかわからなくなってしまう」からです。

「どこいれたっけ?」「ここかな?」「こっちじゃない・・・」と探してしまい、わけがわからなくなってしまうようであれば、全く意味がありません。

ADHDの子には、小さなポケットなんて必要ありません!小分けのポーチも必要ありません!

全部いっしょくたに入れて、いっそのこと探し物はカバンをひっくり返して見つけるくらいがちょうどいいのです!

「苦手なこと」をあえてやらせてもADHDの子には無理です。なぜならそういう障害だから。

その辺を理解してあげて、ポケットが少なく、全部モノが入れられる大き目のリュックを購入してあげることがADHDの子には一番いいのかもしれません。

 

我が家のカバンのご紹介

1、2年生の時にはランドセルを使っていたのですが、ランドセルって結構重く、そして意外と量も入らないんですよね。

ADHDの息子は、いつもカバンに入らないものを別の手提げ袋に入れて持って帰ってきたりしていたのですが、手提げ袋を忘れるわ、引きずって穴が開くわで大変でした。

3年生になったのを機に、以前から習い事で使っていたリュックを学校用におろし、習い事用は新たに大きなバックを買ってあげたところ、これが大当たり。

リュックが軽いため、以前よりも肩が楽になった。

かなり大きいリュックなので、何でもカバンに入れて持ち歩ける。

そう言って喜んでおりました。本当に大きいので、お習字セットも入ってしまうんですよ!忘れ物が多い息子は、とにかく全てをカバンに入れることで、かなり忘れ物が減りました!

1年生の頃はみんなランドセルと聞いていたのでランドセルを用意しましたが、基本的にカバンは自由な学校なので最初からリュックで良かったかもしれないなと思いました。

IMG_9511IMG_9503

実際に息子に背負ってもらいました。

小学生にしては大き目ですが、これくらいしないと教科書が入りません。

以前使っていたランドセルはA4対応じゃなかったので、子どもがいつも「プリントが入らない」と怒っていたので、大きくしてかなり快適になったようで良かったです。

それから、デザインも、息子のお気に入りです!学校で使ってる子は1人もいないし、目立つのでクラスで話題になったみたいですね~。それが嬉しかったようで、このカバンにして良かった!と子どもが喜んでくれたことが一番私にとっても良かったことかもしれません。

 

最後のまとめ

ちなみに、私自身は小分けにするものことが大好きで、ポケットの多いカバンに更に小さなポーチで小分けをしているので、子どもにも「小分けできるようにポケットたくさんあったほうがいいよね!」とポケットのたくさんあるものを買い直そうとしていました。

しかし、特別支援学級を受け持っている母から「ADHDの子にはポケットのたくさんあるカバンはやめたほうがいい」と言われたことと、息子にも「ポケットがあるとどこになにが入っているかわからなくなるから、今の大きなこのカバンのままがいい」と言われ、ポケットのあるカバンの購入はやめました。

その時に、「ああ、人それぞれ合ったカバンがあるから、ちゃんと子どもに合うカバンを買ってあげないとダメなんだな」と思ったのです。

忘れ物が多かったり、逆にもっと小分けにしたいのに小分けが出来なくてイライラしているような子には、もう一度お子さんと相談して新しいカバンを買ってもいいかもしれませんね!

Share Button

関連記事

ピックアップ記事

女性のミカタやすらぎ編

生理前にイライラ・鬱っぽくなる人は女性のミカタやすらぎ編で改善!PMSココロ用サプリ

多くの女性が経験する月経前症候群(PMS)。30代の出産経験のある女性が一番症状が重いとされています。 生理前になるとイライラがひどく…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る