【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!

【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!

簡単に栄養を補給できる食品として昔から定番である青汁。我が家では、息子も私も青汁が好きなので、様々な青汁を試していますが、今回注目したのは「HappyMagic(ハッピーマジック)」という青汁です。

ダイエット商品として、女性の間では人気なようですが、「栄養補助」として考えるのであれば小さなお子さんでも非常に飲みやすくなっています。

今回は、ハッピーマジック青汁を「栄養補助」という観点から、子供向けの飲み方を徹底的にご紹介します。
スポンサーリンク

ハッピーマジックとはどんな商品?

女性のダイエット用として主に有名なハッピーマジック。そのため、女性が飲みやすいように甘めに味が整えられています。そのため、女性だけではなく、お子さんにも口当たりがよく、非常に飲みやすい青汁となっています。

青汁の中には、どうしても苦味が残っているものもありますが、ハッピーマジックは甘めなので、美味しくいただけます。

 

ハッピーマジックの栄養価

ダイエットに「置き換えダイエット」というものがあります。1食分を何か他の栄養補助食に置き換えてカロリーを抑えるというダイエット方法です。

私もよく青汁やプロテインで置き換えダイエットをするのですが、1食分を置換するとあって、非常に栄養価が高いです。

ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB12

ビタミン類だけでもこんなに豊富!

ビタミン類の中には、熱で溶けてしまうものや、水で溶けてしまうものなどがあるので、調理の最中にビタミンが減り、どうしても栄養不足になりがちです。野菜嫌いのお子さんであれば特に、ビタミン摂取は難しいところ。

しかし、ハッピーマジックのように栄養補助食品を使う事で、子どもの栄養を補えるのであれば、毎日でも飲ませてあげたいですよね。

 

また、青汁といえば欠かせない主成分が緑の野菜…。苦味の原因ですが、これが非常に栄養価が含まれているんです。

大麦若葉
大麦若葉はほとんどの青汁にも使われているくらい栄養価が高く、大麦若葉だけでもビタミン・ミネラル・食物繊維が非常に豊富
クマザサ
クマザサもビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で、便秘の改善や、現在はがん予防にも効果が期待できる
桑の葉
カリウム・カルシウムが豊富で、子どもの骨粗しょう症や、成長の発育を促す効果が期待できる。また食前に摂取することで、カロリーの過剰摂取を防いでくれる

ビタミンとれるということは、今や栄養補助食品としては当たり前ですが、カルシウムが豊富で、子どもの骨の生成にもいいのは嬉しいですよね!子どもの成長を助けるという面では、ハッピーマジックは充分な働きをしてくれます。

 

ハッピーマジックの種類

現在、ハッピーマジックには2種類の味があります。

それが、ハッピーマジック赤ハッピーマジック白です。

【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!

それぞれの特徴と、違いを比較してみましょう。

ハッピーマジック赤

ハッピーマジック白

特徴

スッキリ抹茶風味
ケラチン加水分解物が含まれている
フルーツジュース風味
オリゴ糖・リンゴポリフェノール、キウイフルーツ抽出物、大麦若葉、クマザサ粉末が含まれている

味の違い

さっぱりした口当たりで甘いのが苦手な人でも飲みやすい 爽やかな甘みで口当たりが良い

子どもの飲みやすさ

基本的には両方とも、桑の葉の粉末が含まれています。

その上で、成分が違うとすれば、ハッピーマジック白のほうが原材料は多いです。また口当たりもほのかな甘みで飲みやすいため、子どもにおすすめするなら、断然「ハッピーマジック白」をおススメいたします。

ただ、お母さんも一緒に飲みたい!という場合は、ハッピーマジック赤のスッキリ感はおススメですよ。また、このまま飲むのではなく、飲みやすいように工夫して飲みたいということであれば、いろいろと調理にも使いやすい抹茶風味のハッピーマジック赤のほうがいいかもしれませんね。

両方頼んで飲み比べするのも楽しいかもしれません。

 

 

実際に子どもとハッピーマジックを飲んでみたよ!

それでは、実際に子どもとハッピーマジックを飲んでみたので、レビューいたします。

【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!

ハッピーマジック赤とハッピーマジック白の両方を試してみました。

【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!

まずはハッピーマジック赤。

赤のほうがは、赤だけど、一つ一つの袋は黄色でした。

【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!

主成分や、飲み方も書いてありますが、「○○mlの水で薄める」という表記はありません。

自分の好きな濃さに調節してねということでしょうか?

食事などにも入れてもいいようですし、特に規定はないみたいですね。

【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!

お次はハッピーマジック赤です。

クリスマスを思い出す色を使っているパッケージですね。

【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!

フルーツ味ということで、ハッピーマジック白のほうが主成分が多く記載されています。

カロリーは、ハッピーマジック赤もハッピーマジック白もあまり変わらないようですね。

主成分と好みの味で選ぶのが一番ということですね!

【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!

ハッピーマジック赤と、ハッピーマジック白の粉末を実際にお皿に出して比べてみました。

どちらかというと、ハッピーマジック白のほうが、若干濃い色をしているような気がします。ハッピーマジック白は大麦若葉やクマザサも含まれているからでしょうか。

【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!

ハッピーマジック赤を牛乳で割ってみました。

いつも私は150mlくらいでつくるので、150mlの牛乳に混ぜました。

【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!

続いて、マジック青汁白。

こちらも牛乳150mlで割りました。

【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!

両方の比較です。

割ってしまうとあまり見た目は変わりませんね。白のほうが若干濃いかな~程度で、あとはわかりません。

ニオイも嗅いでみましたが、白のフルーツジュース味のほうが少し甘いニオイがしました。しかし、両方共、ハチミツが入っていて飲みやすくなっているため、ものすごい違いを感じられるというわけではありませんでした。

 

ハッピーマジックを飲んでみた感想

飲んでみた味の感想です。

今までいろいろな青汁を飲んできましたが、その中でもかなり「さっぱり」としているなというのが感想でした。ハッピーマジック赤、ハッピーマジック白、両方ともクセがなく、スッキリとして、非常に飲みやすかったです。

それでいて、ハチミツが入っているので、甘さもあり、苦くて飲めないとは一切感じませんでした。

ハッピーマジック赤とハッピーマジック白のどちらが飲みやすいかというと、甲乙つけがたいですが、味わうならハッピーマジック白を選んだ方がいいと思います。美味しく飲めるという点では、フルーツジュース味のほうが勝っています。

しかし、すっきりとした味わいで飲みたいというのであれば、ハッピーマジック赤かなと思いました。

前述しましたが、料理などに使って工夫したい場合も、甘味の少ない赤のほうが工夫しやすいのではないかと感じました。

ベースとなる味自体はほぼ同じで、それにつく風味などが違う程度なので、お好きなほうを選ぶと良いと思います。

 

子どもも飲める!ハッピーマジックの美味しい飲み方

正直言いますと、ハッピーマジックだけではなく、青汁という名前のついたものは、どんなに美味しくなりましたと言われても苦手な人は苦手だと思います。

私は抹茶がそもそも好きなのではちみつ系の甘い青汁大好きですが、友人でも絶対飲みたくないという人も多いです。

それは、「青汁=水で割って飲まなければいけない」という先入観から来るものなのではないかなと思っています。実は青汁は、工夫していろいろな飲み方ができますし、料理にまぜてもいいんですよ。工夫次第で、どんな風にも使えるのが青汁です。

私の時代で青汁を飲んで、「まずい!もう一杯!」といっているCMが非常に話題になりましたが、あれこそまさに水で割っているので、あのイメージからすると、「まずい」というイメージが先行してしまうのも無理はないかな・・・と思います。

けれど、今の子供たちはあの頃のCMなんて知らないんですから、美味しい青汁を作ってあげて、「青汁は美味しいもの」と意識させてあげれば、毎日ねだるくらいに青汁を好きになってくれると思いますよ。

では、我が家で大好評の、青汁の飲み方をご紹介します。

 

1.牛乳+ココア+ハッピーマジック

【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!

我が家では定番のココア味です。元々ハッピーマジックにはハチミツも入っているので、ココアを入れるだけで全く違った味になります。

普通にココアを飲んでいる感覚で美味しく飲めますし、何より色を誤魔化すことが出来るのが最大の利点。野菜嫌いの子どもって、緑の色を見ただけでも嫌がりますからね。

そのまま青汁の色で出すよりは、茶色いココアを入れることで「ココアだよ」と言えるので、子どもに飲ませるのであればココアをおすすめいたします。

【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!

うちの子は、元々青汁が好きなので、ただ牛乳で割ったものでもいいのですが、ココアを入れるとやはり喜びますね。

この日も作ったものは「美味しい!」と喜んで飲んでくれました。

甘いのが好きなお子さんの場合は、更にハチミツを入れてあげると、甘さも増して美味しく飲めますよ。

ただ、ここまで甘くしてしまうと、お母さんのダイエットには不向きだと思いますので、お母さんは甘さ控えめで飲んだ方が良いかもしれませんね。

 

2.バナナ豆乳+ハッピーマジック

【美味しい飲み方】ハッピーマジック青汁で子どもの栄養を補う!お母さんのダイエットにも!

バナナの豆乳って甘いのに、そこまでカロリーが多くないので、これでしたらダイエット中のお母さんにもおススメですよ!

バナナ豆乳って青汁との相性抜群で、苦くて飲めないという方にも非常にお勧めです。牛乳や普通の豆乳で割るよりも、青汁の味がわからなくなるのでジュース感覚ですよ。

ココアと混ぜるとチョコバナナの味になるので、ココア入りにしてもお子さんは喜びます。

バナナ豆乳はスーパーでも変えるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

最後のまとめ

食の欧米化、好き嫌いにより、子どもの栄養不足は本当に深刻で、食事によって一日の栄養バランスを補うことは困難になってきました。

我が家でも子どもは本当に野菜嫌いで非常に苦労しているのですが、なぜか青汁だけは好きなので欠かさずに飲ませています。

まずは子どもに好きになってもらうように、味の工夫をして、青汁を好きになってもらうところから始めましょう。

もちろん普段の食事の栄養バランスも考える必要はありますが、補助食品として、青汁の摂取をぜひ検討してみてくださいね!美味しく飲めて、お母さんのダイエットにもいいハッピーマジックおススメです!

 

>>>ハッピーマジック詳細はこちら

 

Share Button

ピックアップ記事

子どもの咳で学校を休ませる?休ませない?ただの咳だからって言わないで!

子どもの咳で学校を休ませる?休ませない?ただの咳だからって言わないで!

子どもの咳って、けっこう長引くし大変なんですよね。特に喘息を患っている子は大変さが良くわかります。 ただの咳だし熱はないし・・・学校に…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る