小1足し算・さくらんぼ計算のやり方!子供とカードゲームで!【テンプレート配布】

 

小学校1年生のたし算・・・

 

これからもっと勉強が難しくなってくると思うと、

 

ここでつまづいている場合ではありません!

 

子供の勉強を見ていた時に、「さくらんぼ計算」というものが出てきて、

 

私が混乱したので(笑)さくらんぼ計算の基本的な考え方と、

 

あとはたし算をたくさん勉強したので、我が家で作ったたし算カードを配布します♪

スポンサーリンク


第1の試練:さくらんぼ計算のやり方

 

まずは、さくらんぼ計算のやり方。

 

私、さくらんぼ計算ってよくわからなかったんですけど・・・やったかなそんなの?

 

長男は勉強を見なくても自分で全部やっていたので、

 

長男の時も記憶にないですが、次男がさくらんぼ計算の壁にぶつかりました。

 

考え方としては、簡単なんですけどね。

 

基本的に、「10を作る」というのがさくらんぼ計算の考え方。

 

 

例として、7+8でやると、

 

右側の数字をさくらんぼのように分けて計算していくのが、さくらんぼ計算。

 

 

まずは、左側の数字、「7」を「10」にします。

 

そのためには、右側の数字、「8」から、いくつ借りればいいか。

 

これが最初の問題。

 

子供に説明する時は、「7を10にしてあげるにはいくつ必要かなぁ?」という感じで、問題にしながら説明していきましょう。

 

それから、小1の子供には語彙力低めで教えてあげると理解してくれやすい!

 

うちの子は理解力がないので、「じゃあ、8から3貸してもらおう!」とか、

 

「10になりたいから、3貸してねって言ってるわ!」とか言うと、喜びます。

 

足すとか引くとかじゃなく、「貸す」とか「もらう」とか。

 

すんなり、「7+3=10」と出てきてくれれば一番いいのですが、

 

わからなければ、まず10の勉強をしっかりやりましょう。

 

 

「じゃあ8から3貸してあげたら、残りはいくつだろう?」という話になってきます。

 

これはね、引き算になるから少し難しいかも・・・

 

言い方を変えて、「3と何を足したら8になるかな?」という考え方でもいいです。

 

とにかく、3と何かをたして8が出るようにしたいので、そこを考えさせます。

 

 

無事に答えが出たら、あとは足すだけ!

 

10+5=15!

 

つまり、7+8=15!

 

 

ややこしいわ!!!!

 

 

なんつーややこしさ!!

 

つまり、置き換えみたいなものですね。

 

一番わかりやすいのが、10に数字を足すやり方ですし、

 

1つの考え方としてさくらんぼ計算はあるのだと思います。

 

が、とてもややこしい。

 

だから私も最初は混乱しました。

 

ただ、やっぱり足し算は、数をこなすことが大切なので、まずは数をこなすところから始めましょう。

 

 さくらんぼ計算が遅い子は・・・

 

・10になる計算を繰り返しやる!

 

「10になる計算」って算数で一番基本なところ。

 

最初でつまづいていた息子のために、

 

「10になる計算」のプリントを作って繰り返しやらせました。

 

まずはこちらを配布しますね。

 

★10になる計算のプリント配布

ワード形式はこちら

PDF形式はこちら

 

さくらんぼの計算も繰り返しが大切です。

 

ぷりんときっず様というサイトのさくらんぼ計算の問題を印刷して何度もやらせました。

 

ぜひ、印刷して子供にやらせてみてください。

 

■ぷりんとキッズ様

https://print-kids.net/print/sansuu/sakuranbo-keisan/

 

第2の試練:答えが2桁の計算のタイムアタック

 

続いて、答えが2桁の計算のタイムアタックでつまづきました。

 

「3+2」とかではなく、「3+8」とか、「3+9」とか。

 

答えが2桁になる計算で、これってつまりさくらんぼ計算なんだけど、

 

それのタイムアタックがあったのです!!

ある日、子供が持ってきたプリントの中に、このようなものが・・・

 

「これ何?」と聞いたら、「20枚を1分で足し算しないとだめで・・・」と子供は答えました。

 

つまり、1つの問題につき、3秒!

 

以前かけ算九九の覚え方の記事でも、「息子の学校ではタイムアタックがある」とかいたのですが、

 

本当にタイムアタックが好きな学校だなぁ(^_^;)

 

ということで、作ったのがこちら。

 

 

カードを作りました!

 

少し厚めの紙に印刷したので・・・

 

 

裏返して、パッと見せて答えさせる、カードゲームのようにしました。

 

毎朝、学校に行く前と、

 

帰って来て勉強する時に、毎日毎日やっていたところ、

 

子供の苦手な数字が発覚。

 

我が家の子供は、「7」が出てくる計算が遅いんですよね。

 

「7+5」とか「7+7」とか、「7」がつく計算でもたもたしてすぐに1分になってしまう。

 

だから、まずは、「7」の計算を繰り返しさせようと、

 

これまたプリントを作って、やらせました。

 

足し算カードゲームと、7の足し算のプリントを同時進行で。

 

 

これ、私の作ったプリントですが、めちゃくちゃやらせました。

 

これはほんの一部。

 

丸つけしてないけど、ちゃんと合ってるか確認しました。

 

とにかく繰り返し、これを毎日毎日毎日毎日。

 

朝勉強するのはとても良いので、

 

朝学校行く前にも1分チャレンジ・・・

 

その結果・・・

 

 

なんとクラスで1番最初に足し算タイムアタックに合格しました!!!

 

 

子供が、本当に嬉しそうに帰ってきて、報告してくれるんですよね。

 

「ママ、クラスで一番だったよ!!先生に褒められたよ!!」って・・・

 

よかったぁ~~~~

 

私も毎日付き合ったかいがありました。

 

結局、タイムアタックも、基本的にはさくらんぼ計算の力が必要なので、

 

さくらんぼ計算の力をつけるには、とても良い方法だとは思います。

 

タイムアタックにすると、焦る子供もいるので、

 

そういう子はゲーム感覚で一緒に楽しみながらやるがいいかも。

 

それでは、私が作ったタイムアタックのカードと、7の足し算のプリントを配布します。

 

7の数字の足し算はパソコンでワードが使える方なら、

 

自分で他の数字の足し算に変更してもいいと思います。

 

ぜひ、毎日繰り返しやってみてね。

 

絶対できるようになりますから!

 

★答えが2桁になるたし算カード配布

ワード形式はこちら

PDF形式はこちら

 

★7の数字の計算のプリント配布

ワード形式はこちら

PDF形式はこちら

 

最後のまとめ

 

いろいろプリントを作っておいてなんですが、

 

私は元々、そこまで熱心な母親ではありません。

 

別に教育ママでもありません。

 

「こんなに勉強に付き合うなんて、すごい!」と友達に言われますが、

 

子供がやる気があって、出来ることが喜びに感じているからやるだけです。

 

長男の勉強なんて何一つ見てあげませんでしたし、

 

長男は勝手に勉強します。

 

でも、次男は違う。

 

だから、一緒に勉強してあげるのです。

 

うちの子はもうすぐ2年生になりますが、

 

今だに「一緒に勉強しよう」と言いますし、

 

わからなければ教えてと聞いて来ます。

 

だから、やっているだけ。

 

あれだけ苦労した足し算も、

 

今では完璧。

 

最近は宿題全く間違えませんよ。

 

やっぱり、一緒に勉強してあげることで、

 

子供のやる気を引き出してあげられると思うので、

 

ぜひ一緒に勉強してあげてくださいね。

 

タイムアタックのカードゲームは、

 

「何枚だった?何枚だった?」と子供が非常に楽しんでいました。

 

こうなると、頑張れると思うので、楽しむことが一番大切ですよ!

 

→引き算カードも作ってみました。

【関連記事】2年生のさくらんぼ計算の引き算のやり方!覚え方!【テンプレート配布】

Share Button
スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

離乳食の始め方を詳しく解説!初期の離乳食から後期までの流れを紹介

離乳食の始め方ってどうすればいいの?最初は何回?時間帯は?と、離乳食を始める時には謎がいっぱい!今回は離乳食の始め方を詳しく解説します。 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る