幼稚園の時に問題児だった子供のその後…親の対応で変わる

 

幼稚園の時に子供が問題児だった記事を以前書いたのですが、

 

今や、そんな息子も小学5年生。

 

そこで、子供がその後どのように成長をしたのか、ご紹介します。

 
スポンサーリンク


幼稚園時代息子は問題児だった

 

息子は幼稚園の頃、問題児でした。

 

以下のページのその時のことがまとめられています。

 

【関連記事】子供が「問題児」であるあなたへ。私の気持ちの切り替え方。

 

久しぶりにこの記事を読んだ時、

 

「ああ、こんなこともあったな」と懐かしく思いました。

 

我が家の息子は、

 

・友達との遊び方がわからず暴力的になってしまう

 

・集団生活が苦手でいつも一人で好きなことをして遊んでいる

 

・先生に一番怒られている

 

・集中力がなく、いつもそわそわしている

 

・余計なことを言って友達を傷つける

 

という問題がありました。

 

暴力とかは、年長になってからだいぶ改善され、

 

暴力のトラブルは少なくなりましたが、

 

やっぱり集団生活が苦手なのはずっと続いていたかな。

 

幼稚園の頃は本当によく電話が来ていて、

 

そのたびに「どうしてこんな風になってしまったんだろう…」と思って私も泣いていたし、

 

今思えば一番悩んでいた時期です。

 

その後、ADHDの検査をする

 

小学生に入ってからも、

 

息子は問題児・・・

 

というか、先生によって問題児でした。

 

1、2年生の時の先生は完全にうちの子を「ADHDだろう」と決めつけていた先生です。

 

特殊学級に入れたかったんでしょうね。

 

検査も勧められました。

 

初めは検査する予定はありませんでしたが、

 

ADHDとわかることで、息子の苦手なことがわかるかも・・・

 

そう考えて検査したところ、やっぱりADHDと診断されました。

 

ただ、我が家の息子は落ち着きがなくて、

 

いつもぼーっとしたり、なんだか体がいつも動いているのですが(^_^;)

 

奇声を上げるとか、

 

いきなり立って歩くとか、

 

授業の邪魔をするような行動は見られなかったし、

 

勉強はできました。

 

だから、特殊学級には入れませんでした。

 

 

というか、最初は先生に言われて入れようと思ったけど、

 

私の母(特殊学級の教師)と旦那の母(教育関係者)にめちゃくちゃ反対された!

 

もうね、2人から電話それぞれかかってきて、

 

私の母と、旦那の母が2人で電話して相談したりして・・・(笑)

 

2人とも教育関係者で、

 

ずっと学校で働いていることもあり、

 

話しが合うので仲良しなんですよね・・・

 

そして、母たちから特殊学級とか学校の内情を聞いて、

 

「勉強が出来るなら、絶対に特殊学級に入れるな、確実に成績が下がるし、一生特殊学級に入れたということはついて回る」と言われました。

 

別に特殊学級に入ることが悪いというわけではなく、

 

うちの息子には必要がないということです。

 

母たちは特殊学級の子が可愛くて仕方がない人たちなので、

 

別に偏見とかがあって言ってるわけではなくね。

 

勉強が出来るからこそ、もったいないという意味で言われました。

 

特殊学級って、普通の学級とは別に特殊学級の活動があります。

 

遊んだり、イベントがあったりするので、

 

結局そっちにも通っていたら、

 

どうしても勉強する時間がとられてしまうので、

 

勉強が出来るうちは、特殊学級じゃなく、

 

普通の学級だけでやりなさいとアドバイスされました。

 

そのため、うちは特殊学級には入れていません。

 

勉強の補助などはしっかりしてくれるのですが、

 

その他にもイベントなどがあるので、

 

その分勉強が遅れてしまうことがある・・・ということなんですね。

 

ということで、勉強が出来るうちは普通学級でやっていくことにしたのですが、

 

3年生~4年生の先生はとても大らかな先生なので、

 

ADHDに関しては一切ふれられたことがありませんでした。

 

大きくなってきて、落ち着きが出てきたのというのもあるのかもしれませんが、

 

大らかな先生なので、少しくらい落ち着きないのは気にならないみたいです。

 

先生によりますね。

 

神経質な先生なら、落ち着きがない子はすぐに「問題児扱い」にされるんです。

 

だから、問題児の定義って、多分先生によって違うし、人によって違うなと感じます。

 

問題児だった息子のその後・・・

 

やっと本題ですが、

 

本当に小さい頃から落ち着きがなく、

 

とにかく自分で好きな事をして遊んでいるだけの息子でしたが、

 

めちゃくちゃ優しい子に育ちました。

 

自分で言うなって思うかもしれないけど、本当(笑)

 

まず、考え方が優しい。

 

人のことをちゃんと考えられる。

 

弟にご飯を作ってあげたり、おやつを作ってあげたり。

 

「ママ、荷物持つよ」って言ってくれたり、

 

お風呂洗いとかも率先して手伝ってくれます。

 

私が足の小指ぶつけて泣いてたら、

 

すぐに飛んできて、「どうしたの!?大丈夫!?」って頭撫でてくれます(笑)

 

次男は集団生活は得意で学校では良い子で通ってますが、

 

私が泣いてても「バカだ何泣いてるの」ってゲラゲラ笑うので、

 

私は次男のほうが性格悪すぎて心配・・・。

 

多分ね、諦めなかったら、ちゃんと良い子に育ちますよ。

 

子供を信じて、ちゃんと正しいことを教えてあげたら、

 

ちゃんとするようになる。

 

確かにいまだに落ち着きはないし、

 

1人で遊ぶほうが好きだったりもするんです。

 

でもね、

 

先日クラスの女の子のお母さんにも言われました。

 

優しいよねって。

 

クラスの女の子たちで遊んでた時の会話聞いたんだけど、

 

「男の子って、友達が失敗したらそれを笑うんだ」って言ってたらしいです。

 

「転んでも、笑ってバカにするから男のヤダ」って息子のクラスの女の子たちが女子会してたらしいです。

 

その時に、そのお母さんが「そんなの、小学生の頃から転んだ子に近づいて大丈夫?って言える男の子いないでしょ!」って言ったら、

 

女の子たちは、「いるよ、○○」ってうちの息子の名前を出したんですって!

 

クラスの女の子たちも、うちの子だけは、優しいと思っていてくれているみたいです。

 

だから、クラスの誰もが認める優しい子に育ってくれましたよ。

 

今幼稚園で本当に問題児で困ってるお母さんは、

 

諦めないで、最後まで付き合ってあげてほしいです。

 

怒り疲れるかもしれないけど、

 

それでも最後まできちんと子供に向き合ってあげてほしい。

 

成長したら絶対に変わりますから。

 

大丈夫だから、「絶対大きくなったら良い子になるから、今だけだ!」と思って、

 

子供を信じてあげてほしいです。

 

問題児の子への私の接し方

 

子供が本当に問題児扱いされまくって、

 

私自身、育て方が悪いのかなって悩みましたが、

 

幼稚園の時は問題児のままです。

 

何しても直りませんよ多分。

 

恐怖で支配して、おとなしくなるかもしれません。

 

でもね、そんなことしたくないですよね?

 

私は、恐怖で支配するのは、子供の個性を殺しちゃう気がしてやだったなぁ~。

 

子供が問題児っていうのは、もう仕方がないと思う。

 

きちんと怒っている場合にはね。

 

例えば、めちゃくちゃ甘やかして育ててワガママになるとか、

 

親が毎日暴力をふるっているから暴力的になるとか、

 

それは親の責任。

 

実際いましたもん、めちゃくちゃ甘やかして育てて、

 

一度も怒ったことがないから、子供がすっごいワガママな家庭。

 

そういうのではなく、

 

ふつーーーーに、ちゃんと悪いことは悪いって教えているにも関わらず

 

それでも幼稚園で問題行動を繰り返す子は、親は悪くないと思う。

 

多分、元々の性格とか、それこそ、うちの子じゃないですが、

 

何かしらの障害があるのかもしれません。

 

多動の子って10人に1人って言われてますし・・・

 

わかりませんけど、なにかあるのかも。

 

私はね、悪いことをしたら、その都度教えてきました。

 

口うるさかったと思います。

 

でも、やっぱり普通に考えてダメだと思うことをするから、

 

それは親としてしっかり教えていきたいと思ってたし、

 

「この子は言っても無駄だから」って諦めたりもしませんでした。

 

やるべきことはきちんとやる。

 

悪いことは悪い。

 

自分がやられてイヤなことは他人にしない。

 

こういう当たり前のことを教えてきたら、

 

あるあるですが、下の子にも口うるさいお兄ちゃんになってしまいましたが・・・。

 

それでも、幼稚園の頃に比べたら雲泥の差です。

 

幼稚園の頃って「まだ小さいし・・・」で諦めがちだけど、

 

やっぱり駄目な事だけはしっかり教えていけば、

 

それが大きくなったら理解できるようになると思う。

 

まだ幼稚園のうちはダメだけど、

 

大きくなってきたら変わりますから。

 

ADHDとかも、大きくなったら落ち着いてくるんですよ。

 

だから、大きくなったらいいこと尽くしです!

 

小さい頃の悩みって、本当に小さい頃だけなので、

 

その都度しっかり教えてあげることだけは、

 

忘れないでくださいね。

 

最後のまとめ

 

ということで、問題児だったけど、良い子になったよ!

 

だから大丈夫だよと今悩んでいるお母さんに向けての応援記事でした。

 

私が心配なのは下の子・・・。

 

外では大人しいのに、心の中ではすごいブラックな考えをしているので、

 

私は下の子のほうが怖いな・・・

 

隠れて悪いことするタイプなんですよねぇ・・・。

 

そちらのほうが心配。

 

外では要領が良いだけと信じたい。

 

きちんと悪いことは悪いと教えて、下の子もしっかり教育していきたいと思います。

 

今悩んでいるお母さん、

 

大きくなったら子供変わりますから!

 

純粋で良い子になりますよきっと!

 

問題児のほうが純粋で良い子が多いような気がする・・・

 

だから、悩みすぎないで、自分の出来ることをしながら、

 

子育て頑張っていきましょうね!

 

Share Button
スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

おしゃぶりっていいの?悪いの?いろんな意見があってわかんない!外し方は?

おしゃぶりって”別に問題ない”という人もいますし、”絶対ダメ”という人もいますし、本当のところはどうなの?と思いませんか? 我が家の次…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る