よく転ぶ子供のその後…病院で検査までしたけど大きくなったら?

 

子供はよく転ぶもの・・・なんて言いますが、

 

「え?ちょっとうちの子転び過ぎじゃない・・・?」と思うことはありませんか?

 

我が家の息子も非常に転びやすい子供で不安いっぱいだったのですが、

 

今もなんとかすくすく育っています。

 

病院で子供の足の検査もしたことがあるので、その時の様子をご紹介します。

 
スポンサーリンク


転び過ぎだった子供

 

子供が歩くようになったのは、1歳1ヶ月くらいの頃。

 

でも、つかまり立ちは、11カ月くらいからしてました。

 

この頃から、なんだかよく転ぶ子だなとは思っていたんですよね…。

 

というのも、お兄ちゃんがあまり転ばない子なので、どうしても比べてしまう。

 

 

本当にこの頃、よく転んで、あちこちに顔をぶつけて・・・

 

いつも青タンだらけだったので、お兄ちゃんの幼稚園に行くたびに、先生に「どうしたんですか!?」って聞かれて・・・

 

あの頃は、多分虐待疑われてたかもしれない。

 

けっこう近所の人からも「どうしたの!?」と良く聞かれてたので、怪しまれてたと思いますが、虐待してません・・・。

 

すごい転ぶんですよねとはその都度答えてはいましたけどね。本当にことだし・・・

 

まだ歩きはじめだから転ぶのかな?と思っていたのですが、「転ぶ」ということはこの後も続きました。

 

3歳になっても転び続ける・・・

 

その後、転ぶのが良くなるかな?と思っていたのですが、一向に良くなりませんでした。

 

この頃は本当に心配になってくるレベルで転んでいましたね。

 

 

これが3歳の頃の写真ですが、アップにすると・・・

 

 

ほっぺに青タンの痕が・・・

 

3歳になっても転び続けていました。

 

靴が悪いのかな?と思って、オーダーメイドの靴を買いに行ったりしたけど、全然だめ。

 

家の中でも転ぶので、靴のせいではなかったですね。

 

この頃はあまり顔には青タンは出来なくなりましたが、足に青タンがひどい。

 

めちゃくちゃひどいんですよ。

 

それが原因で病院に行くことになりました。

 

歩き方を指摘され、検査をする

 

3歳の時に、たまたま小児科に行った時、青タンばかりなので、先生に驚かれました。

 

そして、「ちょっと歩いてごらん」と言われ、少し診察室を歩かせたところ、

 

先生がどんどん難しい顔に。

 

それで「歩くの上手くないね・・・ちょっと紹介状書くから整形で見てもらった方が良い」と言われました。

 

え・・・?

 

どういうこと?

 

って最初は思いました。

 

先生何言ってるんだろうって。

 

なんの検査かわからないけど、とにかく整形外科に行き、診察してもらいました。

 

その日、そこでは先生が出張でいないので、代わりの代理の先生が他の病院からきて診察していたんですよね。

 

そしたら、その代理の先生が

 

「筋ジストロフィーかな?またちゃんと先生がいる時に来てください」

 

って言うわけですよ。

 

そう言われて、「ああ」と納得。聞いたことがある病名だったからです。

 

簡単に言うと、筋肉の病気。

 

それをサラッと言われたんです。

 

人生に関わることなのにサラッと。

 

その時の代理の先生の事は、多分一生忘れないし、一生許せないと思う。

 

筋ジストロフィーの患者さんや、そのご家族は本当に立派に日々を生きていらっしゃるので、別にこれはその患者さんたちを批判とか侮辱するつもりも、うちは違った~と優越感に思うようなつもりはありません。

 

ただ、やっぱり、子供の一生がかかるということで、私も本当に心配をしました。

 

その先生の言い方が今でも許せないだけ。

 

もっと親身になって、「調べてみましょう」とか「今日は僕は代理なので・・・」という話なら納得できましたが、代理ならそんな言い方してもいいの?という感じ。

 

本当に腹が立ちつつ、もうそれがイヤで、他の病院に行こうと思って、次の日大きな病院に行きました。

 

そこでは、しっかりと血液検査など、筋ジストロフィーの検査をして、先生もとても親身になって話を聞いてくれました。

 

私は不安で前の日は眠れなくて、診察中は手とか震えていたと思います。

 

結果、一先ずその時は筋ジストロフィーとは診断されませんでした。

 

ただ、その時診察してもらったこととして、「内股である」ということがわかりました。

 

実は私がひどい内股で、靴が内側ばかりすり減ってダメになるんですよね。

 

ということで、結果としては「歩き方が下手&内股で歩き方が悪い」ということになりました。

 

今では木登りするくらいやんちゃに!

 

そんな息子ももうすぐ8歳!

 

木登りして遊ぶくらいやんちゃに育ちました。

 

暖かくなると、毎日公園で走り回っています。

 

でも、まだ転びます。

 

昨日も家の中で走ってて転んでいました。

 

ただ運動神経がものすごく悪い子なので、私に似たのかな・・・?くらいで、今は大らかな気持ちで見守っています。

 

何かあれば病院につれていこうって思ってる。

出来れば、何もないことを祈りますが、とにかく元気に過ごしてます。

 

最後のまとめ

 

やはり、転びやすい子というのは、けっこういると思います。

 

あまりにも心配なら病院に行って調べるのがいいと思いますよ。

 

なんでも早めにすましたほうが、精神衛生上よろしいです。

 

「子供って転ぶでしょ?」ってよく言われるけど、本当に転ぶから悩んでるんですよね。

 

ズボンのほとんど穴あいて履けなくなるくらい転んでますよ。

 

今、足を見せてもらったら、相変わらず青タンだらけでしたが、今のところ元気で走りまわています。

 

運動神経もあまり良くないですし、転ぶのは仕方ないと思っています。

 

一先ずは、元気に育っているので、転んでばかりいる子でも大丈夫。

 

お母さんが悩みすぎるのが、一番よくないと思うので、心配なら病院に行って、

 

大丈夫そうなら子供のことを見守ってあげてくださいね。

 

よく転ぶから、その辺に物は置かないように気を付けてあげてください。

 

Share Button
スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

1年間チャレンジタッチを使ってみての感想、チャレンジタッチは身になるの?

我が家の長男がちょうど小学校に上がる時に「チャレンジタッチ」の講座が開講すると連絡がありました。 それまで幼稚園児向けのこどもチャレンジを…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る