小学生の漢字の覚え方!コツは楽しく学ぶ?【テンプレート配布】

 

小学生になると必ず始まる漢字の勉強…

 

日本人に生まれたからには、漢字は「生きていくために必要」と言っても過言ではありません。

 

実際に我が家の子供と一緒に学んだ方法をご紹介します。

スポンサーリンク


小学生の漢字の覚え方

 

我が家の息子は、小学生になって初めて学ぶ漢字に非常に苦戦していました。

 

漢字って、パッと見、形で覚えようとしちゃうんですよね。

 

でも、きちんと漢字というものを理解することで、しっかりと覚えられるようになります。

 

・漢字の音読み、訓読み、意味、成り立ちを学ぶ

 

・漢字の部首を学ぶ

 

・漢字の書き順を学ぶ

 

・漢字を好きなものと紐づけて覚える

 

漢字の音読み、訓読み、意味、成り立ちを学ぶ

 

漢字って、形で覚えるよりも、理解したほうが覚えやすいです。

 

そのため、音読み、訓読み、意味、成り立ちから覚えていきましょう。

 

 

こちらは、我が家にあた漢字辞典に載っていたものですが、今の漢字辞典って成り立ちもしっかり書いてくれています。

 

もちろん、教科書にも書いているので、教科書を見ながらでもいいと思います。

 

音読み訓読みを覚えるなら:

 

「まずは【ひ】って読むよね。訓読みだね」

 

「あと、【かようび】とかっていうよね、【か】は音読みだね」

 

と例文を交えて一緒に会話してあげるだけでも覚えます。

 

ただ、大人でも音読み訓読みは難しいですよね。

 

どういう風に読むかを覚えても、それが音読みなのか、訓読みなのかわかります???

 

音読みは昔の中国の読み方(音)を参考にしていて日本語にすると意味がわからないものが多い

 

訓読みは日本の読み方なので意味が分かるものが多い

 

と言われています。

 

「原」という字なら、ゲンとハラと読めますが、日本人的には「ハラ」のほうが「原っぱ」など馴染みがありますよね?

 

「ゲン」という音だけならよくわからない読み方のなのでゲンは【音読み】、ハラは【訓読み】となります。

 

成り立ちや意味を覚えるなら:

 

私はもう、絵を描いちゃいます。

 

 

「火になったねーーーーー!!!!」

 

子供と一緒にこうやって成り立ちを絵にかくと、かなりの確率で漢字を覚えてくれますよ。

 

漢字の部首を学ぶ

 

まだ1年生なら難しいかもしれませんが、ある程度大きくなったら、かなりこの部首を覚えるということが役立ちます。

 

漢字って、1つ1つに意味があるんですよね。

 

例えば・・・

 

 

これらは全て、赤い部分が「部首」です。

 

【少】という字と、部首の組み合わせで、こんなに違う漢字が出来ちゃうんですよね。

 

部首が違えば、意味も違ってくる。

 

なので、

 

なぜこの漢字にはこの部首なのか

 

ということを考えながら学ぶと、すんなり覚えられたりします。

 

ただ先ほども言ったように、ある程度大きくなってきて漢字をいろいろ学んだ上での話。

 

まだ漢字を習い始めた1年生には無理ですが、3年生、4年生と大きくなってくると、部首のお話も面白くなってくると思いますよ。

 

漢字の書き順を学ぶ

 

漢字の書き順って、私はものすごく大切だと思います。

 

書き順って、正しく書くことで、字もキレイになるんです。

 

いつまでも書き順が定まらずに、適当に書いていると、絶対漢字も覚えられません。

 

例えば、「絵描き歌」ってあるじゃないですか。

 

あれって、歌に合わせて毎回同じところから書きはじめます。

 

すると、必ず絵描き歌に合わせてキャラクターが描けるようになるんですよね。

 

試しにドラえもんを何も見ないで描いてみたのですが、

 

「ドラえもんなんて目つぶってても描けるわw」と思ってたけど、なんかかわいくない・・・

 

でも、しっかりと絵描き歌の通りに描いてみると・・・

 

すっごい上手ってわけではないけど、さっきよりもバランスは整ったドラえもんになったと思います。

 

つまり、書き順を覚えるってことはこういうこと。

 

毎回同じ書き方をすることで、その字を忘れにくくなりますし、

 

なにより、キレイに書けるようになるんです!

 

だから、書き順がテストで出ることもありますが、それは確かにテストに出てもおかしくないんですよ。

 

書き順を制すものが漢字を制す

 

と言っても過言ではないくらい、書き順って大切です。

 

漢字を好きなものと紐づけて覚える

 

これも、子供にとっては、非常に有効な手段。

 

例えば、我が家の名字って簡単なので1年生ですでに習うんですよね。

 

自分の名前となると、絶対すぐに覚えますよね?

 

そういうことを利用するのです。

 

例えば、私子供の頃セーラームーンを見ていた世代なので、

 

「【火】は火野レイちゃん・・・【水】は水野アミちゃん・・・」なんて覚え方してましたが、そうすると覚えられるんですよね。

 

だから、子供の好きなアニメのキャラクターとか、アニメのキャラクターに関連付けて覚えさせるのも1つの手段。

 

我が家の子供は、「シンケンジャー」のDVDを借りてきて、一緒に見ながら漢字を学んでみました。

 

 

シンケンジャーって漢字を書いて変身して、その漢字がマスクになってるんですよね…。

 

子供と一緒にこのように絵を描いて「シンケンジャーのレッドの顔にあったよね!!」とゲラゲラ笑いながら2人で絵を描いていたら、すんなり覚えました。

 

ちょっとでも関心を持ってもらうために「これ〇〇で見た漢字だよね!」というと、子供ってけっこう興味持ちます。

 

自分の好きなものを覚えたいという気持ちを上手に利用してあげると、意外と簡単ですよ!

 

それこそ「うんこドリル」はそういった心理を上手に組んでいるドリルだと思います。

 

漢字を理解したら練習あるのみ!

 

漢字について理解したら、あとは練習あるのみです!

 

子供って、字汚いんですよね。

 

だから、上手く書いたと思っても、結局きちんとかけてなくて、それで×になってしまうことも多いです。

 

意味を理解したら、あとは「慣れる」ことが一番。

 

反復練習というやつですね。

 

とにかく書いて覚える。

 

練習する時のコツとしては、

 

・正しい漢字の真似をする

 

・声に出して読みながら書いてみる

 

・朝勉強すると記憶しやすい

 

以上のことを心がけてみてください。

 

けっこう覚えられるようになります。

 

正しい漢字の真似をする

 

何も見ないで適当に書くよりは、「真似」をするというところから始めると、上手に書けるようになってきます。

 

有名な漫画家さんたちも、イラストなどはまず「人の真似」から入っている人が多いです。

 

そのため、何も見ないでノートに練習するよりも、見本を見ながら書いた方がキレイな字になります。

 

完璧に覚えたらもちろん何も見ないでスラスラ書けますが、練習の段階では「キレイに書くように真似をする」ということを繰り返し行うと、字もキレイに見えると思います。

 

声に出して読みながら書いてみる

 

人間って、五感で覚えるって言いますよね。

 

五感とは、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚です。

 

味覚や嗅覚は無理ですが、

 

目で見て(視覚)

 

書いて(触覚)

 

喋って、それを聞く(聴覚)

 

と五感の中で3つも使えば、ただ見て書くというよりも、より記憶に残りやすくなります。

 

そのため、独り言のように、声に出しながら漢字を練習することは、非常に有効な手段となりますよ!

 

朝勉強すると記憶しやすい

 

人間って、寝ることで1日の記憶など、脳内を整理しています。

 

だから、睡眠って非常に大切って言いますよね。

 

朝は起きたばかりなので、脳が整理されてスッキリしている状態。

 

そんな状態の時に勉強をすることで、すんなりと記憶に残りやすくなります。

 

なので、毎日学校に行く前に、少しでもいいので漢字の復習をすると、忘れにくくなりますよ。

 

前日に勉強した漢字を、朝何度か書くだけでも違うので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

我が家の子供の漢字の覚え方

 

我が家の息子、ある日先生にテストにこのように書かれてきました。

 

 

きちんとれんしゅうしないとずっと100てんとれないよ!!

 

その通り!

 

先生の言うことは何も間違っていません。

 

やはり漢字もそうですが、勉強ってやらないと覚えないですからね。

 

まだまだ勉強が足りないんだなと思った私は、

 

こんなプリントを作成しました。

 

 

エクセルで作った普通の漢字練習用のプリントです。

 

その日習った漢字や、テストに出る漢字をメインに文字を入れて印刷。

 

そして、子供に練習させました。

 

練習の前に、一つ一つの漢字の意味や、成り立ちのイラストを描いて、

 

その上で、練習用のプリントを渡してます。

 

まず、漢字の意味や成り立ちを知ることで、その文字を理解することはできました。

 

そしたら、あとは練習あるのみ!

 

はらいとか、とめとか、それは口で言っても覚えませんよね?

 

うちの息子は、このはらいとめで苦労していたんです。

 

それならあとは、書いて書いて覚えていくしかありません。

 

 

プリントで練習すると、なぜか息子は学校に持って行って、先生に丸つけをしてもらいました…。(持って行ったのは知らなかった)

 

そしたら先生も、

 

 

「いいプリントつくってもらったね!!」

 

とコメントをくれたので、子供はますますやる気になりました。

 

それから、毎日、習った漢字を練習していたところ、

 

 

こんなに汚く、はねやはらいが苦手で、うまく書けなかった漢字が・・・

 

 

1年生の終わりには、こんなにしっかりと書けるようになりましたよ!!!!

 

はね、とめ、はらい

 

これが非常に苦手だったのですが、かなり自然に書けるようになりました。

 

字もキレイに見えるようになって、先生にも褒められるようになりました。

 

「先生に褒められるようになった!」

 

そのことが、子供も自信に繋がったようです。

 

特別漢字の成績がいい・・・と言うわけではありませんが、かなり漢字はスラスラ書けるようになりましたよ!

 

やはり、漢字は覚えるだけではなく、正しく書けることが大切なので、繰り返し練習することも私は必要だと感じています。

 

まずは意味から覚えていき、漢字を理解したら、あとはひたすら練習して、書き方を学んでくださいね!

 

せっかくなので、私が作った漢字のプリントを配布します。

 

エクセル形式で作ってあるので、エクセルが使えない人はごめんなさい。

 

すでに漢字が入っていますが、ダウンロードして、好きな漢字に変更してプリントして使ってください。

 

漢字の練習プリントテンプレート

 

漢字プリントのダウンロード(エクセル形式)

 

最後のまとめ

 

漢字って本当に覚えるの大変ですよね。

 

私も、漢検は準1級まで取得してますが、今全然書けません。

 

最近はスマホやパソコンの普及で全然漢字が書けなくなったという人が多いようですね。

 

漢字を覚えることで、読書をする時もいろいろな漢字を読めるようになりますし、

 

私たちの先祖から代々受け継いでいる漢字という素晴らしい文字・文化は今後もぜひ受け継いでいってほしいと思います。

 

私は子供の頃「薔薇」という漢字を書きたくて、ひたすら練習していたら、いまだに書けますからね。

 

子供の頃に練習したことってなかなか忘れないですよ。

 

子供の頃に覚えた歌って今でも覚えてるけど、大人になってから覚えた歌ってすぐ忘れちゃうのと一緒。

 

子供の記憶力って本当に素晴らしいですから、たくさん漢字の練習に付き合ってあげてくださいね!

 

Share Button
スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

離乳食って作るの大変・・・!ブレンダーを使って楽しちゃおう♪

生後5か月、6か月になると離乳食が始まりますね。離乳食ってどんどん量も増えていくのに作るの大変! 私は長男の時に毎回手で潰して作ってい…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る