夜中に突然泣き叫ぶ・・・夜驚症(やきょうしょう)の原因と対策・付き合い方

i018

我が家の長男ですが、2014年の年末より夜驚症が発症しました。

 

初めは寝ぼけているだけだと思ったのですが、それが何日も続き、おかしいと思い病院の先生に相談してみると「夜驚症」と言われました。

 

今はだいぶ落ち着いて来ているのですが、夜驚症の原因と対策を今日はお話したいと思います。

夜驚症(やきょうしょう)って何?

スポンサーリンク
夜中に突然何かに怯えたように、泣き叫んだり歩き回ったりする症状です。

 

2~12歳までと幅広く起こりますが、ピークは4~7歳頃らしいです。

 

原因は心因的な要因のようですが、はっきりとわかっていません。

 

ひどくストレスを感じやすい子や、感受性の強い子に見られるようです。

 

怖い思いをしたり、興奮しすぎたり、一日に起こったことが夜出てきてしまうみたいですね。

 

基本的に寝始めの時間に起こる事が多く、朝方はグッスリ寝ていることが多いです。

 

夜驚症の特徴としては、本人は夜中に泣き叫んだことは一切覚えていないことです。

 

朝起きてもケロッとしていて、夜中のことなんて本人は覚えていないので、

 

万が一夜驚症と知らずに「うるさい!」なんて怒ってしまっている方がいたら今すぐやめてあげてください・・・。

 

自分でも記憶がないし、泣き叫びたくて泣き叫んでいるわけではないので。

 

親としては疲れて大変かもしれませんが、ストレスの原因を取り除いてあげたり、

 

リラックスさせることを心がけてあげる事が改善への大きな近道です。

 

我が家の息子の場合

2014年年末。7歳になったばかりの息子ですが、突然夜驚症が始まりました。

 

初めは、夜泣きのようなものだと思っていたのですが、何かに怯えて泣き始め、廊下をうろうろしたりしていました。

 

最初はこちらもよくわかっていなかったので、旦那が「泣くな!」と怒っていたこともありました。

 

でもあまりのひどさに、小児科に行ったついでに相談してみたんです。

 

私:「この子、夜中に泣き叫んで廊下をウロウロするんですけど、風邪ひいてるからですかねぇ?」

先生:「夜驚症じゃないかそれ」

 

夜驚症???なんだそれは???

 

初めは聞いたことのない病名に驚きました。

 

そもそも「やきょうしょう」ってどう書くんじゃい!とも思いました(笑)夜に驚くって書くのね・・・。

 

いろいろ調べたら、心因性のもので、話しかけたりしても次の日覚えていないということが判明!

 

それを旦那に伝えると怒ったことに反省してましたね。

 

それから毎日のように夜中に泣き叫ぶようになったのですが、これはいけない!と思いストレスの原因を解消することにしました。

 

我が家の対応策

まず、冬休みだったんです。冬休みの間がとにかくひどかった。

 

冬休み前からずっと体調が悪く、学校も休んでいました。

 

冬休みに入っても体調が優れず、あまり外にも出かけられない日々でした。

 

私が仕事なのもあり、毎年お正月は実家に帰っていたのに帰れず・・・

 

かなりストレスが溜まっていたのでしょう。この頃が一番ひどかったです。

 

学校が始まったら少し落ち着くんじゃないかと思っていましたが、その通りでした。

 

学校が始まって、疲れると夜驚症が現れる頻度が少なくなってきました。

 

体力を持て余していたんだろうと思います。

 

また、我が家は夫婦別室で寝ていました。

 

というのも、私が睡眠に対してかなり神経質で、

 

旦那のいびきや夜中にゴソゴソされる音で起きるので一緒に寝たくなかったのです。

 

私と下の子が一緒に寝て、旦那と上の子が一緒に毎日寝ていたのですが・・・

 

やはり家族みんなで寝たほうが安心すると思い、家族みんなで寝ることにしました。

 

私は慢性的な寝不足に悩まされることになりましたが(笑)

 

でも、それもあってかなり落ち着いたと思います。

 

元々感受性の強い子だし、ストレスを溜めやすい子なので、今でもたまにあります。

 

かなり頻度は減りましたが、それでも休みの日は特にひどいかな。

 

休みの日はとにかく一日中好きなことをして遊びまくるので、

 

「もっと遊びたい」といって寝るのを拒否するくらいなので、興奮しすぎというのが強いのかなと。

 

あと、やっぱり学校に行った方が疲れますもんね。

 

体力を持て余しているのもいけないと思います。

 

と言っても、遊びに連れて行っても泣き叫ぶから、どうにもならないのが現実です。

 

以前は私もオロオロするしか出来なかったのですが今では

 

「大丈夫大丈夫」と声をかけて落ち着かせて寝ます。

 

声をかけても全然反応ないですけどね。

 

触ったりするのも嫌がるので、とにかく落ち着くまで数分見守るしかできませんが、

 

落ち着いたら寝るのでほっときます。

 

今のところ、こちらが出来る落ち着かせる方法はありません。

 

落ち着くまで大丈夫だよ~となだめるくらい。

 

・家族みんなで寝て落ち着かせる

 

・昼間、ある程度疲れさせる

 

・寝てる間は声をかけない

 

以上がやったことですかね。大したことはできていません。

 

怒鳴るのはNG!怒らないであげて!

あまりにも騒がしい日々が続くので「うるさい!!寝ろ!!」と

 

怒鳴りたくなるのはわかりますが、それはNGです。

 

というのも、そもそも、夜驚症は泣き叫んでいる時のことは覚えていません

 

しかも、そこで怒鳴ったところで覚醒するまでに時間がかかるのと、

 

怒鳴られたことがストレスになるので増々夜驚症がひどくなってしまうのです。

 

心と体のバランスをとることが難しい時期でもあるので、怒鳴ったりすることは絶対にやめましょうね!

 

 夜驚症かな?と思ったら・・・

 

・落ち着くまで放置

 

・話しかけたりもしなくてOK(落ち着かせる言葉がけもなくていいようです)

 

・気になるようなら優しく声かけを

 

・ウロウロして階段から落ちるなど、危ないことだけは気を付ける

 

・怒鳴らない

 

基本的に夜驚症になってもその時は何もできません

 

それよりも、起きている時間帯のストレスなどを取り除き、

 

落ち着かせてあげるほうが効果的なのかもしれませんね。

 

最後のまとめ

朝起きて、「昨日泣き叫びながら廊下ウロウロしてたの覚えてる?」と聞くと、

 

「こわっ何それ、怖い話!?」と聞き返されます(;´∀`)

 

いや、きみの話だよ(笑)

 

面白いくらい覚えていないです。

 

私も子供の頃気付くと、2階で寝ていたはずなのに、

 

なぜか1階に住んでいたおじいちゃんの部屋で寝ていたり、

 

寝ぼけて叫びながら自分の前髪を抜いた過去があります。

 

(今でも禿げてますそこ。こっちのが怖い話だわ!)

 

だからまぁ人の事言えないと言うか、別に息子が泣き叫ぼうと

 

あまり気にしはしていないけど、やっぱり心配にはなります。

 

ストレスがたまってるのかなーとか、嫌な事あったかなーとか。

 

もっと明日はこうしてあげようとか、いろいろ反省したりして。

 

でも、先生にも相談しましたが、そのうち治るものなので

 

うちは気長に付き合って行こうかなと思っています。

 

あまりにもひどい場合は小児科を受診することをおススメします。

 

睡眠障害の専門医もいますが、まずは小児科で相談して、

 

それから紹介状なりで診てもらうのが一番だと思います。

 

薬とかもあるようですしね。

 

先ほども記載しましたが、子供の夜驚症で親のストレスが溜まって、

 

子供に当たり、もっともっと状況が悪化することもあるようなので、

 

そうなる前にぜひ受診を!

 

アパートなどで声が響いてしまったりするご家庭もご近所迷惑になるかもしれないので、

 

相談したほうがいいかもしれないですね(;´∀`)

 

けっこうバタバタしてうるさかったりします・・・

 

そこまでじゃない方はぜひ一緒に気長に見守ってあげましょう!

 

私もなだめながら頑張っていきたいと思います。

 

ストレスがたまってるのかなぁと思ったら発散させてあげたりね。

 

子供に起こされるのは全然大丈夫!

 

旦那に起こされたほうがイライラするから旦那のほうをどうにかしてほしいわ!…なーんてね…

 

→息子の夜驚症が治った話

小学生の息子の夜驚症(やきょうしょう)がすっかり治りました!夜驚症のその後・・・
夜驚症の記事を書いてから、夜驚症の子がけっこういたので驚きました。 子供の夜驚症、こちらも大変で精神的にもまいってしまいますが、絶対に治ります。 ほっとくしかないという

→2年後にまた夜驚症になった話

夜驚症(やきょうしょう)再び!小4の息子の夜驚症の原因と治まった日数
以前、夜驚症についての記事を書かせていただきましたが、あれから2年。 小2だった息子も小4になりました。かなり落ち着いてきたかと思いきや・・・最近また夜驚症の症状が現れたので
Share Button

関連記事

ピックアップ記事

こどもバナナ青汁

低価格!栄養満点こどもバナナ青汁レビュー!子供が飲み干す青汁の飲み方!

子供に栄養をとってもらいたい・・・そう思うのは親なら誰でも思うこと。特に好き嫌いが多い子には「どうやって栄養をとらせればいいの!?」と必死に…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る