小学校低学年の忘れ物は親の責任?忘れ物が多い子供は毎日持ち物チェック!

 

先生から口をすっぱくして言われるのが「低学年の忘れ物は親の責任

 

私は、先生から毎日のように言われています。

 

子供が忘れ物をしないように、しっかりと毎日チェックしてあげないと先生からの心象が悪くなるかも・・・



子供は忘れ物が多い

 

子供って、注意力が散漫で、すぐ他に気をやるので基本的に忘れ物は多いです。

 

自分で完璧に見えても「あれ?忘れちゃった?」ということがたびたびあります。

 

我が家の長男はADHDなので、本当に忘れ物が多かったです。

 

持ち物の準備をしているはずが、いつの間にか他のことを始めてしまい、

 

結局他の事に気をとられて準備が途中で忘れ物をしてしまうなんてしょっちゅうでした。

 

ただ、高学年になってからは、だいぶ忘れ物も少なくなり、私もチェックしなくても大丈夫になりましたけどね。

 

もし、お子さんが毎日忘れ物が多くて、

 

「もう!!なんでこんなに忘れ物が多いの!!」と思っている人は、

 

子供だから忘れ物をするんだと諦めてください。

 

忘れ物なんて、子供だけじゃなく、大人もしますよ。

 

人間は完璧じゃないんです。

 

自分のことを棚にあげて、子供ばかり怒るのは止めましょう。

 

子供の忘れ物を減らす方法

 

子供の忘れ物を減らすには、お母さんがしっかりしなくてはいけません。

 

「そんななんでもかんでも人に頼っていたら、大きくなってから困るでしょ!」と言う人もいると思います。

 

本当にその通りなんですよね。

 

結局自分でやらないと意味がありません。

 

でも、どうしても忘れ物が多くなってしまう子もいるので、慣れるまでは一緒にやってあげましょう。

 

高学年になってまで「お母さん、明日の準備一緒にしよう~」なんて子はほとんどいませんから。

 

せめて低学年のうちだけでも、しっかりと見てあげましょう。

 

1.子供と一緒に次の日の準備をする

 

まず、お母さんが、持ち物をしっかりと把握していないといけません。

 

予定表をしっかりと確認し、ちゃんと道具が揃っているか確認しましょう。

 

一緒にやってもいいですし、先にお子さんが用意したものを確認しても良いと思います。

 

とにかく持ち物は全てしっかりと持たせましょう。

 

ただ、子供に何もやらせずに、お母さんが用意してしまうのはNG!

 

そんなことしたら、子供が自分のカバンに何が入っているか理解しませんし、

 

何より、全部人にやってもらうようになってしまう。

 

大人になっても忘れ物ばかりしている人になってしまいますよ。

 

あくまでも、「お母さんはサポートで、準備は自分でするもの」というスタンスでいたほうが良いです。

 

なので、一緒に準備するにしても、私は

 

「明日の道具確認してねー」「教科書全部入れましたかー」「鉛筆はどうですかー」

 

と横から口出ししているだけです。

 

そして、念のため、あとから最終チェックしてます。

 

用意自体は子供にやらせて、何か足りないものがあったら子供に伝えて、それも自分で用意させましょう。

 

2.学校に行く前に最終チェックをする

 

学校に行く前に、声を出して最終チェックすることも良いです。

 

我が家は玄関にこんなものを貼っています。

 

 

ここまでやって、やっと忘れ物が減りました。

 

教科書類はいいのですが、その日に必要なものを持って行くことがいつも出来ず・・・

 

例えば、先日は、鍵盤ハーモニカが必要だったので、準備の時にカバンの上に置いたのにも関わらず、

 

結局鍵盤ハーモニカを持って行くのを忘れて、先生に怒られていました。

 

準備はしたのに・・・!

 

でも準備しても忘れたら「忘れ物」なんですよ。

 

先生は「また〇〇くんなの!?」と思い、どんどん評価が下がってしまう結果に。

 

鍵盤ハーモニカの時は、子供がいつの間にが学校に行ってしまったので、持ち物の最終チェックが出来ずに忘れました。

 

なので、絶対に玄関で確認することを念頭に置いています。

 

玄関は最後の砦。

 

ここで、お母さんも「アレ!?鍵盤ハーモニカ持ってないね!」と思い出せるくらいには、気を付けてあげると良いでしょう。

 

3.ホワイトボードなどを活用する

 

昔、私の実家にホワイトボードがありまして。

 

家族の連絡事項とか必要事項を書いておくものでした。

 

これに書くと、忘れないんですよね、確かに。

 

私の母は買い物したいものをメモしていたり、連絡事項を書いたり。

 

私たち子供も忘れたくないものを書いたりしてました。(たまに盛大にいたずら書きもしてました。)

 

我が家も大きなホワイトボードを買って、「大事なことはメモをする」ということで活用しています。

 

玄関の近くにあると、家を出る時に確認が出来るので良いですよね。

 

ホワイトボードなどの活用もおススメです。

 

大人でも忘れ物が多い人もいる

 

本当にうっかりミスで、自分でも「あれ!?忘れた!」と言うことがありますよね。

 

ありませんか?私はしょっちゅうです!

 

大人でもそうなるんですよ!!

 

そういう時は、忘れ物がないように自分でメモに書きだしたり、スマホに書き出すことが大切。

 

子供の場合は先生があらかじめ、時間割に持ち物を書いてくれることが多いので、

 

しっかりとそれを見て、忘れ物をしないように気を付けてあげましょう。

 

授業も滞りますし、困るのは子供です。

 

自分が悪いとはいえ、そういうことをサポートするのは確かに親の役目なのかなと思います。

 

まずは忘れ物をしない習慣付けからやっていきましょう!

 

高学年になった時には、自分で用意が完璧に出来るようになっていると良いですね。

 

Share Button
スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

小1足し算・さくらんぼ計算のやり方!子供とカードゲームで!【テンプレート配布】

小学校1年生のたし算・・・ これからもっと勉強が難しくなってくると思うと、 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る