子供をオタクにしたくない!?子供のおたく趣味を理解してあげよう

 

子供をオタクにしたくない!

 

そんなお父さんお母さんもいると思います。

 

オタクにしたくないから、アニメも漫画もゲームも全て禁止にする!

 

いやいや、それって逆に危ないと思いますけど・・・



オタクになるかならないかは、わからない

 

正直な話をすると、今の時代、どこからオタクでどこまでがオタクじゃないのかの線引きが難しいと思います。

 

漫画を読んでいるだけでオタクになりますか?

 

アニメを見ているだけでオタクになりますか?

 

ゲームをしているだけでオタクになりますか?

 

そこの基準って難しいですよね。

 

日本はオタク文化と言われるくらい、オタクが根付いています。

 

今のスマホやネット環境が整っている世の中で、逆にそういうことに興味がないほうが難しいような気がしますよ。

 

例えば子供の頃、一切漫画やアニメを見ていなかったらオタクにならないかというと、そんなことありません。

 

親が管理しきれなくなる、中学校や高校生あたりから、漫画やアニメにハマってしまうパターンもあります。

 

だって、これって完全に好みの問題ですから、親が管理できる問題ではないんです。

 

というか、「オタクにしたくない!!」という人は、何をもってそう言っているのかが私にはわかりません。

 

いわゆる、アキバ系のようなオタクにしたくないということでしょうか?

 

左の画像のような感じがいやだってこと?

 

引きこもって、二次元しか興味ない人間にしたくないということ?

 

自分が「気持ち悪い」って思うような人間にしたくないってこと?

 

それって、子供の頃にアニメを見せる、見せないは一切関係ないと思いますよ。

 

コミュニケーション能力のあるオタクになればOK?

 

上記も言いましたが、オタクといってもピンキリと言いますか・・・

 

親がどこからどこまでをオタクと言っているのかで変わってくると思います。

 

例えば、芸能界でもたくさんオタクの方はいますよね?

 

トークの面白い芸人さんや、

 

とびきり可愛いモデルさんたち。

 

若いイケメン俳優と言われる人たち。

 

毎日自分を鍛えているスポーツ選手。

 

コミュニケーション能力も高いし、見た目にも気を配っていて、人生を楽しんでいる素敵な人たちです。

 

でも、フィギュアを集めていたり、漫画を読んだり、ゲームをしたりする人も多いですよ?

 

それでもオタクはダメなのでしょうか?

 

1つの趣味として認めてあげることは出来ないのでしょうか?

 

今や、アニメや漫画やゲームなんて、誰しも一度は通る道。

 

そればかりに熱中して、犯罪を犯したり、引きこもりって誰とも話さなくなる・・・なんていうのは極端な例で、

 

別に漫画が好きでも、ゲームが好きでも、

 

オシャレで友達も多くて、普通に生活している人を「オタクは気持ち悪い!」と言えますか?

 

問題は、普通に生活していく上でのコミュニケーション能力があるか、ないかということではないでしょうか。

 

抑制するのは絶対にNG

 

オタクにしたくないなら、抑制することはしないほうがいいです。

 

本当に子供が興味ないならいいと思います。

 

中には、漫画とかアニメには興味がなくて、活字の本ばかり読んでいるような子もいますし、スポーツばかり楽しんでいる子もいます。

 

子供の頃から、アニメや漫画ではなく、ドラマや映画などの難しい話が好きな子もいますし。

 

本人が全く興味ないならそれで良いのですが、問題は、

 

本当はアニメや漫画やゲームが大好きな子の場合です。

 

本当は、アニメや漫画やゲームが好きな子を抑制してしまうと、絶対にいつか爆発します。

 

それこそ、「親に怒られるから学生時代はこっそり見ている」レベルでも、

 

大人になって、それが爆発して、1人暮らしを機に部屋中アニメグッズで埋め尽くされるということも。

 

実際に、親がうるさくて、オタクだということを隠していた友達は、1人暮らしを初めてからアニメグッズの中で暮らしている子もいます。

 

親が来ても絶対に部屋にいれないし、自分も里帰りするより家でアニメグッズに囲まれていた方が良いから、何年も実家に帰っていないと言っていました。

 

好きなものを好きって言えない環境を作り出すような親になんて、相談などもしてくれなくなりますよ。

 

「どーせ言っても理解してもらえない」「口うるさく怒られるだけ

 

それが子供の心理になってしまうからです。

 

好きなものを取り上げてどうするんですか。

 

ストレスのはけ口がなくなるだけなんです。

 

自分はどうですか?好きなものを取り上げられる気持ち。

 

「好きなものを今から取り上げます」と言われたらどんな気持ちになりますか?

 

私は絶望しか残らないです。

 

なので、オタクという趣味自体を理解しろとは言いませんが、

 

子供の好きなことを否定したり、取り上げるのは絶対にやめましょう。

 

どうしてもオタクにしたくない場合はどうすればいいの?

 

オタクにしたくないというか、それ(二次元)ばかりにしたくないということであれば、

 

いろいろな経験をさせてあげることが一番です。

 

つまり、他にも好きな事を見つけてあげればいい。

 

オシャレが好き、スポーツが好き、友達と遊ぶことが好き、旅行が好き、映画が好き、外国語が好き

 

アニメや漫画やゲームはあくまでも、「趣味の1つ」として考えることが出来れば、特に引きこもりのオタクになるようなことはないと思います。

 

そのためにも、たくさん褒めてあげましょう

 

二次元に逃げてしまう人は、自分に自信がなく「自分は何をやってもダメなんだ」と考える人も多いです。

 

そのため、「あなたはすごい!」「なんでもできるね!」という言葉がけを子供の頃からすることで、

 

「自分は何でも出来るんだ!」と思い、いろいろなことに挑戦できるようになります。

 

いろいろなことに挑戦する中で、自分の一番やりたいことを見つけていけばいいのです。

 

なので、オタクにしない…というか、オタク趣味ばかりにしないためには、アニメや漫画やゲームを我慢させることよりも、

 

・いろいろな経験をさせてあげる

 

・たくさん褒めて自信をつけてあげる

 

・友達とたくさん遊ばせて、コミュニケーション能力を育てる

 

・家族でもたくさん会話する

 

これらのことが大切になってくるのではないでしょうか。

 

アニメや漫画が全て悪いわけではない

 

上述しましたが、芸能界やスポーツ選手の中にも、たくさん漫画やゲームが好きな人はいます。

 

でも、それはあくまで息抜きや趣味の1つとして楽しんでいるだけですよね?

 

むしろ、中には、「アニメを見て感動してこのスポーツをしようと思った」という人や

 

漫画を見て、人生が変わって、僕もいろいろやってみようと思った」と思って職業を決めた人もいるわけです。

 

漫画家さんだって「漫画が好きだから漫画を描き始めた」という人も多いですしね!

 

子供の頃に見る、漫画やアニメって、全部が全部悪いわけじゃないですよ。

 

正義感だったり、仲間の大切さだったり、大げさかもしれませんが、良いことと悪いことを漫画から学ぶことだってあります。

 

それを全部禁止にすると、子供たちは真っ直ぐ育つのか?というと、そうではないと思います。

 

アニメや漫画やゲームがない時代だって、悪いことをする人はたくさんいましたし、あんまり関係ないと思います。

 

アニメや漫画やゲームを悪者にしても、何も解決しませんよ。

 

私の子供の頃の話

 

私の子供の時代って、スマホもパソコンもない時代ですし、漫画も買わないといけなくて、お金がなくて買えないなら友達の家で見るしかなかったんですよね。

 

私はファミコン世代なので、子供の頃、よくファミコンをやっていましたが、ソフトを買えなかったので、お友達の家でやらせてもらっていました。

 

まぁ、ぶっちゃけて言うと、我が家は3兄弟ですが、全員オタク趣味になりました。

 

うち、母が厳しかったんですよね。

 

もちろん、私ですらオタク趣味を理解してもらえない世代なのに、母の世代なんて、オタクは未知のものなんですよ。

 

だから、ある程度大きくなっても、見たかったアニメも見せてもらえませんでしたし、ゲームもあまりやらせてもらえなかった記憶があります。

 

でも、多分生まれ持ったものですが、うちは3人共、ゲームとか漫画が大好きな兄弟だったんです。

 

なので、各々が母に内緒で楽しんでいました。

 

それこそ、私は友達の家で楽しんでましたね。家で楽しめなかったから。

 

それが、ある日、家に帰ると、ゲームもアニメも漫画も全部捨てられた時がありました。

 

私たちは「??????」な状態。

 

母は教育熱心でもあったので、漫画やゲームは悪影響だと思ったんでしょうね。

 

全部捨てられたんですよ。

 

そこで3人共爆発

 

弟なんて、一番ブチギレて、物にあたって、窓ガラス割ったりしてました。

 

私たちも、泣いてわめいて、3人で家出しました。

 

あの時は全員で本気でキレまくりましたね…。

 

結局、捨てたと思っていましたが、物置の奥に隠してあったので、また手元に戻ってきた漫画やゲームを見て一安心。

 

それからは隠すこともせずに、普通に母親の前でも楽しんでましたね。

 

母も父に「やりすぎだ」と言われ、反省したのか、それ以降は理解してくれるようになり、良好な関係になることができました。

 

そういうことにもなりかねないんですよね。好きな事を奪うと言うのは。

 

ちなみに、私の旦那さんも3兄弟ですが、全員わりとオタクです。

 

オタクというか、アニメとか漫画とかゲームとか普通にする感じ?

 

でもみんな国立大学いってますし、義理の弟たち超イケメンでモテまくってます。

 

だから、オタクとかって括りで嫌がらないで、本当に1つの趣味として理解してほしい。

 

全員が全員、引きこもって一日中ゲームしたりアニメ見たりするわけじゃないし、好きなものを取り上げるのだけはやめてほしいと思います。

 

最後のまとめ

 

私のお友達の中には、お医者さんの奥さんがたくさんいますが、

 

「家を建てるときにガンプラの部屋を作ったんだよ・・・気持ち悪い・・・」

 

とか

 

「なんか、家でゲームばっかりしてるんだよ・・・信じられない」

 

とか

 

お医者様の内緒の話をいろいろ聞きます。

 

お医者様だって、オタク趣味の人がたくさんいますし、

 

警察官だって、国家公務員だって、政治家だって、オタク趣味の人はたくさんいるんですよ。

 

むしろ、ゲームが得意なお医者様は、手術が得意だって昔テレビで見ましたよ。

 

カチャカチャとコントローラーの細かい動きが出来る人は、手術でも細かい動きが得意なんだとか。

 

だから、一概に「オタク」という趣味を嫌がる必要もないと思います。

 

子供の頃は普通にアニメや漫画を見せてあげて、その他にもいろいろなことを経験させてあげて、自分に自信が持てるような子に育てば、特に趣味なんて問題ないと思いますけどね。

 

オタクオタクと嫌がらずに、どのように親が接するかが非常に大切なことですよ。

 

Share Button
スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

1年間チャレンジタッチを使ってみての感想、チャレンジタッチは身になるの?

我が家の長男がちょうど小学校に上がる時に「チャレンジタッチ」の講座が開講すると連絡がありました。 それまで幼稚園児向けのこどもチャレンジを…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る