小学生の時計の問題は難しい!時間と時刻の違いと子供への教え方!

 

小学校1年生で時計の読み方を学びます。

 

そして2年生ではその応用編。

 

「●●時から30分後は何時何分?」なんて問題が出てきます。

 

これに引っかかる子、多いんですよね~。

 

意外と難しい時計の読み方と計算方法をご紹介します!



まずは時計の読み方を完璧に!

 

1年生で習いますが、まずは時計の読み方が完璧ではないと、その後が詰まってしまいます。

 

2年生になってすぐにまた時計の応用問題が出てくるので、まずは1年生の時からしっかりやりましょう。

 

時計を読むことが苦手な子は、まずは以下のことから教えてあげてください。

 

短い針について教える

 

いきなり「分」から教えるのではなく、まずは「時」から教えてあげましょう。

 

基本的に短い針は「12」しかないので覚えやすいです。

 

読み方もそのまま書いてある通りでいいですからね。

 

 

「短い針が3のところにあるから、3時だね!」なんて言いながら教えてあげるとわかりやすいです。

 

また、子供は1日の流れで「今何時だろう」というのがわかっていないことも多いので、

 

「朝起きるのは7時」「寝るのは9時」「おやつは3時」

 

というように、1日の流れでこの時間は何時だよというのを教えてあげて、

 

身近に時間を感じさせると、時間というものを意識しやすくなります。

 

長い針について教える

 

問題は長い針なんですね。「分」が難しい。

 

 

だって、時計の数字って「12」とまでしか書いていないのに、「1時間は60分」とか言われても「???」ってなりますよね。

 

まず、

 

・1時間は60分であること

 

・1つの数字の間(1~12の数字のそれぞれの間)は5分であること

 

これらをまずは理解させた上で、実際に時計を一緒に見ながら教えられると良いですね。

 

 

ちなみに我が家では、今では使っていないディズニーシーで買った時計を使って子供と勉強しました。

 

見づらいですが、1分1分の小さい線が入っているんです。

 

この1分の線があったほうが子供はわかりやすい。

 

我が家には、1分の線がない時計もあったのですが、わけがわからなくなってしまって、嫌がっていました。

 

もし余っている時計がなければ、百均でも買える時代なので、1つくらい勉強用にあっても良いかもしれないですね。

 

机に置けるような小さい時計なら、勉強でも使えるし、子供の机に置いておけばいつでも意識できます。

 

ひっかけ問題に気を付けて答えられるように!

 

「5時55分」「8時55分」などのあと少しで時間が変わるよ!という時間は、短い針がギリギリの場所にあるのでひっかけ問題なんですよね…。

 

 

こういうギリギリの問題は、子供は絶対「3時55分!」って答えますからね。

 

まだ3時になっていないので2時55分なんだけど、子供はそれがわからない。

 

ひっかけ問題がきちんと解けなければ、後々の問題も間違ってきてしまうので、

 

短い針がどこにあるのか、

 

数字より前か後なのか、

 

で時間が変わることをしっかりと教えてあげましょう。

 

時刻と時間の違いとは

 

さて、2年生で習う時刻と時間の時間の問題です。

 

これ、初めて見た時説明できなかったなぁ~。

 

時刻と時間の説明をしっかりとして、子供に教えてあげられるようにしましょう!

 

時刻とは

 

時の流れの1点を表すのが時刻。

 

つまり、「●時〇分」という決まっている「時」と「分」で時刻。

 

 

「朝は、学校へ8時00分に行きます」

 

これが、時刻ですね。

 

「待ち合わせは10時00分です」「お菓子を3時30分に食べました」「8時15分にお風呂に入りました」

 

この「●時〇分」と時計の針が差す1つの瞬間が時刻です。

 

時間とは

 

時間は、その字の通り、時の流れの1点と時の流れの1点の間のことをさします。

 

つまり、「〇〇分間」とか「●時間」というのが時間。

 

 

「学校までは8時から8時15分までの15分間で到着します」

 

これが、時間。

 

〇〇時から▲▲時までの間というのが、時間。

 

なので、私たちは普段よく今の時刻を聞きたい時に「今の時間は?」なんて言いますが、間違いですね。

 

「何時?」と聞くのは、時刻。

 

「何時間?」と聞くのは、時間。

 

時間の流れの中の、1点だけ差しているのか、1点と1点の間を指しているのかで違いますので気をつけましょう。

 

時間や時刻を求めましょうという問題

 

「時間」や「時こく」を求めましょう!という問題が出て来た時、子供は混乱します。

 

 

上記のプリントは宿題なのですが、「時こく」と「時間」がまずわかっていないので、

 

時間に「〇〇時〇〇分」と書いて、時刻に「○○時間」と書いて、思い切り逆なことをやっていました。

 

何度も書き直したので、非常に字が汚いですが、説明を繰り返すうちになんとか理解してくれたようです。

 

時刻は「何時」か

 

時間は「何時間(何分間)」か

 

この基本の部分がわからなければずっと理解できません。

 

私はとにかく「時こくって書いてあったら、〇〇時●●分っていうのを書くんだよ!」「時間は”間”って書いてあるから、○○時から▲▲時までどれくらい時間があるかを書くんだよ」と教えていました。

 

何度も何度も繰り返しているうちに、

 

時刻=〇〇時●●分という時の中の1点

 

時間=時の中の1点と1点の間

 

ということは理解できたようです。

 

ということで、なんとか時刻と時間はわかるようになりました。

 

あとは足し算引き算の問題

 

「午後2時から、6時間後の時刻」となると、単純に「2+6=8」で答えは、「午後8時」と考えることが出来ます。

 

また、「午前9時から午前11時までの時間」だと、「11-2=2」で答えは「2時間」と考えることができますね。

 

まずは、時間と時刻をしっかりと把握して、あとは計算するだけ。

 

ただ、これがまた子供にとっては難しいんですよね。

 

「午前」とか「午後」とかつくと混乱して…

 

午前と午後は、午前と午後は12時で切り替わると覚えておけば、間違えなくなると思います。

 

あとはとにかく問題を解くのみ!

 

何度も繰り返し問題を解くことで、時間の問題が出来てくると思いますので、何度も問題を解いていきましょう。

 

私もよく活用させていただいている「ぷりんときっず」様に時間と時刻の問題があるので、ぜひたくさんプリントアウトして、お子さんと一緒にやってみてくださいね!

 

最後のまとめ

 

子供にとっては時計はここが山場です。

 

教える際は、「なんでわからないの!」は封印して、根気強く教えてあげましょう。

 

子供にとっては、時間と時刻の問題は本当によくわからず、初めて触れるものですから。

 

混乱するのも仕方がないんですよ。

 

これがどんどん、当たり前のことになってきますので、今は時計が難しくても温かい目で見守ってあげましょう。

 

午前と午後も混乱するところですが、「朝起きたら午前」「お昼ごはん食べるのは午後」など何をしている時が午前と午後なのかを混ぜて説明すると理解しやすいと思うので、その辺をしっかりと説明してあげましょう。

 

教えるほうも根気よくですよ!

Share Button
スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

子供の水筒はステンレス?プラスチック?水筒選びで失敗したくない!

子供の水筒って何を使っていますか? 私の家ではいろいろ試したのですが、失敗した物もあり学びながらやっと落ち着きました。今回は私が使ってみて…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る