家庭訪問の掃除はどうする!?先生へのお菓子やお茶は?マナーと注意点!

春は家庭訪問の季節!

 

普段から綺麗にしている方はいいですが、先生が来るから家を片付けなくちゃ・・・というあなた!

 

先生は家のどこを見ているか、またおもてなしについて、今日は本職の先生に聞いたお話をしていきます。

 



意外と自分が気付かないところを見ている

 

自分の家にあるものって、自分では風景化してしまってゴチャゴチャしていても気づかないものだったりします。

 

そこにあるのが当たり前」になってしまっているんですね。

 

今一度、「他人の家に来たつもり」で見まわしてみましょう。気になるところがあるかもしれません。

 

現役の先生・・・と言っても母と母の同僚に家庭訪問で気になるところを教えてもらったので、紹介します。

 

(母は小学校で今は特別支援の先生をしていますが、普通クラスも持っていたことがありますし、他の同僚の先生も現役バリバリの先生ばかりです!)

 

・玄関前

 

・玄関

 

・トイレ

 

・部屋の片づけ、ほこり

 

・家の臭い

 

・礼儀やおもてなしの作法

 

・玄関前

 

家に入る前から、もう家庭訪問は始まっています。玄関の前にごちゃごちゃと物が置いてありませんか??

 

こんなことを書いている我が家も冬に雪かきをしたスコップが春先はごちゃごちゃと置いてあるのでさっさと片付けることにします・・・

 

アパートでも玄関の前に段ボールやら、いろいろ置いてある時は注意!

 

・玄関

 

玄関はその家の顔です。私はよく母に「玄関とトイレだけは綺麗にしておきなさい」と言われます。

 

まず扉を開けて目に入るのは玄関ですよね?靴がゴチャゴチャしていたり、

 

靴箱の上に物がゴチャゴチャしていたり・・・それは絶対にダメと言われてきましたし、

 

先生方もそこは気になるみたいです。

 

先生が来る来ないに関わらず、普段から綺麗だといいですね!

 

・トイレ

 

最近の家庭訪問ではあまりトイレは使わないみたいです。

 

コンビニのトイレに行ったりするみたいですよ。

 

ただ、中には「トイレお借りします」なんて人もいるかもしれないので、

 

トイレは綺麗にしておいたほうがいいと思います。

 

ただ、ほとんどトイレは入らないと思ったほうがいいと思いますが。

 

トイレの神様がいらっしゃいますので、トイレもいつも清潔に!

 

・部屋の片づけ、ほこり

 

整理整頓がきちんとできるのか、細かいところまで掃除機をかけているか、

 

そんなお姑さんのようなところまで見る先生は実際いるようです

 

先生方も人間です。やたらと神経質な先生も中にはいらっしゃるでしょう。

 

整理整頓が出来る=いい親というわけではありませんが、まぁ人間性は見られますよね・・・。

 

細かい先生は、食器棚の並び方や、カーテンレールのほこり電球のほこりコンセントの巻き方まで見るそうですよ・・・ホント、姑か!!

 

普段から掃除をしているのか、それとも頑張って掃除をしたのかは、なんとなくわかるそうです。

 

それを聞いた時、恐ろしいなぁと思いましたが、あまり気にしすぎてもね(笑)

 

こっちにはこっちの生活もあるし、そこまで細かいところは気にしなくてもいいと思いますが、

 

例えば掃除機をかけるとか普通に出来ることはやっておいた方がいいと思います。

 

・家の臭い

 

けっこう家の臭いって気になるみたいです。

 

別に香りの種類を言っているのではなく・・・

 

生ごみの臭いとかね!

 

出来るだけ生ごみは袋詰めにして、臭いの出ない場所に置くとか、

 

大きいゴミ箱の奥に入れちゃうとか、ファブリーズをするとか・・・

 

自分の家の臭いって自分じゃ気づかないので、外から入って来て臭うか確認してみると良いかもしれませんね。

 

・礼儀やおもてなしの作法

 

年配の先生だと特に気になるのはここかもしれませんね。

 

最低限のおもてなしの作法だけは身に着けておいた方がいいかもしれません。

 

若い先生でも、ご家庭が厳しかったりするときちんとしてますよ!

 

人をおもてなしする礼儀作法は以下の項目で紹介しています。

 

おもてなしの仕方について

 

おもてなしに決まりはありません。

 

が、最低限これだけはあるといいかな?と思えるところを聞きました。

 

・スリッパの用意

 

・お茶の用意

 

以上、二点だけです!

 

正直、おもてなしって各ご家庭でも全然違いますし、来客へのマナーとしてきちんと対応できればいいのではないでしょうか。

 

それよりも先生のほうが、粗相がないように気を使ってると思いますよ。

 

ご自宅へ行く作法を学ばなくては!という方もいると思います。

 

ちなみに我が家の場合は、

 

先生がお見えになる

玄関先でお出迎え(スリッパは履きやすいように、玄関の靴はあまり置かないようにする)

中へ通してすぐにお茶を出す

子供の教育相談

終了後、玄関を出て先生が見えなくなるまでお見送り

 

と、こんな感じです。

 

たった15分程度の出来事なのでこんな感じです。

ちなみに、うちに来る先生はいつもお茶には手をつけられません。

 

本当は温かいお茶を素敵に出したいのですが、先生って短時間しか滞在しないので、

 

急須からお茶を入れている時間がもったいないと思っているかもしれないと思い、

 

冷たいお茶を出しています。(私は手際良く暖かいお茶を出せないので・・・)

中には話し続けて喉が渇いている先生もいるかもしれないので、飲み物は出しましょう。

 

そういえば、一度、4月とは言え、移動が多くて先生も暑かったのか、冷たい飲み物をすごく喜ばれた時がありました。

 

先生も緊張して、汗をかいていることもあるかもしれないので、冷たい飲み物でも良いと思います。

 

あと、最近は本物の昆布が入っている昆布茶を出していますが、これも珍しいので飲んでくれる先生が多いですね。

 

 

なんか作戦勝ちな気分で私は嬉しいです!

 

でも、別にあんまり気にしないよ大丈夫だよと私がお話を聞いた先生方は言っていましたけどね。

 

なので、お茶の種類とかはあまり考えなくても大丈夫

 

まぁおもてなしの心と言うものがこもっていればOK。

 

普通に自分の家に人が来る時の招き方をすれば大丈夫です。

 

お菓子は用意すべき?

 

お菓子はいりません。

 

先生、絶対食べませんから。

 

遊びに来たんじゃないのに、和やかにお菓子食べながら話すのもちょっと…。

 

ただ、形式的な形で、あっても大丈夫ですよ!

 

私の友達のおせっかいなおばちゃんタイプの友達は、お菓子を用意して、先生が帰る時に、

 

「先生お菓子持って行きな!」って持たせると言っていました。

 

そのために小さな袋まで用意しておくんだとか。

 

そこまではする必要がありませんが、私も一度試しに実行してみたら、とても喜ばれたことがあります。

 

「先生丸つけしながらつまみな!」とおばちゃん全開でお渡しするのも良いと思いますし、

 

それでも受け取らない人もいるので、最初からお菓子を用意しなくても良いですし、どちらでも良いと思います。

 

先生の座る位置

 

「お客様だから上座に座ってもらった方がいいのかな…?」

 

家庭訪問の時は、そんなこと考えなくて良いです!

 

上座って、入り口から一番奥の座席を指しますが、

 

時間がなく、急いでいる先生からすると、そんな奥に座らされるのは少し迷惑です。

 

先生はパッと話して、パッと帰りたいので、家庭訪問の時は上座下座にこだわらず、

 

先生がすぐに立ち上がって帰れる位置に座らせてあげましょう。

 

子供の教育相談だから家は関係ないんじゃない?

 

家の綺麗さなんて、子供のこと話すのに関係あるの?という方もいると思います。

 

私もそう思っています。

 

そのままの姿を見てもらってもいいじゃない、そう思いますよ。

 

でも、「来客がある時に部屋を片付ける」というのは、別に先生じゃなくてもそうですよね?

 

誰かお友達が来るとなったら、少しでも綺麗にしようと思いませんか?

 

それと同じです。

 

大事なのは「お・も・て・な・し」の心なんです。

 

親として、大人として、きちんとしている姿は見せたいと思うし、

 

子供も「人を招くと言う事」について覚えてくれるいい機会だと思います。

 

なので、出来れば私はちゃんとしたところを見せたいと思っています。

 

そういうの別にいい、って思う方は別にありのままの姿を見せてOKだと思います。Let it go!

 

最近は玄関先だけの家庭訪問も増えている

 

先生も忙しいですし、最近は玄関で軽く話して終わりという家庭訪問も増えているようですね。

 

ただ、玄関先ということで、部屋の中を片付けないのはダメですよ。

 

意外とドアを開けたら見えちゃいますし、玄関だけではなく、全体的にお片付けできると良いですね!

 

お部屋がキレイだと運気も上がりますし、ぜひ常にキレイな状態を保っておきたいものです…。

 

最後のまとめ

 

上記はあくまでも一部の先生の意見ですので、全く気にしない先生もいます。(実際人それぞれって言ってました)

 

それこそ、親御さんとお話に来たんだ!というスタンスの先生でしたら、別に部屋の綺麗さなんて気にしないと思います。

 

ただなぜ、こちらが学校へ行く面談ではなく、家庭訪問なのかということを今一度考えてみるといいと思います。

 

子供がどういう環境で育っているか」というところを見に来るのも、家庭訪問の一つの意味なんではないでしょうか?

 

人が来る時のおもてなしの作法や、礼儀、そう言ったものをきちんと出来る親だと思ってもらえれば、

 

先生も安心すると思いますし、しっかりされていると思ってもらえれば人間的な評価に繋がると思います。

 

私は20代前半で子供を産んで、そこまで若いつもりはありませんでしたが周りからは「若いねぇ」なんて言われて、「若い親だから子供が・・・」と陰口を言われたことがあります。

 

だから特に、おもてなしや家の片付けはきちんと頑張ろうと思って頑張っています。

 

ここだけは私は絶対に人に文句を言わせたくないところです。

 

まぁでも、片付けが苦手な人もいると思うので、そこまで神経質にならなくても大丈夫ですよ。

 

おもてなしも心がこもっていればOK!

 

忙しくて片付けが出来ない人もいますし、おもてなしに慣れていない人もいるでしょう。失敗したって大丈夫!

 

その代わり、お子さんのお話はぜひ真摯に聞いてくださいね!

 

その姿勢だけでも、先生は満足して帰って行くのではないでしょうか。

 

一番は子供のことをきちんと考えてあげられるかどうか、だと思いますので、家庭訪問を無事に乗り切っていきましょう!

Share Button
スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

子どもの辞典はどうやって選ぶ?見やすさと子どもに合うものを選ぼう!

子どもの辞典はどれも同じじゃない?と思いがちですが、全然違うんです。 私が子供の頃にもあったのかなぁ、こんなの欲しかったなぁ、と思うよ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る