おしゃぶりっていいの?悪いの?いろんな意見があってわかんない!外し方は?

i027

おしゃぶりって”別に問題ない”という人もいますし、”絶対ダメ”という人もいますし、本当のところはどうなの?と思いませんか?

我が家の次男もおしゃぶりをしておりました。外すのに大変苦労しました・・・ということで、今回はおしゃぶりについてです。

スポンサーリンク
 

おしゃぶりをすることのメリット・デメリット

以下が私の考えるおしゃぶりのメリット・デメリットです。

メリット

・ぐずりが少なくなる

・夜の寝かしつけが楽

・割と寝てくれる

デメリット

・噛みあわせに影響が出ると言われている

・月齢が上がってからだと外すのが大変

・きちんと消毒しないと不衛生

・おしゃぶり代がかかる

デメリットの方が多くなりましたが、おしゃぶりの一番の良さって「寝つきが良くなる」ということではないでしょうか。

寝つきが良くなるのって、本当に助かりますよね!

おしゃぶりは使い方さえ間違えなければ、鬼に金棒な超スペシャルアイテムになり得ます。

 

おしゃぶり使うな!と言われてもあなたに私の何がわかる

「おしゃぶりなんて使わないで頑張りなさいよ」と言う人も中にはいます。

でも、私はおしゃぶりを与えることで少しでも楽になるならそれでいいと思っています。

育児って本当に大変ですよね。必死ですよこっちは。ノイローゼや鬱になる人もいるくらいですから、相当大変なことです。イライラしてしまうこともあるでしょう、毎日寝不足でつらいこともあるでしょう。

そんな時に、おしゃぶりを与えて少しでも精神的に楽になるのであれば一時的な使用もいいとのではないでしょうか。

中には「甘い」「昔はおしゃぶりがなくても頑張った」と言う人もいますが、それはそれ、これはこれ。というか、そもそも自分と他人を比べているばかりの人の意見は聞かなくてもいいです。

だってツライと思うことは人それぞれなんだから。トマトが好きな人と嫌いな人がいるように、子育てだって、楽しいと思える人とつらいと思う人がいるんです。

どうしても自分には苦手なことだってある。イライラして子供にあたるくらいなら、与えてしまうのも一つの手段です。

だって、おしゃぶりが本当にダメなものならおしゃぶりはとっくに絶滅してますよ!正しい使い方が出来れば大丈夫ということです。

 

ずっとつけているのはダメ?

IMG_4726

私は次男におしゃぶりを与えていましたが、基本的に「夜寝る時だけ」にしていました。上記の写真はなぜか昼間に撮ったものですが、他の写真を探しても昼間におしゃぶりをしている写真はこれだけでした。

いつも「寝る時だけ」だったので、おしゃぶりは持ち歩くことはなかったし、私の周りもうちの子がおしゃぶりをしているとは思っていなかったみたいです。

1歳半検診の時に、歯並びを見てもらう時にチェック項目の中に「おしゃぶりを与えている」という項目がありました。私は正直にそこにチェックを入れ、先生に相談しました。

先生が言うには、やはり早めに外さないと噛みあわせに影響が出て来るとのこと。うちの子は夜だけだったので何も影響はなかったようですが、「昼間はつけないこと」「早く外すこと」と言われました。

やはり常につけているのは噛みあわせへの悪影響を及ぼしてしまうようです。常につけている子も中にはいますが、きちんとメリハリをつけて使うことが大切なんですね。

 

2歳半まで外せなかった我が家のお話

まず、うちの長男の時に非常に寝かしつけに苦労した私は、「絶対下の子にはおしゃぶりを与えよう」と最初から決めていました。

長男が非常に手がかかる子だったので、2人育てるとなるとどうしても私のストレスが溜まるのが目に見えていたからです。

少しでも睡眠時間がとれればいいなぁと思い、次男が3ヶ月の時におしゃぶりを与えてみました。

最初はペッと出してしまいうまく吸えなかった息子ですが、何度か試しているうちにおしゃぶりを非常にうまく使いこなすようになりました。

今まで、長男は寝かしつけに必死で本当に大変だった記憶しかない私は、次男がおしゃぶりを吸いながら寝てくれる姿に感動。こんなにも楽なのかと思いました。

それからと言うもの、おしゃぶりは息子だけではなく、私自身もとても助かるアイテムとして大活躍してくれたんですが・・・これがなかなか外すのが大変で・・・。

息子が2歳半の時に、実家に帰ったのですが、その時おしゃぶりを忘れてしまいました。

2歳半なので話せばわかる!おしゃぶり忘れたんだ~と説明すると、息子は納得。なくても寝たんです。

ああ、なくても寝れるならこれを機におしゃぶりを外そうと決意したものの、家に戻った瞬間に「おしゃぶり」とはじまりました。家に忘れたっていったんだからあるはずだろうと訴える息子。

私は「ないです」と言いました。「家を留守にしている間に泥棒が来て持って行ってしまいました」と言うと、それから一ヶ月、しつこく「おしゃぶり~」と泣かれました。

でも、やっぱり徐々に慣れるもので、その一ヶ月の間にも徐々に泣くのが少なくなり、一ヶ月を過ぎると泣かずに普通に寝られるようになりました。

こうして無事におしゃぶりを外せたのですが、それまで何度もおしゃぶりを外すのに失敗してますし、一晩中泣いてたし、本当にひどかったです。精神的にまいってしまいました。断乳をしている気分でした。

けっこう次男はしつこい子なので、かなり執念深くおしゃぶりを探し歩いたりもしていました。でもないものはない。

けっこう断乳も一週間くらいで成功したりするので、それに比べたら一ヶ月はかなりしつこかったです・・・本当に大変でした。

大きくなってからだといろいろなことがわかって来るので、やはり早めに外してしまうことをお勧めします。お母さんの余裕があれば!ですが。

 

最後のまとめ

結局、おしゃぶりって使ってもいいの?悪いの?というと、寝る時限定で使うなら使ってもOKだと思います。

一日中おしゃぶりをしていたり、大きくなってもずっとおしゃぶりをしているのは噛み合わせへの影響が考えられるのでやめたほうがいいですよということですね。うちも寝る時だけだったのでなーんにも影響なく育ちましたよ。

あまりにも月齢が低いと、おしゃぶりに慣れてしまっておっぱいを吸ってくれなくなってしまう事があるので注意が必要です。

またおしゃぶりがダメな子もいますので、あきらめが肝心ですよ!

「おしゃぶりで楽をしようだなんて!」と言う人もいると思いますが、そこは気にせずに!おしゃぶりがあるおかげで笑って子育て出来るなら万々歳じゃないですか。

ただし、何度も言いますが、噛みあわせの問題があるので常につけているのは要注意!また大きくなってくる前に出来れば外したほうがいいです。

もし外れない場合は小児科の先生に相談するといいみたいですよ。そんなことにも相談にのってくれるなんて小児科の先生ってすごい。

ちなみに私の姪っ子は、おしゃぶりを赤くペンで塗られ、「大変!血が出てる!」と私の母に脅されたら、自分からゴミ箱へおしゃぶりを捨て、それからあっさりおしゃぶりがなくても寝るようになったそうです・・・。

おしゃぶりから血・・・その発想はなかった(;´∀`)

これを読んでいるアナタも、おしゃぶりを正しく使って、少しは子育てが楽になるといいですね!

Share Button

関連記事

ピックアップ記事

子どもの辞典はどうやって選ぶ?見やすさと子どもに合うものを選ぼう!

子どもの辞典はどうやって選ぶ?見やすさと子どもに合うものを選ぼう!

子どもの辞典はどれも同じじゃない?と思いがちですが、全然違うんです。 私が子供の頃にもあったのかなぁ、こんなの欲しかったなぁ、と思うよ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る