おっぱいが出なくて悩んでいる方へ、おっぱいが出ない時はどうすればいいの?

出産おめでとうございます。赤ちゃんを産んで、

 

「よし!おっぱいで育てるぞ!」と意気込んだものの・・・

 

おっぱいが出なくて、ミルクと混合になってしまったり・・・。

 

私も出なくて本当に苦労しましたが、それでも子供が1歳8ヶ月になるまで

 

おっぱいをあげることが出来ました。まぁ混合でしたけど(笑)

 

今悩んでいる方はぜひ私の経験談を参考にしてもらえればと思います。

 

母乳が出るか出ないかは体質にもよる

スポンサーリンク
「私おっぱいでないの・・・?」と不安になる気持ちはわかりますが、

 

こればかりは日々の生活だけではなく体質にもよる問題でもあるのです

 

私の母はめちゃくちゃ母乳が出たらしいのですが、私と双子の妹はほとんど出ません。

 

母親が母乳が出ると、体質が似ることから母乳が出やすいと聞きますが、

 

私たちには遺伝しなかったみたいです。

 

以下が母乳が出ないと言われている原因です。

 

・ストレス、不規則な生活
・食事のバランスが悪い
・体が冷えている
・赤ちゃんに吸わせる回数が少ないor赤ちゃんが吸えていない
乳腺の位置が奥にあるor少し違う位置にある

 

ストレスや、不規則な生活、また食事のバランスや赤ちゃんに吸わせる回数等は

 

よく言われていることなのでご存知かと思いますが、

 

乳腺の位置についてはなかなか知らない人も多いです。

 

これは実際、母乳育児専門の助産師の方に言われたことですが、

 

私も妹も乳腺が深いところにあるため、なかなか母乳が出てくれないらしいのです。

 

また、位置がおかしく、乳首の横から母乳が出ます。

 

乳首の横って何!?って思われるかもしれませんが、

 

これは本当に乳首の横から出るんです。

 

乳首じゃないところから母乳が出ます。

 

これだといくら乳首にうまく赤ちゃんが吸いついても、

 

母乳がおかしなところから出て吸えませんね。

 

これが、体質によるものです。

 

私たち双子はまさにこの体質でした。

 

なので2人ともおっぱいがうまくあげられずに困りましたよ・・・。

 

乳腺炎とか縁のない話でした。

 

「いろいろ頑張ってるのに、おっぱいが出ない!」と言う人はこういう体質も考えられますね。

 

母乳が出やすくなる食べ物&飲み物

 

母乳が出やすくなると言われている食べ物や飲み物をまとめてみました。

 

【食べ物】
お米・ほうれん草・大根・にんじん・ごぼう・白菜・芋類・豆類・りんご

 

【飲み物】
ハーブティー・たんぽぽ茶

 

食べ物は根菜がいいと言われていますね。

 

体を温めるためにもスープにして飲むのがいいかもしれません。

 

基本的にバランスのいい食事であれば、何を食べても大丈夫なようですが、

 

脂肪を多く含む食べものはおっぱいが詰まりやすくなるのは有名です。

 

甘い物や脂肪分が多いものを食べる時は気をつけましょう。

 

と言っても私は甘い物を食べないとストレスが溜まるので食べていましたが、ほどほどが大切です。

 

popotan_hot_image飲み物に関しては、ハーブティーやたんぽぽ茶がいいとされています。

 

今は母乳にいいとされるいろいろな種類のハーブティーもありますし、

 

自分で好きな味や香りのものを選んでみるといいと思います。

 

温かいお茶にして飲むと体も温まり、香りで癒されリラックス効果が期待出来ます。

 

また、今は「たんぽぽコーヒー」というものもあります。

 

私の友だちは極度のカフェイン中毒で(;´∀`)とにかくコーヒーを常に

 

飲んでいないとダメという子がいるのですが、妊娠中はあまりよくないですよね?

 

もちろん出産してからもカフェインのとりすぎはおっぱいに出てしまうので、

 

良くないのですがそんな時はこのたんぽぽコーヒー!

 

コーヒー飲めるし、母乳の出も良くなるし、一石二鳥!

 

私の友だちにも教えて早速購入していました。

 

味が好きじゃないのにおっぱいのために飲む・・・なんてストレスが溜まるだけなので、

 

いろいろ試してお気に入りを見つけるのがいいですね♪おススメのものを宣伝しておきます(笑)

 

 

母乳はあげればあげるほど出る

散々「私はおっぱいでないよ!」と言いましたが、

 

なんと長男は1歳8ヶ月までおっぱいをあげていました。

 

一体、どうして・・・と思われるかもしれませんが、

 

根気よくあげ続けていた、この一言に尽きます。

 

長男を出産した病院が「母乳育児推奨」という病院で、

 

入院している最中から母乳に関してはかなり厳しく言われていました。

 

おっぱいマッサージもしてくれるところで、かなりケアもしていただいたのですが・・・

 

なんせ出なかった。私の母乳はほとんど出ないで、ずっと混合なんです。

 

悪い言い方をすると、その病院で洗脳されてしまっていた私は(笑)

 

おっぱいじゃないといけない」と思い込んでいたんですね。

 

退院してからもいろいろな人に相談しましたし、おっぱい相談室にも行きました。

 

おっぱいが出なくて「ごめんね・・・」とメソメソ泣いたりして・・・

 

育児が初めてだったから、特に必死でした。

 

でも誰に相談しても「あげ続けていれば出る」それしか言われませんでした。

 

母乳のリズムが安定するのは3ヶ月頃と言われています。

 

それまで頑張れば母乳も出ると言われ続け、

 

とにかく子供が飲みたそうにしている時にあげなさいと言われ、四六時中あげました。

 

朝も昼も夜も、常におっぱい出してましたね(笑)

 

ほんと、あの頃の写真見るとひどいです。

 

いつもおっぱい丸出しで寝てましたし。

 

そのうち、おっぱいが出るようになったのか、

 

息子もしつこく吸ってくれるようになりました。

 

それでも心配で混合にしていたのですが、

 

ミルクを残すので多分おっぱいで足りてるなと安心して・・・

 

検診にいっても、問題ないくらいの成長ぶりでしたし、

 

何とかおっぱいをあげ続けることに成功しました。

 

やっぱり「あげること」が大切なんだと実感しましたし、

 

赤ちゃんも大きくなるとどんどん吸えるようになってくるんですね。

 

結局おっぱい星人になってしまって、どこにいても服をめくってくるし、

 

おっぱい好きすぎて離乳食も食べないしで苦労はしましたが(;´∀`)

 

それでも、おっぱいをあげられたことに満足しました。

 

まだ生まれたばかりのお子さんがいる方は、ぜひ根気強く頑張ってみてください。

 

そのうち母乳も安定してきて、母乳をあげ続けられるかもしれません。

 

諦めちゃうのも一つの手段

次男を産んだ時、「2人目はおっぱいでやすくなる」という話を聞いていたので

 

期待していた私ですが(乳腺の道が出来ている為らしいです)、

 

なんと、病院に入院中におっぱいが足りなくて次男が脱水症状を起こしました!

 

いや、正直まさかの展開(;´∀`)

 

生後3日で脱水症状で熱が出ると言うかわいそうな次男・・・

 

それほど私のおっぱいは出ません(泣)

 

そして、そんな次男の時は3ヶ月でおっぱいをあげるのをやめました。

 

というのも、飲んでくれなくなったんですね。

 

次男は食欲がすごく、とにかくたくさん飲みたい子でした。

 

なので、私の出ないおっぱいなんて飲みたくない!

 

と3ヶ月頃におっぱいを拒否するようになりました。

 

ミルクしか飲んでくれないんです。おっぱい断固拒否!

 

そこまでされるなら私も無理矢理あげないわ!と思い、

 

長男の時には頑張っていた私ですが、次男の時はあっさりとあげるのをやめました。

 

でも、やめて良かったと思う事もありますよ。

 

私の周りからは「あんたのおっぱい栄養なさそうだからミルクのほうが栄養あるわ」と言われ続けていましたし。

 

失礼な!と思ったけど確かにその通りなんですよね・・・。

 

以前ニュースで授乳中に飲酒していたお母さんの赤ちゃんが死亡したというニュースを見ました。

 

死因はアルコール中毒です。

 

母乳って本当にお母さんの食べているものの栄養が反映されて出てくるんだなとその時感じました。

 

自分の栄養バランスにはあんまり自信がなかったし、

 

ミルクの栄養素みたらめちゃくちゃいいじゃないですか!

 

今のミルクって本当に赤ちゃんのことを考えて、いい栄養素で作られているので

 

栄養に関しては心配がいらなくなりました。

 

また、子供を預けて遊びにいける喜び!お酒を飲める喜び!(笑)

 

おっぱいじゃないとダメ~っていう子は絶対お母さんとセットですもんね・・・

 

でも私、ミルクだったからけっこう子供預けられたし。身軽になりました(笑)

 

ということで、「絶対おっぱいじゃないといけない」というわけではないんです。

 

確かに授乳タイムって赤ちゃんとの二人だけの時間で、おっぱい吸ってる姿も可愛いし、

 

愛おしさが湧いてくるものですが、でも「子供を愛する」って何も授乳タイムだけじゃないと思います。

 

いくらでも他で愛してあげることは可能です。

 

「おっぱいが出なくて私は悪い母親だ・・・」なんて思っている方がいたら、そんな風に考えないでほしいです。

 

前向きに「今のミルクって栄養もたっぷりだし、無問題!」と考えて楽しく育児が出来ればいいのではないかと思います。

 

最後のまとめ

母乳に関しては、おそらく赤ちゃんの好き嫌いもあるような気がします。

 

単純にミルクの味のほうが好きな赤ちゃんもいますし、

 

哺乳瓶の乳首の感触のほうが好きな赤ちゃんもいます。

 

慣れることもあるので、おっぱいに慣れてくれればいいですが、

 

全然おっぱいに慣れてくれない場合ももちろんあります。

 

吸ってくれないから出なくなっておっぱい終わり!というケースもありますが、

 

やっぱりおっぱい吸うときの姿は可愛いですし、経済的にも、

 

睡眠時間をとるためにもぜひおっぱいあげたいですよね。

 

私は夜泣きの時、大体おっぱいで泣かれていておっぱいを

 

あげながら寝ればよかったので長男の時は楽でしたね。

 

でも次男はミルクなので、眠いのに起きてミルクを

 

飲ませなくちゃいけないというのが結構きつかったです(笑)

 

おっぱいにはおっぱいの良さが、ミルクにはミルクの良さがあるので、

 

私は一つにこだわりすぎなくてもいいかなと思っています。

 

母乳が出なくて悩んでいるお母さんは、あまり悩まず、

 

気楽に母乳なりミルクなりをあげてください。

 

子供と母乳の相性もあるので、無理しなくて大丈夫です。

 

ストレスを溜めず、楽しく育児が出来るように、心を軽くして赤ちゃんの授乳タイムに挑みましょう!

Share Button
スポンサーリンク

関連記事

ピックアップ記事

小1足し算・さくらんぼ計算のやり方!子供とカードゲームで!【テンプレート配布】

小学校1年生のたし算・・・ これからもっと勉強が難しくなってくると思うと、 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る