野菜嫌いの子供に野菜を食べさせる方法!我が家の野菜嫌い克服の努力

i035

うちの子供たちは野菜嫌いです。全くと言っていいほど食べません。

子供が野菜嫌いだと本当に困りますよね。私もたくさん悩んで、料理本をいくつも購入しました(;´∀`)

子供が小さい頃から様々な工夫をしてきましたので、その方法をご紹介します。

スポンサーリンク
 

極度の野菜嫌いな子供たち

うちの子たちは本当に野菜が嫌いです。

これを言うと、「無理矢理食べさせなよ!」とか「料理の仕方が悪いんじゃないの?」と言われ続けてきました。

私は私なりに努力してきたつもりなのに、それでもこう言われるのです。

だって何しても食べないんだもん!

とそのたびに言ってきましたけどね・・・。本当に努力だけはしてきたんですよ。

長男はもう、嫌いなものは吐きます。汚い話ですが、いつも「オエッ」ってなる。子供が野菜嫌いなのは親が悪いって言われたことも何度もあるけど、一生懸命作っても吐かれるこっちの身にもなってほしい!

長男は繊細な子なので(すごく良い言い方するとね笑)気持ちで「いやだ!」と思ったものは受け付けません。これは本当にまいった。

幼稚園では年少さんの時は「幼稚園で吐くので嫌いなものはお弁当に入れないでください」と先生に言われたくらいですからね。幼稚園でみんなと一緒なら食べるかなーと思ったら無理でした。

小学校に入ってもひどいです。むしろいろいろ理解できる分、大きくなってきた方がひどいかも・・・。何度もそれで叱ったけど、叱ってももうそういう子なんだってわかったから諦めました。

次男はお菓子LOVE。これまた野菜嫌い。ただ、野菜嫌いだけどお兄ちゃんのように吐きはしないので、無理矢理口につっこんだりします。が、なかなか難しいです(;´∀`)

こんな困った2人なので、いろいろ試してきましたよ。

 

野菜を隠す!

基本中の基本の話ですね。野菜を混ぜやすい食べ物をまとめました。

ハンバーグ、グラタン、スープ、お好み焼き、カレー、シチュー、チャーハン

IMG_0411.JPG_effectedよく混ぜるのに最適なのは「ハンバーグ」と言われていますが・・・本当にハンバーグは最高です。

ミキサーで野菜をドロドロにして入れて、チーズをのせてしまえば全くわかりません。この写真も実際私が作ったハンバーグです。野菜が入っているなんてわからないでしょ?

ただ、調子に乗って野菜を入れ過ぎると色が強くなって気づかれます(笑)

ほうれん草をドロドロにして混ぜた時は、ハンバーグが緑色になってたので感づかれました・・・まぁ食べさせましたけど。

ハンバーグは子供の好きなメニューなので、混ぜやすいかなと思います。

あとは、小さくしてしまえば割と野菜が隠れるメニューが多いのですが、うちの子カレーが大嫌いなので、なかなかカレー味で作るのも難しいです。

長男はケチャップも嫌いですし、オムライスもNG。「何食べてんの?」って言われますが、本当に何食べてるんだろ(笑)

どうしても野菜の形がダメな子は「ミキサーでドロドロにして混ぜる」を基本とすればけっこう食べてくれます!

手間はかかりますが(;´∀`)試してみてください。

 

味を変えてみる!

同じ野菜でも調理方法によって食べてくれるものと食べてくれないものがあります。

例えばじゃがいも。じゃがいもにチーズをかけて食べるオリジナル料理があるのですが、うちの子はそれなら食べてくれます。

じゃがいも×チーズの組み合わせが好きなようです。

なのに、ジャーマンポテトやこふきいものように、ジャガイモそのものの味がすると食べてくれません。

ほうれん草もおひたしでは絶対食べませんが、ベーコンとバター炒めにすると食べてくれます。

このように、調理法によっても全然違ってくるんですよね。

本当は何でも食べてくれるとありがたいのですが、好き嫌いってそういうもの(笑)

私もエビフライが嫌いだけどエビの天ぷらは好きという変な好き嫌いがあります。

素材そのものの味をわからなくさせるためにも、調理方法や味を変えて試してみるのも一つの手段です!

 

可愛くしてみる!

いわゆる「キャラ弁」というものです。

デコってみたら喜んで食べるかも!

と、いうことでいろいろ今まで私が作ってきたものです・・・

obentou

クックパッドやキャラ弁の本を読みながら必死に作ったものです。

キャラクターならお弁当に入れた野菜も食べてくれるかなぁとか、カレーを食べてくれるならどんな風にしたらいいかなぁとか、ちらし寿司を作りたいけどさくらでんぶが嫌いだから美味しく食べれるように可愛くしようとか・・・

こうして私もいろいろ試してきたんですよ!!!!(←必死にアピール笑)

結果、長男は気持ちがダメな子なので何をしてもダメでしたが、次男には効果あり!けっこう食べてくれるようになりました!

ただの「食わず嫌い」の子には効果があるんじゃないかと思います。キャラ弁は効果ありですね。食べ物って見た目から入るのってかなり大事ですよね。

可愛く作れば子供は喜んで食べてくれる!野菜は隠して食べさせてしまいましょう♪

 

他のモノで代用する!

野菜が食べれないから栄養のバランスが・・・と悲観することはありません。

食べられなきゃそれを補うために他のモノでとればいい、それだけのことです。

IMG_6470.jpg_effected例えば、うちの次男は野菜は嫌いですが、青汁が大好きなので、毎日青汁を飲ませています。牛乳で飲むとすごく美味しいんですよね青汁。今の青汁って美味しく出来ててすごいですよ。

また、昔あなたも食べていたんではないでしょうか?肝油も食べさせていました。薬屋さんに頼んで買っていて、最近薬屋さんが来ないので在庫がなくて写真が撮れなかったのですが・・・肝油は喜んで食べてくれますね。

また、何も全ての栄養素を野菜から必ずとらなければいけないわけではありません。

例えば、にんじんに多く含まれている「カロテン(カロチン)」は、味付け海苔にも多く含まれているので代用出来ますし、野菜でとれるビタミン類などはフルーツでも補えますよね?

また、今は美味しいサプリがたくさん出ています。UHAグミサプリ マルチビタミン オレンジ味は大人でも美味しく食べれるサプリです。お子さんも美味しく食べられると思いますよ。

・青汁
・肝油
・サプリ
・他の食品(ビタミンなら野菜など)

我が家では上記を代替として利用しています。

ただし注意しなければいけないのは、ビタミンの中にはとり過ぎてはいけないものもあるということです。

肝油やサプリは一日に食べていい個数が決まっています。ビタミンAを多くとり過ぎてしまうと、中毒症状を起こす可能性があるからです。

ビタミンAは目の病気に効果があるので足りなければ足りないで目の病気を発症することもありますが、とりすぎもいけないんですね。

なので、肝油も食べて、サプリも食べて、青汁も飲んで・・・と一日に全てをとるのは絶対にやめましょう。過剰摂取になります。

我が家でも、何でもかんでもあげるというやり方はとっていません。必ず、食品の栄養成分を確認してあげることをおススメします。

過剰摂取禁止!気をつけましょう!

こどもバナナ青汁
とても美味しくて、好き嫌いが多い長男でも飲めた青汁です。
【関連記事】低価格!こどもバナナ青汁を試してみた!子供が飲み干す美味しい青汁の飲み方の紹介!

 

最後のまとめ

いつも友達に「うちの子サラダ好きなんだよね~」って話を聞くと、いいなぁ・・・と思う私ですが、まぁ食べれないものは仕方がない。

なぜなら私も子供の頃好き嫌いが非常に多かったからです。まぁ気持ちはわからなくもないよね・・・。今でも好き嫌いあるし(;´∀`)

親が好き嫌いが多いと、子供も好き嫌いがあるというデータがあるみたいです。私のせいかなぁなんて思ったり・・・反省。

野菜嫌い自体を直すことはとても難しく、どうしても「野菜嫌い」という気持ちで子供は嫌になってしまうんですよね。

無理矢理食べさせると逆効果。ますます野菜が嫌いになります。

私の母は厳しく、野菜を食べるまで食卓から動いてはいけないというルールでした。小さい頃野菜の嫌いだった私は食べるのが嫌でいつも泣いていました。そしてますます野菜嫌いに・・・(笑)

野菜をうまく隠して食べさせる工夫、また食べられたらものすごく褒めてあげる、野菜だけじゃなく他のモノで代用するなど、方法はいくつもあります。

好き嫌いの多い子を持つと本当に苦労すると思いますが、なんとかうまく栄養を摂取させてあげるといいですね。

大人と子供とうちはメニューが違うので正直めんどくさいですが、毎日頑張っています!あなたもぜひぜひ頑張ってくださいね!!

下の本は、私がいつも見ているキャラ弁の本です!稲熊さんのキャラ弁はとても可愛いので、ぜひ参考にしてみてください。

 

Share Button

関連記事

ピックアップ記事

baby-390555_1280

子供がノロ・ロタになっちゃった!二次感染を防ぐ対処法!(基礎知識編)

Grrママです。 さて、ノロやロタの時の対処法について書いていきたいと思います。 我が家の息子たち、とても体が弱く、ノロやロタには毎…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る