子供は薬嫌い!?薬が嫌いな子に薬を飲ませる方法!子どもが薬を飲めますように!

i036

子供が体調を崩し病院へ行くと必ず出る「薬」。これが飲ませるの大変なんですよね~。うちの子も薬嫌いで飲ませるのに大変苦労しました。

野菜嫌いの子のお話のところでも書きましたが、長男は「薬」と聞いただけで「オエッ」と始まります。小さい頃は何度も吐かれてしまいました。

薬を飲ませるのにいろいろ試行錯誤してきたので、私なりの薬の飲ませ方をご紹介します。

スポンサーリンク

薬の飲ませ方

1.シロップの場合

今のシロップはかなり甘くて美味しいらしいですね。でも、味に敏感な赤ちゃんにあげるのは大変至難の業です。「べー」と出される可能性が高いものなので、頑張りましょう!

 

注射器やスポイトで飲ませる

月齢が引くい赤ちゃんの場合、注射器やスポイトであげるのが一番です。


ピジョン スポイトくすりのみ

うちは↑のスポイトであげていました。これあげやすい。

百均やドラッグストアや小児科の近くの薬局にいろいろな種類のものが売っていると思います。妹は小児科の近くの薬局で注射器があったらしくそれであげています。

ただ口に入れただけだと、「べー」と出してしまう場合があるので、何とか口の奥の方(吐かない程度に!)に薬を置いてあげると「ゴクン」と飲みこんでくれる確率が高くなります。

一度に大量にあげるとむせることがあるので注意です。少しずつね!

 

ジュースに混ぜちゃう

ある程度大きい子なら、ジュースに混ぜてしまうのがいいでしょう。

オレンジジュース野菜ジュースココアは味が濃いのでけっこうバレづらいです。カルピスは色がついているシロップと混ぜると色がついたりしてバレてしまうことがあるし、味が変わりやすいみたいなのでおススメはしません。

一番よく飲んでいたのは、ぶどうジュースですかね。でもぶどうジュースは嫌がってこぼすと服がものすごい大変なことになるので、要注意ですけどね!

薬の種類によっては、オレンジジュースと飲んだら味が変わったり、牛乳等の乳製品と飲んではいけないというものもあります。

必ず確認してから飲むことをおススメいたします。薬局で薬をもらうときに薬剤師さんが教えてくれたりするので、わからなければ聞いてみましょう。(「これは牛乳と飲まないでね~」とか、「オレンジジュースと飲むと苦くなるよ~」とか)

 【混ぜて好評だった飲み物】・ココア

・ぶどうジュース

・オレンジジュース

・野菜ジュース

・カルピス

 

赤ちゃんに飲ませる時はミルクや離乳食には混ぜない方がいい?

赤ちゃんにお薬を飲ませる時はミルクに混ぜない方がいいと言いますよね。

味に敏感な赤ちゃんは「お薬だ!」と感じると次からミルクを飲んでくれなくなる可能性があるみたいです。

でも私は病院で「ミルクに混ぜちゃって~」とか「ミルクあげる時の乳首に薬入れて飲ませればいいから~」と言われたことがあります。

うちはスポイトであげていたので、ミルクに混ぜたことはありませんが、友だちはミルクに混ぜていたらそのうちミルクを嫌がるようになったと言っていました。

赤ちゃんでも学習するんですね!赤ちゃんすごい!

そういう理由から、ミルクに混ぜないほうがいいのと、スプーンも同じで離乳食を始めたばかりの赤ちゃんにスプーンで飲ませていたら警戒されて離乳食を食べてくれなくなることがあるので注意しましょう。

 

2.粉薬の場合

粉薬が天敵なんですよね・・・月齢が小さいとシロップで出してくれるのですが、大きくなってくるとほとんど粉薬になっていく・・・

でも大人でも粉薬飲めない人もいるくらい、粉薬ってけっこう大変。

子供の粉薬はとても甘くて美味しいコーティング剤でコーティングされているので、それが溶ける前にあげてしまうのがコツです。粉薬は時間との勝負!

 

少しの水と混ぜて煉って丸めて口に入れる

これは上達するまで苦労するかもしません。私も何度も失敗しました。

というか、うまくいったことありません。

ちょうど家にもういらない粉薬があったので(古いもので捨てる予定のもの)練習してみました。

お薬

ただの粉薬です

TAKE1
IMG_6505IMG_6506
少量の水をスプーンにとって入れたところ、ドロドロになって失敗してしまいました。これじゃあ全然丸められない。
TAKE2
IMG_6507IMG_6511
今度は本当にちょびっと。水がのってるかのってないかわらかないくらい。水滴で言うと、1滴か1.5滴くらいの量。
そしたらなんと!うまく丸めることが出来ました!やった!

検証の結果、水滴1滴or1.5滴くらいがちょうどいいという結果でした。粉薬の量にもよりますが。

うちには古い粉薬がたまたまあったので練習できましたが、一発本番の場合は練習できないですよね!

とりあえず、1滴入れてみて混ぜてみてください。スポイトがあれば超簡単に出来そうですね。スポイト探したけどありませんでした・・・。残念。あとスプーンに写真を必死に撮ってる私が写ってしまっていて残念。

 

飲み物&食べ物にまぜる

これは基本ですね。大体の方は子供が小さいうちは何かに混ぜてあげるんじゃないかな?

私もいろいろ調べて、その上で混ぜてよかったなぁと思う食べ物&飲み物をご紹介します。

バレない度

一言

りんごジュース

りんごジュースは色が薄いのでけっこう見た目でばれやすいです。

オレンジジュース

酸味があるのでバレないことも多いですが、酸味が強いものと混ぜたらダメというお薬があるので注意!

ぶどうジュース

ジュースの中ではNo.1でした。色、味共にわかりにくいです。

ココア

バレにくいですが、乳製品がNGなお薬と、温めて飲むと薬の効き目が変わってくるので注意!

ゼリー

「お薬飲めたね」という商品のようなものもあるので、ツルンとして飲みやすいですが、透明なので見ためでばれることがあります。

アイス

アイスが好きな子供には最適ですが、アイスは溶けるのも早いのであまり量が多くて時間がかかるとお薬の糖衣のコーティングが溶けてまずくなってしまう可能性があります。

ヨーグルト

ヨーグルトに昔よくついてきた砂糖と薬は似ているので、けっこう混ぜるとわからないことも多いです。バナナと一緒に出したり、レインボースプレーと一緒に出すとわかりにくいですが、これも時間がかかるとコーティングが溶けて味が変わる可能性も。

練乳

結構何を混ぜても美味しく薬が飲めます。乳製品NGのお薬は注意しましょう。

チョコシロップ

我が家No1です。少し苦めの抗生物質でも味を誤魔化してくれるので、お薬を飲ませる時はチョコシロップは有効です。

気をつけなければいけないのは、乳製品に混ぜてはいけない薬や、酸味が強いものと混ぜると味が苦くなってしまう薬です。

また上記でも書きましたが薬は時間が経つと糖衣が溶けてきてしまいます。味が変わってしまう前に一瞬で食べれるものがいいでしょう。

うちは飲み物だと飲むのに時間がかかって味が変わってきて飲まなくなって、ゼリーだと薬が丸見えで飲んでくれなくて、アイスは溶けてきてコーティングも溶けてきて・・・

いろいろ試しましたが、チョコシロップが一番飲ませやすい!

ジュースみたいにダラダラこぼす心配もないし、アイスみたいに時間がかかるわけでもない。

チョコシロップは私はおススメできるアイテムです。

うちはよく薬を飲むので練乳とチョコシロップは常備してます。チョコシロップ最強です。

IMG_6503IMG_6478

ちなみに「お薬飲めたね」というゼリーに混ぜる商品もありますが、けっこうあれって量が少ないですし、うまく混ぜないと粉薬の感触が残っているので嫌がられました。我が家ではね。お薬飲めたねが好きな子もいるかもしれませんが、量を考えたら普通のゼリーをグチャグチャにして飲ませてもいいかなという感じです。自分のお子さんの好きなものを見つけて飲ませてあげましょう。

 

カプセルに入れちゃう

我が家の長男は、小学4年生になった今でも粉薬が飲めません。というか、実は私も粉薬飲めるようになったのはここ数年です。この粉薬嫌い親子がどうやって粉薬を飲んでたかというと、カプセルに入れていました。

お薬の飲ませ方

このカプセル、様々なサイズがあり、小さいものだと子供でも飲みやすくなっています。

お薬の飲ませ方

透明なので分かりづらいですが、普通のカプセルですね。

お薬の飲ませ方

これまた分かりづらいですが、カプセルは分かれますのでこの中に粉薬をつめるわけです。

私は粉薬の袋を斜めに切って、必死に入れます。こぼれるのでお皿の上などでやります。絶対こぼれるんだこれがまた!

でもけっこう粉薬って大きくなると量があるのですごい大変ですけどね!子供用なら小さ目のカプセルがいいですが、大人用だと大き目のカプセルでもいいかもしれない。

本当は粉薬で出される薬って、意味があって粉薬って場合もあります。整腸剤なんてほとんど粉薬なんですよね。大人も子どもも。

それでもどうしても粉薬を飲めない場合は最終手段としてカプセルを使うのも仕方がないかなと思っています。基本は用量用法を守って正しくお飲みくださいなんですが、事情があって粉薬しか出来なかった時はカプセルに詰めて飲ませるという手段もありますというお話で…。

ちなみに先日、息子が整腸剤を出された時に「粉薬飲めない」と言い始めました。毎食30分前に飲ませないといけなかったので、必死にご飯前にカプセルに詰めていました。その数6個!でも大きすぎるカプセルだと喉に詰まらせたらヤダしな~なんて考えながら毎回6個カプセルに詰めてた私は偉いと思いました。

 

3.錠剤の場合

大きくなってきて錠剤が飲めるようになってきたら錠剤が病院で処方されることもあるでしょう。

市販のお薬は錠剤が多いので(小児用バファリンやケロリン等)もし飲ませる時は喉に詰まらせないように気をつけましょう。

小児用は基本的に喉に詰まらせないように一錠が小さいですが、全て一気に飲むと喉に詰まる可能性もあるので、飲むのがあまりうまくない子は一錠ずつがいいでしょう。

大きくなってくると、普通に水で飲めてしまうと思いますが、無理そうならちょっと割って何かに混ぜてあげましょう。

錠剤を割るアイテムもありますので、そういうのを使って工夫するといいですよ!

 

飲めない子は仕方がない

うちの長男はお薬が本当に飲めなくて苦労しました。いつも吐いてしまって・・・赤ちゃんの時から号泣です。

2歳の時に息子が水疱瘡にかかりました。全身ブツブツだらけで、病院に行くと薬を処方されました。

でも飲めなかったんです。私は必死に飲ませようとしましたがお薬が苦くて嫌だったようです。

早速次の日に先生に相談に行くと「薬は飲めなくても、治りが遅くなるだけだから気にしなくていいよ」と言われました。そこで思ったんです。「あー無理矢理飲ませる必要ないのか」と。

確かに「薬があれば早く治る」ケースが多いですが、ゆっくりでもいいから病気に向き合って行けばいいんだと思いました。それから、無理矢理お薬を飲ませるのはやめました。だって、飲ませたところで吐くし、薬が増々嫌いになるだけだから。

でも、命に関わるような病気もあります。

そんな時はすぐに病院に行ってください。薬が飲めないなら点滴や注射という手段もあります。

鼻水ダラダラで早く治ってほしいのにお薬飲んでくれないから治らない・・・そんなこともありました。でもそれくらいなら時間はかかりますが確かに治ります。

あまりに長引いたりすると重症になってしまうケースもあるので、病院の先生と相談しながらうまく薬を与えていきましょう。

 

最後のまとめ

飲めない子は何をしても薬は飲めません。

が、飲める子は余裕で飲んでしまいます。

うちの次男がお薬大好きな子で・・・(;´∀`)

不思議なものですね、お薬の味をいつも味わっています。「お、この薬はうまいわ!」と味利き(?)することもあります。

なのでお薬を直接口に入れたら勝手に水で飲んでくれるという簡単さ!

もう長男と全然違う!!

長男は小学生になった今でも薬をチョコシロップか練乳に混ぜないと飲めないし、それでも「オエッ」となります。

人それぞれですね・・・

悪化する!と思って無理矢理飲ませても、それが恐怖体験になってもっともっとお薬が嫌いになってしまう子もいるので、上記でも書きましたがお医者さんに相談しながらうまく付き合っていきましょうね。

その子が好きな味もあると思うので、いろいろ試してあげてください!

ちなみに、よくヨーグルトに入っている砂糖です。フロスト砂糖と言って、買えちゃいます。これだとけっこうお薬だとバレないことも多いです。参考までに↓

Share Button

関連記事

ピックアップ記事

吸入補助器

喘息の吸入って直接口で吸わない方がいい!?吸入補助器(スペーサー)は大人にもおススメ!

昔に比べて、最近は喘息の子が多くなっているそうです。というのも、昔よりも各段に空気が悪くなっているため。また、家の中でゲームをする子が増え、…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る